PHRの特徴や将来性、PHRが購入できるおすすめの取引所

PHRの特徴と将来性を解説

PHR(Phore/フォア)の概要

通貨名称 PHR(Phore/フォア)
最大発行数 約1162万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://phore.io/
ホワイトペーパー

PHRの特徴や目指しているもの

PHRは、小規模なクラウドファウンディングのためのプラットフォーム「Phore」で使用される匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)です。
2017年9月にKryptoKoin(KTK)をリブランディングして誕生した仮想通貨であり、ゼロ知識証明によって取引情報を第三者から確認できないようにします。

PhoreとPHRの仕組み

Phoreは小規模なクラウドファウンディングを匿名で実施できるプラットフォームであり、事業者と支援者は、どちらも素性を明かすことなくクラウドファンディングに参加できます。匿名のクラウドファウンディングは持ち逃げリスクが高まると考えられます。
しかし、Phoreはスマートコントラクトの搭載により、そのリスクを小さくするだけではなく、支援したことを表明しにくいプロジェクトにも資金援助をしやすい環境を整えています。

匿名化の仕組み

プラットフォーム上で使用されるPHRは、いわゆる匿名通貨の一種であり、ゼロ知識証明を採用することで、取引の内容は確認できずとも、その正当性は確認できるため、ブロックチェーンは健全に保たれます。

PHRの将来性

現時点ではそれなりに将来性があると思います。匿名通貨自体は珍しいものではなく、むしろ数が多すぎるほどだと考えていますが、PHRにはクラウドファウンディングという明確な目的があり、この点で他の匿名通貨との差別化はできています。

匿名通貨はその匿名性の高さ故に違法取引に使われる懸念もありますが、クラウドファウンディング用のPHRでわざわざそれをするメリットもないことを考えると、あまり心配はないかと思います。

PHRが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、購入したい場合はそちらを利用するといいでしょう。

PHRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから