ダッシュ(DASH)の特徴や今後の将来性はどうか?調査してみた

DASHの今後の将来性

ダッシュの概要

通貨名称 ダッシュ(DASH)
最大発行数 2200万枚
公開日 2014年1月18日
公式サイト https://www.dash.org/jp/
ホワイトペーパー https://www.dashjapan.com/whitepaper-japanese/

ダッシュの特徴や目指しているもの

DASHは匿名性の高さと送金スピードの速さが魅力の仮想通貨です。かつてはダークコインと呼ばれていましたが、2015年に現在の名称になりました。

ダッシュの匿名性の高さは折り紙つきであり、ほかの仮想通貨よりもさらに安心して使えます。一方でその匿名性の高さゆえにマネーロンダリングや違法薬物の取引に使われるのではないかという懸念もあり、ダッシュの長年の課題となっています。

ダッシュの匿名性を高める「ダークセンド」について

ダッシュの匿名性を高める取引の仕組みを「ダークセンド」といいます。ダークセンドとは簡単に言えば、複数の送金者の支払った仮想通貨を1度プールしてかき混ぜることによって、誰が誰にお金を支払ったのかをわからなくする仕組みです。

ビットコインやライトコインなどの取引は、原則として1対1で、直接取引という形で行われます。取引記録はブロックチェーン上に保存され、全世界中に公開されます。取引は個人情報とは紐付けられていないアドレス(口座番号みたいなものです)を使って行われるため、通常は匿名性が保たれます。しかし、何らかの事情によってアドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合は、すべての取引の記録が他者に筒抜けになってしまうというリスクがあります。

一方、ダッシュでは複数人対複数人で取引を行うダークセンドによって、この問題を解決しています。ダークセンドでは、まず複数の送金者が支払ったダッシュを管理ノードと呼ばれるコンピュータにプールします。次に、ノードに貯められたダッシュをよくかき混ぜて(電子データなので実際にかき混ぜるわけではありませんが)、どのダッシュが誰のものだったかわからなくします。最後に、管理ノードから受取人の元にダッシュを送ります。

ダークセンドの仕組みの元では、誰が誰にお金を支払ったかを確認することはできません。一方で送金者が支払った額と受取人の受け取った額は常に一致するため、支払いの過不足が起こることもありません。

ダッシュの送金スピードを高める「インスタントX」について

DASHの送金スピードを高める仕組みを「インスタントX」といいます。この仕組みによって、ダッシュは約4秒というとてつもない早い送金スピードを達成しています。ビットコインの10分、ライトコインの2.5分はもちろん、高速送金で有名なリップルの約4秒と比べてもまったく遜色ありません。

この仕組みの元では、一定の条件(1000DASH以上保有、24時間稼動可能)を満たしているコンピュータの中から、ランダムで取引の承認(マイニング)を行うマスターノードが選ばれます。マイニングを行ったコンピュータに対しては、報酬として新規発行されたダッシュが支払われます。

ビットコインの場合は競争でマイニングを行うコンピュータを決めていましたが、ダッシュは一定の条件を満たしたものの中からランダムで選びます。そのため、余計な電力消費がなく、常に高スペックなコンピュータがマスターノードに選ばれます。

ダッシュに出資している企業一覧

ダッシュに出資している有名な企業は特にないようです。開発は50人あまりの開発者と、数十人のボランティアで行われており、開発資金はDASH DAOの予算から支払われるため、特定の企業の援助に過度に依存することがありません。

ダッシュの半減期予定

ダッシュは現在も新規発行が行われていますが、半減期はありません。その代わり、毎年約7.1%ずつ新規発行量を減らすことによって、発行しすぎによるインフレを抑制しています。

半減期のある仮想通貨は数年に1回来る半減期とともに一気に新規発行量が減るのに対して、ダッシュは毎年少しずつ新規発行量が減っていくため、半減期の直前にかけて値段が動くことはなく、価格が安定しやすくなっています。

筆者が考えるダッシュの今後の将来性

DASHの機能はすばらしく、この技術には間違いなく将来性があります。匿名性の高さは多くの人にとって有益であり、また個人だけでなく企業などの法人にとっても大きなメリットをもたらします。送金スピードの速さも魅力で、取引量の増加に伴い送金遅れが目立つようになったビットコインなどの需要を食い取る可能性は十分に考えられます。

一方、ダッシュの最大の懸念材料は、政府による規制です。ダッシュは前述のとおり、匿名性が極めて高い仮想通貨です。匿名性が高いことは仮想通貨のユーザーにとってはありがたいことですが、政府にとっては好ましいことではありません。脱税、マネーロンダリング、違法薬物の売買など、広く犯罪行為に使われる可能性があるからです。

日本は仮想通貨に対する規制が比較的少なく、これらの技術を積極的に生かそうとしていますが、ダッシュをはじめとする複数の匿名性の高い仮想通貨を取り扱うコインチェックに対しては、いまだに金融庁の認可が下りていません。

審査に通らない理由は外部からはうかがい知ることはできませんが、匿名性の高い仮想通貨の取り扱いに金融庁が難色を示していると考えることもできます。技術がすばらしくとも、必ず普及するわけではないのです。

ダッシュが買える取引所一覧

  • バイナンス
  • HITBTC
  • Bitfinex
  • Bittrex
  • Kraken
  • Yobit
  • Poloniex
0 0

この記事の共有はここから