1337の特徴や将来性、1337が購入できるおすすめの取引所

仮想通貨1337とは?特徴・使い道・将来性を解説

1337(Elite/エリート)の概要

通貨名称 1337(Elite/エリート)
最大発行数
公開日 2017年6月
公式サイト https://www.elitecurrency.info/
ホワイトペーパー

1337の特徴や目指しているもの

1337は、ゲームに特化した仮想通貨です。1337はゲーム内通貨としての仮想通貨の強みを十分に活かした設計になっていて、世界的に有名なゲームであるMinecraft(マインクラフト)やCounter-Strile1.6などで使用できます。

1337の仕組み

1337は、様々なゲームで使われることを想定して作られた仮想通貨です。ゲーム内通貨ではなく仮想通貨であるため、複数のゲームで共有したり、法定通貨に戻したりすることができます。

現在、すでに世界的に有名なゲームであるMinecraftやCounter-Strike 1.6で1337が利用できるようになっています。

コンセンサスアルゴリズムにPoSを採用

1337はコンセンサスアルゴリズムとして、コインの保有量に応じて、自動的にマイニング作業を割り振るProof of Stake(PoS)を採用しています。

Folding@Home(F@H)をサポート

1337はゲームだけではなく、分散コンピューティングプロジェクト「Folding@Home(F@H)」にも参加しています。分散コンピューティングとは、プログラムを複数のコンピュータで分割して実行する仕組みであり、1台のコンピュータでまとめて計算するよりも高い処理能力を得やすいというメリットがあります。

Folding@Homeは、アメリカのスタンフォード大学で実施されている、タンパク質の折りたたみ構造を解析するプロジェクトです。この構造を理解することによって、現在人間にとって大きなリスクとなっている多数の病気、例えば、がんやアルツハイマーなどのより有効な治療法の確立が期待されています。

1337のユーザーは、自らのコンピュータを使ってこのプロジェクトに参加できます。計算結果をスタンフォード大学に送ると、その見返りとして1337を受け取れます。報酬は原則として毎週金曜日に支払われます。

1337の将来性

現時点では、多少は将来性があると考えています。ゲーム向けの仮想通貨は実は多数ありますが、1337はその中では割と方針が明確であり、なおかつ開発状況などの公開性も高いです。Twitchを重視しているのは1337独自の方針であり、ここに関しては競合することもないでしょう。

ただし、何しろゲーム向けの仮想通貨はかなり数が多いので、今後競争によると歌が進む可能性は高いです。そうなった場合に1337が生き残るのか、それとも消えていくかは現時点ではわかりません。

1337が日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

1337が購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから