ABYの特徴や将来性、ABYが購入できるおすすめの取引所

ABYの特徴・将来性・購入できる取引所

ABY(アートバイト)の概要

通貨名称 ABY(ArtByte)
最大発行数 10億枚
公開日 2014年5月
公式サイト https://www.artbyte.me/
ホワイトペーパー https://www.artbyte.me/wp-content/uploads/2018/03/ArtByte_Presentation_2018.pdf

ABYの特徴や目指しているもの

ABY(アートバイト)は、アーティスト支援を目的に作られた仮想通貨です。アーティストはアートバイトの公式サイトを通じて自身の作品を宣伝・販売し、またファンからABYによる寄付を受け取ることができます。ファンの立場から見た場合は、アーティストのパトロンになるための仮想通貨であると言えます。

国内での知名度は低いですが、開発の歴史は長く、長期的なロードマップも公開されているなど、評価すべき点は少なくありません。

ABYとビットコインの違い

ABYの仕組み自体は、仮想通貨の代表格であるビットコインと殆ど変わりありません。ABYの方がビットコインよりも発行枚数が多く、送金スピードは速いですが、イーサリアムのスマートコントラクトのような特殊な機能が搭載されているわけではありません。あくまでも決済手段の1つであると考えたほうが良いでしょう。

ただし、その運用のされ方には大きな違いがあります。ビットコインは高度に分散化されており、明確な運営者は存在しません。それに対して、ABYはアートバイト財団という運営者が存在しています。ABYもピア・ツー・ピア形式で直接やり取りすることができますが、分散度合いという点だけ見れば、ビットコインに比べて劣っていると言えます。

ただ、運営が存在するというのは必ずしも悪いことではありません。運営がその仮想通貨を利用できるサービスを計画的に提供できるからです。この運営が提供するサービスこそが、ABYの真の価値であると言っても過言ではありません。

サービスその1:アーティストへの寄付

アートバイト財団が提供するサービスの中でも最も特徴的なものが、アーティストへの寄付です。アーティストのファンは、アートバイト財団の公式サイト(http://music.artbyte.me/)を通じて、アーティストに対して資金援助を行えます。公式サイトへの登録はアーティスト・ファンともに無料です。

公式サイトには様々なアーティストの作品、公式Webサイト、ABYの受け取りアドレスなどが掲載されており、ファンはその中から自分が支援したいアーティストを選べます。送金しても作品などがもらえることはなく、あくまで純粋な寄付行為となります。

アーティストの中にはビットコインなどの仮想通貨で寄付を受け付けている人もいますが、決して多くはありません。寄付を受け付けるための体勢を整えるのが大変なためです。アーティスト財団の公式サイトを利用すれば、アーティストは今までよりもずっと簡単に仮想通貨による寄付を受け取ることができます。

サービスその2:作品の売買・宣伝

アーティストは前述の公式サイトで自分の作品を販売できます。その支払手段としてABYが使われます。作品販売プラットフォームという点ではすでにAmazon MusicやiTunes storeなどが存在していますが、これらのサービスと違い、アートバイト財団のサービスはすべて無料で利用できます。

様々な仲介業者をすべて排除しているため、同じ売上数でもより多くの売上高を得ることができます。

また、アートバイト財団は、定期的にアーティストを露出させるためのイベントを開催しています。アーティストは各種イベントに無料で参加し、作品の宣伝・販売を行うことができます。もちろん、イベントへの参加は強制ではなく任意です。

サービスその3:ソーシャルメディアによる宣伝

アートバイト財団は、twitterやFacebookなどのSNSを通じて積極的な工法を行っています。Twitterのフォロワー数は1万7000前後とそこまで多いわけではありませんが、Facebookには10万以上のいいねがついています。アートバイト財団のサービスを利用する人が増えれば増えるほどABYの価値は上昇します。

毎日5ABYがもらえる

アートバイト財団の公式Webサイトに登録すると、毎日5ABYが受け取れます。2018年6月21日時点でのレートは1ABY=0.5円程度であり、それほど多額のABYが受け取れるわけではありませんが、何はともあれ無料で仮想通貨が受け取れるというのは嬉しいところです。

筆者が考えるABYの今後の将来性

現時点ではそれなりに有望と考えています。生活が不安定になりやすいアーティストにとって、無料で自分の作品を宣伝でき、また寄付を受け取れるサービスは非常に心強い存在です。

競合サービスの代表格はMusicoinです。Musicoinはイーサリアムベースのトークンで、プラットフォーム上で音楽が再生されるたびに収益の100%がミュージシャンに直接支払われるという仕組みになっています。どちらもアーティストを支援するためのプラットフォームという点では同じですが、Musicoinは音楽に特化しているのに対して、ABYはアーティスト全体を支援するものであるという違いがあります。

ABYが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、早めに仕込んで置きたいという場合はそちらを利用しましょう。

ABYが購入できる海外の取引所一覧

  • Bittrex
  • Yobit
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから