SNCの今後の将来性とSNCが購入できるおすすめの取引所

SNC

SNCの概要

通貨名称 SNC
最大発行数 1億2300万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://suncontract.org/
ホワイトペーパー

SNCの特徴や目指しているもの

SNCは、電力を直接取引できるブロックチェーンプラットフォーム「SunContract」上で使用される仮想通貨です。個人は自宅の太陽光パネルなどで自家発電した電気をSunContract上で直接消費者に対して売却し、利益を得られます。2018年4月時点で数十人が同プラットフォーム上で電力供給を受けており、電力小売市場を拡大するものとして注目を浴びています。

電力取引の現状

最近、いわゆる「自家発電」を行う家庭が増えてきています。それ自体は望ましいことではありますが、一方でその売却先は電力会社に限られているというのが現状です。例えば日本の場合、「固定価格買取制度」という制度によって、電力を国が定めた価格で電力会社が買い取る仕組みになっています。

価格が決められているというのは売る側にとってはありがたい仕組みですが、固定価格は年々下がってきており、その利益を十分に得られない状態が続いています。SunContractはこのような固定価格買取制度をめぐる問題を打破するために作られた、再生可能エネルギーの普及と地産地消を目指すプロジェクトです。

売電プラットフォームとしてのSuncontract

SunContractは、個人が自由に電力を購入、売却、取引するためのプラットフォームです。政府や電力会社の介入を受けることなく、それぞれの同意した価格で取引できるのが大きなポイントです。これまでは電力は電力会社に寄る中央集権的な体制によって供給され、画一的な価格で買い取られてきましたが、これからは個人が価格を決める時代がやってくるのかもしれません。

SunContractはブロックチェーンに寄るプラットフォームであるため、透明性が保たれます。個人的なデータを透明性、信頼性を保ったまま可視化されます。

筆者が考えるSNCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。SunContractのホワイトペーパー上では、再生可能エネルギーの割合は2050年には80%まで増加するとされていますが、そこまで増えるとはとても思えないからです。

SNCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SNCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから