SNGLSの特徴や将来性、SNGLSが購入できるおすすめの取引所

SNGLSの今後の将来性

SNGLS(SingularDTV/シンギュラーDTV)の概要

通貨名称 SNGLS(SingularDTV/シンギュラーDTV)
最大発行数 10億枚
公開日 2016年7月
公式サイト https://singulardtv.com/
ホワイトペーパー https://coss.io/documents/white-papers/singulardtv.pdf

SNGLSの特徴や目指しているもの

SNGLSは、イーサリアム(ETH)上に構築されたプラットフォーム「SingularDTV」上で使用するためのトークンです。SinglarDTVは音楽や映像、電子ブックなどの各種コンテンツの制作・配信、あるいはそれらのコンテンツの著作権などの管理を可能にするもので、製作者により従来より多くの収益を、消費者により安く利用できるコンテンツをもたらします。

現状のコンテンツ配信の問題点

現時点でもすでにエンターテインメント配信のためのプラットフォームは複数存在しています。例えば映像作品はAmazon PrimeやHulu、あるいはYoutubeなどで配信されていますし、電子書籍はAmazon Kindleダイレクトパブリッシング、楽天koboやYahoo!ブックストアで配信されています。

しかし、こうした現状のサービスには問題点も少なくありません。一番の問題点は、プラットフォームを利用する手数料が高いことです。配信プラットフォームの利用手数料が高いということは、言い換えればその分を利用者が負担させられているということでもあります。

さらに、こうした配信プラットフォームでは、著作権侵害も度々起こっています。その傾向が顕著なのがYoutubeで、他者が権利を持つ著作物を勝手にアップロードされているのが簡単に見つけられます。
こうした問題点を解決するために作られたのが、SingularDTVです。

Singularでコンテンツをラクラク配信

Singularはコンテンツを簡単に配信・管理できる配信プラットフォームです。現在は映像配信のみが行われていますが、将来的には音楽などにも対応する予定です。Singularでは開発、制作、流通のアプリケーションをリリースしています。これらのアプリケーションは本来バラバラに存在しており、それが管理の効率化を阻害していましたが、Singularはすべてが一体化しているので、製作者は作品を効率的に管理できます。権利の存在も明確になるので、他者の権利侵害に怯える心配はもうありません。

プラットフォーマーに支払う手数料も節約できるので、今よりもずっと高い収益を得つつ、なおかつ消費者に対しては安い価格でコンテンツを配信できるようになります。

消費者にも優しい小額決済が可能に

SingularDTVの各種サービスを利用する際にはSNGLSを利用します。SGNLSは既存のメジャーな支払手段であるクレジットカードや銀行振込などと比べると、遥かに手数料が安く、少額決済でも手数料の割高感を感じることはありません。

従来は月額課金型がメジャーなコンテンツ業界でしたが、少額決済が可能になれば、使ったぶんだけ料金を支払う都度課金がメジャーになるかもしれません。

Singularでは口コミが価値を持つ

SinguLarDTVでは、口コミを書いた人が間接的に価値を得ることが出来ます。ある作品のファンは、製作者のトークンを所持します。口コミでその作品の価値が高まれば、製作者のトークンの価値が上がるため、間接的に利益を得られる、という仕組みになっています。

これまではそのコンテンツの熱心なファンがいくら作品の良さを広めても得られるのは満足感だけでしたが、これからは口コミ自体で価値を得られるようになるのです。

筆者が考えるSNGLSの今後の将来性

SNGLSの将来性はかなり有望だと考えています。改変が極めて難しいブロックチェーンと、それを支えるスマートコントラクトはもともと、こうした配信との相性に優れているため、似たようなプロジェクトは複数あるのですが、Singularはその中でも特に開発が進んでいる印象を受けます。すでにTOKITが実際に可動しているというのは大きく、製作者に対するアピールにもなります。中抜きがないというのは製作者に対して大きなメリットであるためです。

SNGLSが日本に上場する可能性

現時点では国内取引所に上場される予定はありません。海外の取引所の利用をおすすめします。取引高が多いのはバイナンス、アップビット、リクイの3箇所なので、このいずれかを利用するといいでしょう。

SNGLSが購入できる海外の取引所一覧

1 0

この記事の共有はここから