PBLの特徴や将来性、PBLが購入できるおすすめの取引所

PBLの使い道と将来性、購入できるおすすめ取引所を解説!

PBL(Publica/パブリカ)の概要

通貨名称 PBL(Publica/パブリカ)
最大発行数 約3380万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://publica.com/
ホワイトペーパー

PBLの特徴や目指しているもの

PBLは、本と本を作る人のためのプラットフォーム「Publica」上で使用される仮想通貨です。著者がBook ICOというクラウドファウンディングを通じて読者から資金を集められるのも大きな特徴であり、出版業界の仕組みに大きな変更をもたらす圧力となりえる存在です。

PublicaとPBLの仕組み

Publicaは著者と読者が直接書籍を売買するプラットフォームです。大まかな仕組みはAmazon Kindleなどに似ていますが、Publicaには運営者がいないため手数料が非常に安く、勝手にマーケットから削除される心配もありません。

また、Publica上では、著者が「Book ICO」という形で資金を集めることができます。この仕組みは、アイデアはあるが資力が足りないという人にも出版のチャンスを与えるためのものです。

著者はPublica上でICOを実施し、それに興味を持った読者はPBLで支援します。金額が目標額に達したら、著者は協力者(イラストレーター、税務担当者など)に関する情報を、スマートコントラクト機能を使ってブロックチェーン上に記載します。

プラットフォーム上のやり取りにトークンを使う

本が完成したら、著者は協力者に対してPBLを、読者に対してREADトークンを支払います。これは自動的に実行されるため、協力者が著者から支払いを拒否されることはありません。

READトークンは作品にアクセスするための権利書のようなもので、ウォレットと電子書籍リーダーを兼ねたアプリ内に格納されます。READトークンは機能こそ同じですが内容はそれぞれ異なるため、著作権侵害を抑制できます。

Book ICOで著者を支援しなかった人も、既存のREADトークン保有者と自身のPBLを交換することで、作品を読めるようになります。1冊売れるごとに作者及び協力者に収益が与えられます。現時点では書籍のみが対象になっていますが、将来的には論文、調査レポート、更には映画などへのサポートも実施する予定です。

PBLの将来性

現時点では、なかなか期待できると思います。著者、支援者、協力者それぞれにメリットが協力されており、ブロックチェーンと書籍管理の相性も良好です。草コインの中では、比較的有望な方と言えるでしょう。

PBLが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PBLが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから