WKCの特徴や将来性、WKCが購入できるおすすめの取引所

WKC

WKCの概要

通貨名称 WKC
最大発行数 2100万枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://www.wankcoin.com/
ホワイトペーパー

WKCの特徴や目指しているもの

WKCは、イーサリアム(ETH)をベースにアダルト商品やサービスを購入するときに利用することを想定して作られた仮想通貨です。ユーザーは個人情報を入力することなく、安心してほしいものを得られます。

巨大な有料アダルトコンテンツ市場

矢野経済研究所が2016年に行った調査によれば、国内アダルトデジタルコンテンツの市場規模は約700億円にも達する見通しです。これは有料音楽配信やSEOなどの市場規模よりも大きく、決して小さくはない産業であることがわかります。

意外と市場規模の大きいアダルトデジタルコンテンツですが、一方で新規資本の流入に否定的であることやプライバシー保護の信頼性への疑問といった問題点がないわけではありません。

WKCは、こうしたアダルトサイトの問題点を解決する可能性を秘めた、新しい仮想通貨です。

WKCはなぜ安全なのか?

WKCはアダルトサイトでの決済を想定して作られた仮想通貨です。クレジットカードや銀行振込などの従来の支払い方法よりもセキュアでプライバシーに配慮した支払いを実現しています。

WKCのやり取りはすべて匿名なので、ユーザーが知らない間に個人情報を提供されたり、クレジットカードの明細書や銀行の通帳にアダルトサイトの名前が掲載されたりすることは、もう無くなるのです。

WKCはすでに100以上のアダルトサイトで利用できるようになっていて、日本語対応のサイトでも利用できるところが登場しています。

アダルトサイト側にもメリットがある

従来、多くのアダルトサイトは第一の支払手段としてクレジットカードを選択していました。保有者が多く、より多くの顧客にアプローチできるからです。しかし、クレジットカードを導入するためには、クレジットカード会社に対して手数料を支払う必要があります。手数料は業種によって異なり、リスクが高い業種ほど高くなる傾向があります。

例えば比較的リスクが低いとされているコンビニは1%ですが、それよりもややリスクが高いとされているスーパーは2%、飲食店は5%程度が一般的です。アダルトサイトはさらにリスクが高い業種とみなされており、手数料は6%程度が相場です。この高い手数料は、アダルトサイト運営の利益を確実に圧迫しています。かといってアップルペイやギフトカードなどの支払いは非効率的であり、多くのアダルトサイトは仕方なくクレジットカードでの支払いをメインとして据えてきました。

一方、WKCの手数料はスマートコントラクトを導入したことで、クレジットカードと比べると非常に割安になっています。WKCの導入は、ユーザーとアダルトサイトの運営、双方に大きなメリットをもたらすと言えます。

筆者が考えるWKCの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性を感じています。アダルトサイトには確かな需要がありますし、ユーザーとサイト側の両方にメリットをもたらすという点も優れています。

WKCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

WKCが購入できる海外の取引所一覧

  • Reddit
0 0

この記事の共有はここから