WCTの今後の将来性とWCTが購入できるおすすめの取引所

WCT

WCTの概要

通貨名称 WCT
最大発行数 1000万枚
公開日 2017年2月
公式サイト https://wavesplatform.com/
ホワイトペーパー

WCTの特徴や目指しているもの

WCTは、デジタル資産の保管や取引、あるいは管理のためのプラットフォーム「Waves」上で使用されるトークンです。投資家は仮想通貨という急成長分野で複数のウォレットを作成できて、検証された仮想通貨及びWAVESプラットフォームトークンに自由に投資できます。

Wavesの仕組み

Wavesはデジタル資産を適切に保管、取引、管理するためのプラットフォームです。デジタル資産とは文字通りデジタルな資産の総称です。例えば仮想通貨はデジタル資産の一種ですし、インターネットバンキングができるならば銀行預金もデジタル資産の一種と言えます。文章や動画、画像なども、財産的な価値があればデジタル資産とみなすことができるでしょう。

このように幅広いデータが対象となるデジタル資産はやり取りが簡単というメリットがありますが、安全に取引をするためのプラットフォームが整っていないというデメリットがあります。

Waves上では誰もが簡単に、かつ安全に自らの持つデジタル資産を取引できます。

ラットフォームをより簡単かつ迅速にする「Waves NG」

Waves NGは、メインネット上に配備されている、プラットフォームをより簡単かつ迅速にするための機能です。投票期間中にブロックの80%に必要な閾値に達したあとで、NGが開始されます。その後、待機期間が終了すると、NGがライブであることが知らされます。これは全米屈指の大学として知られるCornell Computer Science(コーネル大学コンピュータサイエンス)の学者であるEminGünSirerとIttay EyalによるBitcoin-NG提案に基づいた、新しいコンセンサスアルゴリズムです。

このモデルにおいては、次のマイナーが事前に選択され、マイナーは選択されたら、「キーブロック」と呼ばれるものを作成します。キーブロックはトランザクションを含むマイクロブロックですぐに満たされます。この仕組みにより、オープンな構造を維持しつつ、容量を100倍以上に増加させることができます。

開発者向けAPIも充実

オープンソースのクライアントアプリケーションには、同じAPIを使用しています。このAPIは、開発者にとって易しい仕様になっています。開発者はそれを検索し、さまざまな種類のクライアントアプリケーションを実施できます。

グーグルのノードではREST APIが公開されており、ブロックチェーン上に存在するすべてのデータ、及び新しいトランザクションを作成するための操作ができます。

筆者が考えるWCTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。これに回すお金があるのならば、他の銘柄に回すことをおすすめします。

WCTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

WCTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから