PIRLの特徴や将来性、PIRLが購入できるおすすめの取引所

PIRLの特徴や将来性と、おすすめ取引所

PIRLの概要

通貨名称 PIRL
最大発行数
公開日 2017年10月
公式サイト https://pirl.io/
ホワイトペーパー https://storage.gra1.cloud.ovh.net/v1/AUTH_33a0c4ac73cf4d88a243480c275be8ac/pirl/pirl-whitepaper.pdf

PIRLの特徴や目指しているもの

PIRLは、スマートコントラクトを搭載した、買い手と売り手の間で安全に取引をするための、暗号化に基づくプラットフォーム「Pirl」上で使用される仮想通貨です。

コミュニティを重視するプラットフォーム「Pirl」

Pirlは、コミュニティを重視するプラットフォームです。独自のブロックチェーンを用いていますが、イーサリアムの影響も強く受けています。

Pirlのブロックチェーンは、スマートコントラクトを機能させるために使われますが、ユーザインターフェイスや分散型ストアの構築も可能です。その際には単一障害点が存在しないノード上で機能するように開発されます。

Pirlのマスターノードの役割

ブロックチェーンのネットワークを支えるコンピュータを一般的にノードといいます。ビットコインの場合、すべてのノードは平等かつ対等です。一方、Pirlには一般ノードとマスターノードの2つのノードが存在します。

マスターノードは一般ノードのリーダー的な存在であり、両者は平等ではありません。マスターノードは取引の中継地点として機能するだけでなく、現在開発が行われている分散型アプリケーション(DApps)の一部としても機能します。

マスターノードの管理者は、これらの役目を果たすことと引き換えに、新規発行されたPIRLを受け取れます。受け取れる金額は、その時点で存在するマスターノードの数や稼働時間によって変化します。

マスターノードの管理者になるための条件はいくつか設定されていますが、そのハードルはそこまで高いものではなく、ある程度の資力があれば可能です。また、条件は投票システムによって変更されることがあります。

Pirlの投票システム

Pirlはコミュニティの意見を重視するプロジェクトであり、Pirlの利用者やPIRLの保持者の意見を元に、その機能を充実させていきます。意見を反映させるための投票システムは現在構築中ですが、将来的には1PIRLを保有していれば投票による意思表示に対応する予定です。

IPFSの仕組み

PirlはコンテンツをP2P形式で分散管理するIPFSを導入しています。次世代のインターネットとも言われている技術であり、唐突なリンク切れや国家による言論統制などに対する強力な対策となりえる技術です。

筆者が考えるPIRLの今後の将来性

現時点では、一定の将来性はあると考えています。仮想通貨が発達するためには強力なコミュニティによる後押しが必要不可欠ですが、PIRLにはすでにそれがあります。開発側もコミュニティ側の意見を積極的に取り入れる姿勢をとっており、開発もそれなりに進められています。

ただ、機能そのものがそこまで優れているわけではないことには注意が必要です。

PIRLが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでにいくつかの海外の仮想通貨取引所に上場していますので、買いたい方はそちらを利用するといいでしょう。

PIRLが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから