PRLの特徴や将来性、PRLが購入できるおすすめの取引所

PRLの特徴・使い道・将来性を解説

PRL(オイスターパール)の概要

通貨名称 PRL(Oyster Pearl)
最大発行数 約9860万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://oysterprotocol.com/
ホワイトペーパー https://oysterprotocol.com/assets/pdf/OysterWhitepaper.pdf

PRLの特徴や目指しているもの

PRL(オイスターパール)は、Webサイトを収益化させたいサイト運営者と、安全なファイルストレージを利用したいサイト訪問者のためのマッチングシステム「Oyster Pearl」で使用されるイーサリアムベースのトークンです。

サイトの訪問者は、ストレージにファイルを保存する際にCPUやGPUの機能の処理能力の一部を貸し出します。こうして提供されるファイルストレージは、既存のものよりも遥かに安全で堅牢です。サイト運営者は、そのたびに間接的に報酬を受け取れます。

既存の収益システムの問題点

Webサイトやブログを収益化させる最も一般的な手法は、Webサイト内に広告を貼り付けるというものです。サイト運営者は、その広告が表示されたり、クリックされたり、リンク先で商品が購入されたりするたびに、収益を受け取ります。こうした仕組みをアフィリエイトといい、無料で提供されている多くのWebサイトで採用されています。

この収益システムには大きな問題点があります。サイト訪問者は、見たくもない広告を見せられ、不快な思いをすることがしばしばあります。それだけなら実害はないのですが、広告から有害なウェブサイトに飛ばされることも稀にですがあります。

こうしたリスクを軽減するために、広告の表示をブロックするアドオン(Webブラウザ上に組み入れる簡単なプログラム)を導入しているユーザーは少なくありません。しかし、それではサイト運営者が報酬を受け取れなくなってしまいます。報酬が受け取れないことを理由にサイト運営者がWebサイトの運営をやめれば、Webサイト訪問者はそれを見られなくなってしまいます。

既存のファイルストレージの問題点

ファイルストレージとは、インターネット上で様々な形式のファイルが保存できるシステムです。サービスによって容量や価格は異なりますが、無料のものも少なくありません。PCが故障しても別の端末からファイルを取り出せるなど、メリットも多いサービスですが、一方で現状のファイルストレージには問題点も少なくありません。

ファイルストレージには通常運営元が存在します。例えばGoogle DriveはGoogleが運営していますし、OneDriveはMicrosoftが運営しています。運営が存在する以上、運営のミス次第で、預けたファイルや登録した個人情報が外部に流出してしまったり、消されてしまったりする可能性は常に存在します。もちろん、利用者側のミスでそうした情報が漏れてしまうこともあります。

Oyster Pearlによる課題の解決

Oyster Pearlは、上記の問題点を解決するために進められている、ユニークな分散型システムです。Webサイト内に広告を貼り付けずに収益を得たいWebサイト運営者と、安全で使いやすいストレージを探しているWebサイト訪問者を結びつけて、双方に価値のあるサービスを提供します。

サイト運営者は、Webサイトにごく短いHTMLコードを貼り付けます。サイト訪問者はそのWebサイトに訪問した際に、CPUやGPUなどのマシンパワーを提供し(訪問者がマシンパワーを提供しないという選択をすることも可能です)、ファイルを分散された元帳に保存します。サイト運営者はその見返りとして、間接的に報酬をPRLで受け取ります。

Webサイトの運営者は、Webサイトを運営するだけで、広告を貼ることなく収益を受け取れます。Webサイトの訪問者は、CPUやGPUの機能の一部を提供することにより、安全にファイルを保存できる上、余計な広告を見ずに済みます。

ファイル保存の仕組み

Oyster Pearlでは、ファイルはIOTA Tangle上に保存されます。IOTA TangleはIoT(ありとあらゆるものをインターネットに接続するという概念)のための技術で、ブロックチェーンに類似した技術です。

ブロックチェーンは、各トランザクションをまとめたブロックを、時系列順に一本のチェーンで繋ぎます。一度ブロックに格納されたトランザクションを改ざんするのは極めて難しく、事実上不可能と言えます。

それに対して、IOTA Tangleは各トランザクションをブロックにはまとめずに、時系列順に複数のチェーンで繋ぎます。トランザクションからトランザクションに伸びるエッジには決められた向きがあります。新しいトランザクションを発行する際には、先行する2つのトランザクションを検証します。ブロックチェーンよりも量子コンピュータに対する耐性が高いのが大きな特徴です。

IOTA Tangle上に保存されたデータは、ネットワーク全体に保存されるため、データが失われる可能性は極めて低く、ハッキングに対しても極めて強いです。そのかわりに独自のハンドルが与えられ、さながらプライベートキーのように動作します。ハンドルを持つ人は、別のコンピュータからでも預けたデータを取得できます。イーサリアムのブロックチェーンの機能によって、誰が支払いを行なったかを隠せます。

利用にあたって個人情報やユーザー名などは必要ないため、それらの情報が流出する心配もありません。

IOTA Tangle上に接続されたコンピュータはノードと呼ばれます。ノードはProof of Workの仕組みに基づいて、データの検証を行います。これらの仕組みはすべて利己主義の仕組みに基づいたものであり、個々人が自分の利益を考えることによってシステムが成立します。

Oyster Pearlはオープンソース(外部にソースを公開すること)であり、誰でも許可を取らずに機能を拡張できます。

筆者が考えるPRLの今後の将来性

現時点では判断が難しく、なんとも言えません。サイト運営者とストレージの利用者という、一見関係のなさそうな2者を結びつけるというアイデアは秀逸ではありますが、新しい発想であるがゆえに少し受け入れ連れられづらいのではないか、とも思ってしまいます。

PRLが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されているため、そちらを利用するといいでしょう。

PRLが購入できる海外の取引所一覧

  • Kucoin
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから