MOJOの特徴や開発状況、今後の将来性を徹底調査!

MOJOの特徴・開発状況・将来性を調査

MOJOの概要

通貨名称 MOJO(Mojocoin)
最大発行数 1億枚
公開日 2016年2月
公式サイト https://mojocoin.org/
ホワイトペーパー

MOJOの特徴や目指しているもの

MOJO(Mojocoin/モジョコイン)は、プライバシーと次世代のモバイルアプリケーション開発に重点を置いたPoS系仮想通貨です。安定したブロックチェーンを提供し、他の仮想通貨へさらなる投資を招くための取り組みを実施しています。マスターノードがシステムを支えます。

マスターノード機能

マスターノードとは、仮想通貨の取引をサポートするためのコンピュータのことです。MOJOだけでなく、多くの先進的な仮想通貨で採用されている仕組みです。マスターノードになると、従来のノードよりもより多くの利益を得られます。マスターノードになるためには、一定量以上の仮想通貨の保有が必要になりますが、具体的にいくら以上持っていればなれるのかについてはよくわかりませんでした。

PoSの仕組み

MOJOはPoS系仮想通貨です。PoSとはProof of Stakeの略で、簡単に言えば仮想通貨の保有量に応じてマイニングの権利(あるいはそれによって得られる報酬)が割り振られる仕組みです。たくさん仮想通貨を保有していれば、それだけマイニングに成功する確率が高まります。

PoSは計算を最も早く解き終えたノードが利益を独占するPoW(Proof of Work)と比べてマイニングが分散されやすく、特定のものに利益が集中しづらいというメリットがあります。高度な計算を繰り返すわけではないので、電力消費量も少なくて済みます。

反面、PoSは仮想通貨をたくさん保有するほど有利な仕組みであるため、多くの人が仮想通貨を貯め込む(その結果流動性が下がる)という欠点もあります。PoWとはどちらも一長一短な仕組みであり、PoSだからと言って手放しで褒められるわけではないことについては注意が必要です。

他の仮想通貨への投資

MOJOは、利益の一部を高い可能性を秘めた他の投資に割り振っています。これを繰り返すことによって、MOJOと投資先の仮想通貨、両方の価値を高めることが出来ます。MOJOは自身の値上がりだけでなく、仮想通貨市場全体の隆盛を目的としているのです。

筆者が考えるMOJOの今後の将来性

現時点では、ほとんど期待できません。時価総額が低すぎる上、開発状況も不透明だからです。

2018年11月16日時点での時価総額は約520万円で、草コインを含めてもかなり低位に位置しています。全体的にかなり右肩下がりな傾向がある上、取引量も非常に少ないです。

公式サイトは一応存在しますが中身がスカスカで、「About」や「Privacy」をクリックしても何故かトップページに飛ばされてしまい、その中身を見ることができません。

そのトップページには「MOJOcoin is changing and evolving(MOJOは常に変化し、進化しています)」という記載がありますが、このような中身のないページでそれを言われても説得力はありません。Twitterアカウントはわずか数十ツイート、フォロワー数も300人弱と、ほとんど認知すらされていないようです。これらを勘案すると、投資は相当ハイリスクであると言わざるを得ないでしょう。

MOJOが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用しましょう。

MOJOが購入できる海外の取引所一覧

  • Yobit
  • Cryptopia
  • Livecoin
0 0

この記事の共有はここから