STORMの特徴や将来性、STORMが購入できるおすすめの取引所

STORMの今後の将来性

STORM(ストーム)の概要

通貨名称 STORM(ストーム)
最大発行数 100億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://stormtoken.com/
ホワイトペーパー https://s3.amazonaws.com/cakecodes/pdf/storm_web/STORM_Token_White_Paper_Market_Research_Network_Development_vFINAL_.pdf

STORMの特徴や目指しているもの

STORMは小さなタスクを依頼したり、引き受けたりする分散型マイクロタスクのプラットフォームであり、プラットフォーム上で流通するERC20に準拠したトークンでもあります。

STORMの仕組み

STORMは、従来のクラウドソーシングと大まかな部分での違いはありません。魅力として従来のクラウドソーシングでは10%〜30%の手数料を取られるのが相場ですが、STORMでは第三者の仲介を挟まないので、手数料は極めて安価に設定されています。これは大きな強みです。

レベル制度によりモチベーションを維持

また、STORMでは、レベル制度を設けています。ビギナーレベルからマスターレベルまでレベルを設けることでプライヤーのモチベーションを維持するような工夫がなされています。レベル制度を設けることで、経験値をレベルアップをしていくロールプレイングゲームのような楽しみを感じることができます。

STORMの将来性

STORMの将来性についてですが、正直よく分かりません。マイクロタスクのプラットフォームという方向性自体はとてもいいと思います。今後はますますテレワークが増えるでしょうからニーズはあります。

第三者の仲介が不要、というブロックチェーンの特色を生かし、手数料が無くなるか、安くなるという点もとても魅力的です。決済が早いのもニーズが高いでしょう。既存のクラウドソーシングサービスとの差別化をどのように計るかが、今後の課題と言えそうです。

STORMが日本に上場する可能性

STORMは仮想通貨全体で60位あたりにつけており、まずまずの順位です。しかし、他にも人気のあるトークンはたくさんありますので、日本の取引所に上場するのはまだ先のことでしょう。当分は海外の取引所で購入しましょう。

STORMが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから