THETAの特徴や将来性、THETAが購入できるおすすめの取引所

THETAの特徴や今後の将来性を解説

THETA(ThetaToken/シータトークン)の概要

通貨名称 THETA(ThetaToken/シータトークン)
最大発行数 10億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.thetatoken.org/
ホワイトペーパー https://s3.us-east-2.amazonaws.com/assets.thetatoken.org/Theta-white-paper-latest.pdf

THETAの特徴や目指しているもの

THETAはイーサリアムのブロックチェーン上で動作する分散型動画配信プラットフォーム「Theta Network」上で使用されるトークンです。eSports系のゲーム配信サービス企業「Sliver.tv」が立ち上げたサービスで、当面のサービスの対象は数百万のeSports視聴者です。

Theta NetworkとTHETAの仕組み

Theta Networkは、特定の企業が用意した中央サーバに変わって、視聴者のコンピュータがデータ処理を負担する動画配信プラットフォームです。多数のコンピュータがネットワークに参加するため、1つのコンピュータに掛かる負荷が小さくて済むのが大きな特徴です。もちろん、データ処理へのも参加は強制ではないため、動画視聴だけもできますが、処理能力を提供すると見返りにトークンが受け取れます。

トークンと広告を組み合わせたエコシステム

THETAはTheta Networkの中で循環します。企業はTHETAを使って広告を動画内に表示します。視聴者はその広告を見るたびにマイニングを行い、トークンを受け取ります。そして、そのトークンを使って動画を視聴します。その他、動画配信者に寄付したり、サービス関連グッズの購入代金に当てたりすることもできます。

また、THETAトークンは現時点ではイーサリアムベースとなっていますが、2018年第四四半期には新しいネイティブトークンと1対1で交換される予定です。

THETAの将来性

現時点ではなかなか将来有望であると言えるでしょう。すでに数百万人以上の視聴者を抱えているという点は強力ですし、開発メンバーも優秀な人が揃っています。現状では競合するサービスも少ないのもポイントです。

ただ、eSportsの発展に大きく依存したプロジェクトであるため、eSportsそのものが大きく停滞すれば、それに合わせてTheta Networkも停滞する可能性が高いです。その市場規模は年々大きくなっていく見通しではありますが、不安定な面もあることは忘れてはいけません。

THETAが日本に上場する可能性

現時点では日本の取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の大手取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用すると言いでしょう。

THETAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから