PBTの今後の将来性とPBTが購入できるおすすめの取引所

PBT

PBTの概要

通貨名称 PBT
最大発行数 1250枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://primalbase.com/
ホワイトペーパー

PBTの特徴や目指しているもの

PBTは、従来のレンタルオフィスの仕組みをさらに使いやすくするためのプラットフォームである「Primalbase」上で使用されるイーサリアム(ETH)及びWavesベースのトークンです。

Primalbaseの理念

Primalbaseは、革新的な事業を育成するためのアプローチを提供することを目的としています。新たなテクノロジーに対する需要に対して的確に回答し、ビジネスの障壁を効率的に取り除きます。

Primalbase上では、イーサリアム及びWavesベースのトークンを支払うことによって、誰もがレンタルオフィスの貸し借りができます。貸した側は当然、その見返りとして報酬を受け取ることができます。

Primalbaseでオフィスを借りるまでの流れ

Primalbaseでオフィスを借りる方法はとても簡単です。まず、仮想通貨取引所にアクセスして、PBTトークンを確保します。PBTトークンを入手したらPrimalbaseのWEBサイトにアクセスし、アカウントを作成してオフィスを予約すれば、手続きは完了です。

レンタルオフィスにはブロックチェーンに基づくものと、従来の一般的なものの2種類があります。前者はトークンを購入し、既存のあるいは将来のPrimalbaseスペースに無制限にアクセスします。後者は古典的な経済モデルに基づいており、チームのための私設オフィスを利用して、成長しているコミュニティの一員となります。

非常に少ない総発行枚数

PBTの総発行枚数は1250枚と、ビットコインの2100万枚やライトコインの8400万枚などと比べると、かなり少なめに設定されています。

総発行枚数が少ないということは、それだけコインが貴重であるということです。コインが貴重であれば、価格は上がりやすくなります。PBTは富を蓄えておくための手段として優れているといえるでしょう。

筆者が考えるPBTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。レンタルオフィス自体にはそれなりの需要が見込めますが、すでに問題なく回る仕組みが整っているため、わざわざPrimalbaseのシステムを使う理由に乏しいからです。

PBTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PBTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから