MOJOの特徴や将来性、MOJOが購入できるおすすめの取引所

MOJOの特徴・開発状況・将来性を調査

MOJO(Mojocoin/モジョコイン)の概要

通貨名称 MOJO(Mojocoin/モジョコイン)
最大発行数 1億枚
公開日 2016年2月
公式サイト https://mojocoin.org/
ホワイトペーパー

MOJOの特徴や目指しているもの

MOJOは、プライバシーと次世代のモバイルアプリケーション開発に重点を置いた仮想通貨です。安定したブロックチェーンを提供し、他の仮想通貨へさらなる投資を招くための取り組みを実施しています。

MOJOの仕組み

MOJOは、利益の一部を高い可能性を秘めた他の投資に割り当てています。これを繰りかえすことで、MOJOそのものと投資先の仮想通貨、両方の価値を高めることができます。MOJOは自身の値上がりだけでなく、仮想通貨市場全体の隆盛を目的としているのです。

PoSの仕組み

MOJOはコンセンサスアルゴリズムにProof of Stake(PoS)を採用しています。たくさん仮想通貨を保有していれば、それだけマイニングに成功する確率が高まります。

MOJOの将来性

現時点では、ほとんど期待できません。時価総額が低すぎる上、開発状況も不透明だからです。

公式サイトは一応存在しますが、詳細を確認することができません。SNSもTwitterアカウントはわずか数十ツイート、フォロワー数も300人弱と、ほとんど認知すらされていない状況。これらを勘案すると、投資は相当ハイリスクであると言わざるを得ないでしょう。

MOJOが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になるという方はそちらを利用しましょう。

MOJOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから