AVTの特徴や将来性、AVTが購入できるおすすめの取引所

AVT

AVTの概要

通貨名称 AVT
最大発行数 1000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://aventus.io/
ホワイトペーパー

AVTの特徴や目指しているもの

AVTは、チケット販売プラットフォーム「AVentus」上で使用される仮想通貨です。Aventusはチケットの追跡を可能にするもので、現在問題となっているチケットの不当な価格での販売を抑制します。

チケット転売の問題点

チケット転売の問題点は、転売を前提とした購入や売却が繰り返されることで、本来のチケット価格よりも価格が高くなってしまうことです。

チケットの転売業者は利益を得るために、正規の金額よりも高い金額で売却しようとします。一部のファンは高いお金を出してもイベントに参加したいと考えるため、転売業者から購入します。一方で、一般のファンは転売に出ているチケットの購入を見送るだけではなく、イベントへの不信感を募らせることで、将来的な市場の拡大を阻みます。

もしチケットを完璧に追跡することができれば、悪質な転売は効果的に抑制できます。それを実現するのが、Avventusなのです。

Aventusの仕組み

Aventusはブロックチェーンの技術を用いて、チケットの販売および追跡をするプラットフォームです。ブロックチェーン上には、チケットの行方を逐一記録します。このシステムにより、一度購入されたチケットが転売されているかどうかを、主催者は即時に確かめることができます。チケットの取引には仮想通貨であるAVTを使います。

本人確認の手間を省ける

ブロックチェーン上にはチケットの購入者の個人情報が記録されているので、ブロックチェーン上の個人情報と本人が提示した個人情報を照合して、両者が一致した場合のみ入場が許されます。そのため、イベントに参加したい人は転売業者からの購入を控えて、その結果転売業者が淘汰が期待される仕組みになっています。

イベントの正当性の調査

Aventusを通じてチケットが販売されるイベントの内容は、独自のアルゴリズムを用いて、そのイベントが確かに開かれるものなのか、安全性は確保されているかなどが自動で判断されます。これにより、チケット代だけを集める詐欺的な主催者を淘汰する効果が期待できます。

イベント主催者がAventusを導入するメリット

イベント主催者はAventusを導入することによって、宣伝効果の獲得やイベント市場の拡大、転売対策のコストカットといった効果が期待できます。

筆者が考えるAVTの今後の将来性

現時点では、ある程度の将来性を感じています。チケットの転売は日本のみならず海外でも少なからず問題になっていますし、これを抑制するシステムには一定の需要があるでしょう。

AVTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

AVTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから