ATLの今後の将来性とATLが購入できるおすすめの取引所

ATLの今後の将来性とATLが購入できるおすすめの取引所

ATLの概要

通貨名称 ATL
最大発行数 5420万枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://atlant.io/
ホワイトペーパー

ATLの特徴や目指しているもの

ATLは、ブロックチェーンを活用した、不動産売買のためのプラットフォーム「ATLANT」で使用されるトークンです。ATLANT上では不動産の所有権をトークン化し、流動性の高い形でそれを売買、貸借できます。売り手/貸し手・買い手/借り手はこれまで不動産会社に対して支払っていた安くない金額の仲介手数料を大いに節約すると同時に、より効率的な取引ができるようになります。

何かと非効率な面も多い不動産取引

現状、不動産は世界で最大の資産クラスであると同時に、最も非効率的な資産クラスでもあります。不動産は株式や債券などと比べると、売買には多くの手間と安くない仲介手数料がかかります。

例えば日本の場合、不動産の売買時には原則として売買価格×3%+6万円(税別)の手数料がかかります。例えば不動産価格が1000万円だった場合、1000万円×3%+6万円=36万円もの手数料を支払わなければならないのです。

ATLANTはこうした不動産業界全体の非効率を大きく改善する可能性を秘めています。

ATLANTの仕組み

ATLANTは、不動産取引をより便利で快適なものにするプラットフォームです。不動産所有権を個々の小さなトークンに細分化して、その移転や貸借をより容易なものにします。プラットフォームはブロックチェーンによって常に正確に保たれているので、この情報を改ざんするのは事実上不可能であると言えます。

トークン化された所有権は自由に、高い流動性を持ったまま取引されます。不動産投資家はトークンをアセットクラスに組み込むことによって、より安全で収益性の高いポートフォリオを構築できます。また、直接取引であるため、手数料も今までよりもずっと安くなります。

筆者が考えるATLの今後の将来性

現時点では、よくわかりません。より詳細な情報が出るまで待機することをおすすめします。

ATLが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

ATLが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから