HMQの特徴や将来性、HMQが購入できるおすすめの取引所

HMQ

HMQの概要

通貨名称 HMQ
最大発行数 1億8400万枚
公開日 2017年5月
公式サイト https://humaniq.com/
ホワイトペーパー

HMQの特徴や目指しているもの

HMQは、世界に約17億人存在する銀行口座を持たない人(アンバンクト)をメインターゲットにした、新しい金融サービス「Humaniq」上で使用されるトークンです。アンバンクトの大多数が保有しているスマートフォンなどの携帯端末で利用できるサービスであり、ユーザーはアプリを導入することにより、自由にお金を送金できるようになります。

まだまだ多いアンバンクト層の実態

日本人を含めた先進国では銀行口座の保有率が非常に高く、多くの人が自分のお金を銀行口座に預けており、必要に応じていつでもATMで引き出せる環境を享受しています。

しかし、世界銀行によれば、世界全体にはそうした銀行のサービスの恩恵に与れない成人(世銀のデータでは15歳以上)が17億人も存在しています。年々減少傾向にあるものの、依然として世界の少なくない人が銀行口座を持てずにいるわけです。一方で、このうちの3分の2は金融サービスへのアクセスに使えるスマートフォン含む携帯電話を保有しており、Humaniqはこうしたアンバンクト層に対して、新しい銀行のあり方を提案します。

Humaniqはスマートフォンで利用できるシンプルなモバイルバンク

Humaniqは、シンプルで安全に利用できる第4世代モバイルバンクとして、従来の銀行にありがちな多すぎる書類作成や使いづらいアプリ、複雑なデータ保護などをすべて廃した、新しい銀行アプリです。安全で強力な財務ツールを提供しており、1日2ドル以下で生活する新興国に住む人の生活を向上させます。

生体認証で口座を作成

Humaniqは、銀行口座を保有していない人でも、生体認証で口座を作成できます。生体認証とは血管の形状や顔の造形、などの、個人ごとに差がある生体を用いて認証を行う技術です。ユーザーは使いやすいアプリを通じて銀行口座を作成し、必要に応じてお金を送金します。これは新たな雇用、借用などにもつながります。

Humaniqでは、生体認証のうち、比較的利用しやすい「顔認証」を採用しています。

アンバンクト層の救済が先進国に与えるメリット

アンバンクト層が銀行口座を持てるようになれば、そこで新たなビジネスが生まれます。新たなビジネスは雇用を生み、雇用の増加は生活水準を引き上げます。アンバンクト層の生活水準が向上すれば、世界経済の更なる拡大が期待できます。

珍しいコンセンサスアルゴリズム「Proof of Face」を採用

HMQは合意形成の方法(コンセンサスアルゴリズム)に、すべてのユーザーが1回だけトークンを作成するProof of Face(PoF)を採用しています。トークンを作成するにあたっては、前述の顔認証を利用する必要があります。認証が終了次第、HMQトークンが作成されます。

顔認証をしたユーザーが他のユーザーを招待し、そのユーザーが登録すると、紹介したユーザーはトークンを受け取れます。トークンの発行はスマートコントラクトによって自動的に行われます。

筆者が考えるHMQの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。アンバンクト層は数が多く、新たな市場として注目を集めています。彼らが豊かになることによって得をするのは、彼ら自身だけではありません。

一方で、アンバンクト層を対象とした銀行サービスは競合するプロジェクトも多く、一筋縄で行く存在ではありません。HMQだけに集中投資するのはリスクが高いので、避けたほうが無難でしょう。

HMQが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

HMQが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから