BBPの特徴や将来性、BBPが購入できるおすすめの取引所

BBP

BBPの概要

通貨名称 BBP
最大発行数 5億6500万枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.biblepay.org/
ホワイトペーパー

BBPの特徴や目指しているもの

BBP(Biblepay)は、分散型技術を活用して、キリスト教の教えに基づいた慈善活動を行う団体へのチャリティーのために作られた仮想通貨です。通貨を通じてキリスト教コミュニティを構築し、最も効率的なチャリティーの仕組みを実現します。通貨の供給を毎年10%ずつ引き締めることによって、インフレを抑制します。

現状のチャリティー活動の仕組みと問題点

チャリティーとは、慈愛・博愛に基づいて行われる公益的な活動や、実際に活動をする組織のことです。世界の各地にチャリティーを行う団体が存在しており、社会福祉や災害・事故の被害者に対する支援活動を実施していて、その重要性は広く知られる一方で、その仕組みは活動や資金繰りの不透明さなど、さまざまな問題点も抱えています。

BiblePayはこうした現状のチャリティーの問題点を解決するために考案された、新しい仮想通貨です。

Biblepayの仕組み

Biblepayは、分散型ピアツーピアの技術を利用した、キリスト教の教えに基づく自治的慈善団体への寄付するためのチャリティー用仮想通貨です。今苦しんでいる人、特に孤児と未亡人を支援しています。

BiblePayの発行上限量は5億6500万枚と定められており、それ以上発行されることはありません。また、発行は一定のペースではなく徐々に遅くなり、10%ずつ供給量が引き締められます。発行量を抑制することにより、インフレによる通貨価値の暴落を防いで、安定させています。通貨が安定することは、Biblepayのそもそもの目的であるチャリティーにもいい影響をもたらします。

筆者が考えるBBPの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。コンセプトは立派ですが、それ以上のメリットはないように見えるからです。

BBPが日本に上場する可能性

現状では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BBPが購入できる海外の取引所一覧

  • CyrptoBridge
  • SouthXchange
0 0

この記事の共有はここから