AHTの特徴や将来性、AHTが購入できるおすすめの取引所

AHT

AHTの概要

通貨名称 AHT
最大発行数 1億枚
公開日 2018年12月
公式サイト https://bowheadhealth.com/
ホワイトペーパー

AHTの特徴や目指しているもの

AHTは、ブロックチェーン技術を利用した医療向けプロジェクト「Bowhead」上で使用される仮想通貨です。開発チームは便利な個人向け医療へのアクセス環境が十分整っていないことが個人の健康維持・増進を阻んでいると考えていおり、この環境を改善するための取り組みを進めています。

世界の医療費の現状

国際統計・国別統計の専門サイト「Global Note」によれば、2018年時点で医療費の支出が最も大きいのはアメリカで、その金額は約3兆4700億ドル(約371兆円)です。2位の中国の9650億ドル(105兆円)の3倍以上であり、圧倒的トップとなっています。医療の高度化に伴い、どの国でも医療費は増大傾向にあります。

医療費の増大に伴い、医療水準も概ね上昇傾向にありますが、一方で現在の医療は大きな問題をいくつも抱えており、これらについては改善していく必要があります。例えば多くの発展途上国では最も基本的なヘルスケアサービスや技術などが十分に浸透しておらず、より費用対効果の高いジェネリック医薬品が必要な人に届いていないという現状があります。

また、最近は個々人の体質や遺伝に合わせた医療を行う「オーダーメイド医療」という概念が浸透しつつありますが、実際にオーダーメイド医療が受けられる環境はまだ整っていません。こうした問題を解決するのがBowheadの役割です。

Bowheadの仕組み

Bowheadは多くの社会的な問題を抱えている医療業界を改善するためのブロックチェーンプロジェクトです。Bowhead上には様々な医療データが記録されますが、その情報は全て暗号化されます。

暗号化されたデータで医療技術の向上に貢献

これにより、利用者は個人情報を公開することなく、研究機関に様々なデータを提供することができます。研究機関は寄せられたデータを元に、新しい薬や医療技術の開発を行います。利用者は自身の安全を保ったまま、医療技術の向上に貢献することができるのです。

認定医師による情報提供

Bowhead上では「認定医師」と呼ばれる医師が活動しています。これは文字通りBowheadにその能力を認められた医師のことです。利用者は必要に応じて認定医師からの提案を受けることができます。提案が魅力的なものでなければ、却下することも可能です。

筆者が考えるAHTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。医療とブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトは他にも数多く存在しており、競争が激しい世界です。Bowheadに魅力がないというわけでは言いませんが、他のプロジェクトを押しのけて成長する可能性があるかというと疑問符が付きます。

AHTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

AHTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから