XVGの特徴や将来性、XVGが購入できるおすすめの取引所

XVGの今後の将来性

XVGの概要

通貨名称 XVG
最大発行数 165億枚
公開日 2016年2月
公式サイト https://vergecurrency.com/
ホワイトペーパー https://github.com/vergecurrency/Verge-Blackpaper/blob/master/Verge-Anonymity-Centric-CryptoCurrency.pdf

XVGの特徴や目指しているもの

XVGは高い匿名性と高速な決済スピードが特徴の仮想通貨です。匿名性の高い仮想通貨は他にもいくつかありますが、バージはグローバルIPアドレスを匿名化し、さらに状況に応じて匿名と非匿名を使い分けられるという点で優れています。

まだまだ発展途上ではありますが、熱烈なファンが多く、開発コミュニティも活発であることから、今後の発展も十分に期待できる仮想通貨の一つといえます。

「匿名三兄弟」以上の匿名性が魅力のXVG

匿名性の高い仮想通貨として人気のダッシュ(Dash)とモネロ(MXR)、ジーキャッシュ(ZEC)は、日本の仮想通貨コミュニティでは「匿名三兄弟」と呼ばれることもあります。

匿名三兄弟はビットコインやライトコイン、リップルなどの非匿名通貨と比べて高い匿名性を誇るものの、最大の懸念点は、グローバルIPアドレスが公開されている点で匿名性が完璧とは言えません。

匿名三兄弟を筆頭とする従来の匿名通貨は取引は匿名化されていますが、その取引を行ったユーザーのグローバルIPアドレスは公開されています。そのため、グローバルIPアドレスから個人を特定されてしまう危険性があります。

グローバルIPアドレスから個人を特定できる?

グローバルIPアドレスとは、簡単に言えば、インターネットに直接接続されているコンピュータに割り当てられている識別番号のことです。インターネットの世界における住所のようなものであり、すべてのコンピュータには異なる番号が割り当てられています。

XVGはTorやi2Pと呼ばれる技術を用いることによって、グローバルIPアドレスの匿名化に成功しています。そういった意味では、匿名三兄弟以上に強力な匿名性を備えているといえます。

取引の公開・非公開を切り替えられる「レイス・プロトコル」

匿名三兄弟では、すべての取引が匿名化されます。それに対して、バージでは個々の取引を匿名化するかしないかはユーザーが決められます。この仕組を「レイス・プロトコル」といいます。どちらを選んだ場合でも、グローバルIPアドレスは匿名化されます。

一見あまり意味のない取引に思えるかもしれませんが、絶対に匿名性を確保したい場合は取引を非公開にし、信頼できる相手と取引する場合は公開にするなどの使い分けが可能になります。もちろん、すべての取引を匿名化してしまっても全く問題ありません。

XVGは決済スピードも早い

仮想通貨の勝ちを決める要素の一つに決済スピードがあります。ビットコインは10分、ライトコインは2.5分、モナコインは1.5分。いずれも早いですが、店頭決済で使うのには若干躊躇するスピードではあります。

一方、XVGの決済スピードは数秒と非常に早く、ユーザーを苛立たせません。匿名性と決済スピード、両方を兼ね備えた仮想通貨は少なく、この点が大きな差別化点となっています。

筆者が考えるXVGの今後の将来性

匿名通貨の中でも特に匿名性が高いXVGですが、匿名通貨の中では後発であることや、匿名通貨そのものへの規制の可能性から、その将来性については不透明な部分が大きいといえます。この2つの問題をどのように解決するかが、バージのもっぱらの課題と言えそうです。

XVGが日本に上場する可能性

今のところ、XVGが日本に上陸する可能性はありません。XVGに可能性を感じていて、安いうちに仕込んでおきたいのならば、海外の取引所を利用したほうが良さげです。

XVGが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから