CPXの今後の将来性とCPXが購入できるおすすめの取引所

CPX

CPXの概要

通貨名称 CPX
最大発行数 約6億7700万枚
公開日 2018年4月
公式サイト https://www.apexnetwork.io/
ホワイトペーパー

CPXの特徴や目指しているもの

CPXは、分散型アプリケーション(DApps)を開発・展開するための企業向けプラットフォーム「Apex Network」上で使用されるトークンです。企業は必要な「消費者のニーズ」といったアプリ開発に欠かせない情報をApex Network上で安全に取得できます。また、消費者はそうした情報を提供することによって、報酬を得られます。

分散型アプリケーションってなんだ?

分散型アプリケーションとは、文字通り分散されたアプリケーション、つまり中央管理者(アプリを管理する企業、例えばGoogle PlayやApp storeなどのこと)が存在しないアプリケーションのことです。ビットコインも、広義には分散型アプリケーションに含まれます。

分散型アプリケーションにもいろいろな定義があるのですが、最も有名なDavid JohnstonのVCファンドによる定義は以下のとおりです。

  • アプリケーションがオープンソースであり、中央管理者によって管理されない
  • オープンに流通している暗号トークンを持ち、アプリケーション利用の際にはそれを消費する
  • ユーザーの合意のもとでアプリの改善が図られていく

分散型アプリケーションのメリットとデメリット

分散型アプリケーションには様々なメリットがあります。その中でも特に大きいのは、不正な改ざんやハッキングに対する耐性が高いことです。分散型アプリケーションのデータ管理は、ひとかたまりのサーバではなく、世界中に散らばったコンピュータによって行われます。

分散型アプリケーションのデータを不正に改ざんするためにはこのコンピュータの過半数のデータをいじらなければならないのですが、それは事実上不可能です。

また、分散型アプリケーションは中央管理者によって管理されないため、例えば理不尽な理由での配信停止やアカウント削除なども発生しなくなります。取引データはすべて公開されるため(ただしプライバシーは守られます)、中小企業でもデータを活かした商品開発などが可能になります。

一方、デメリットはトランザクションの遅さです。分散型アプリケーションのブロックサイズを超えた取引が発生すると、取引の処理が遅れるだけでなく、送金手数料が高額化します。現状、この問題を解決するための十分な仕組みは整っておらず、それが分散型アプリケーションの普及を妨げています。

著名な分散型アプリケーションプラットフォームとApex Networkの違い

分散型アプリケーションを開発・展開するためのプラットフォームは、現時点でも多数存在しています。その中でも特に有名なのが、仮想通貨時価総額ランキングで長期間に渡り2位を維持しているイーサリアムです。その他にもNEO,EOSなど、時価総額や知名度に優れるプラットフォームは数多く存在しています。

Apex Networkは正直に言えば、これらのプラットフォームと比べると時価総額や知名度では大きく劣っていますが、一方で差別化もきちんと図られています。Apex Networkは「B2C」にターゲットを絞っているのです。

Apex Networkの仕組み

Apex Networkは、B2Cアプリケーションを開発するための分散型アプリケーションプラットフォームです。B2CとはBusiness to Customer,つまり企業から消費者に向けたサービスのことです。よってApex Networkは「消費者向けのアプリを開発するための、企業向けのプラットフォーム」といえます。イーサリアムやNEO,EOSなどは広く様々なアプリの開発を想定しているのに対して、Apexは最初から対象を絞ることによって差別化を図っているのです。

Apex上では個人と企業が直接データをやり取りする

Apex Network上では、企業と個人は直接データのやり取りができます(企業間同士でももちろんOKです)。ユーザーはネットワーク上で、自らの購入履歴やアクセスデータなどを管理します。このデータは通常他社に見られることはありませんが、自分の意志で企業に対して提供することも可能です。データを提供した場合は、報酬が受け取れます。企業は受け取ったデータを活用して新しい商品を開発したり、サービスを見直したりできます。

これまでこうした消費者の情報は大企業が独占していましたが、Apex Networkではそのような上方の不均衡は解消されます。

スマートコントラクトで効率的な取引を実現

Apex Networkには、スマートコントラクトという機能が搭載されています。これは簡単に言えば、契約を自動で実行するための仕組みです。予め契約の内容と、それが実行される条件を定義しておくと、その条件が満たされたときに、その内容が自動で実行される仕組みです。

Apexには「データレイヤー」「ロジックレイヤー」「ミドルウェアレイヤー」という3つのレイヤー(層)によってスマートコントラクトをスムーズに実行する仕組みがあるため、すべての契約、取引が快適に行なえます。

コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

ApexはコンセンサスアルゴリズムにDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは簡単に言えば、誰が取引の承認を行い、その見返りとして報酬を受け取るかについてまとめたものです。DPoSはトークンの保有量に応じた投票権が与えられ、多くの投票を集めたものが承認を行う仕組みです。多くの得票を集めたものに権限が与えられるという点では、選挙に似ています。

この仕組みは、一部の通貨で採用されているPoS(Proof of Stake)を進化させたものです。PoSはトークンの保有量に応じて、承認の権利が割り当てられる仕組みです。「トークン保有量に応じて……」という点では一致していますが、PoSはトークン保有者がそのまま承認を行うのに対して、DPoSでは両者が分離されているという違いがあります。DPoSのほうが、より分散度合いは高いと言えます。

スーパーノードと報酬

上記のDPoSの仕組みで承認を行う人(あるいはその人が保有しているコンピュータ)をスーパーノードといいます。スーパーノードは取引の承認を行い、その見返りとして報酬を受取ります。トークン保有者は、どのスーパーノードに承認をさせるかを投票します。

スーパーノードにもランク付けがあり、それぞれなるための条件と受け取れる利益に差があります。基本的には上位の層ほど条件が厳しく、その分受け取れる報酬は多くなっています。そのため、より重要な上位層には信頼できる(厳しい条件を満たした)スーパーノードが集まり、その結果としてネットワークが安全に保たれるのです。

条件 報酬の割合(%)
1層 20万CPX以上の保有 50
2層 7万CPX以上の保有 32
3層 とくになし 18

異なるデータを短時間で統合する「APEXデータコネクタ」

Apex Networkには、異なる場所に保管されているデータを短時間で統合する「APEXデータコネクタ」という機能があります。これは2016年にChinapex社という企業によって開発された「APRXリンク」という技術を更に改良したもので、データの統合時間はより短く、必要な手作業の料は更に短くなっています。

分散型取引所も開発予定

Apex Network上にはいずれ、分散型取引所が設置される予定です。分散型取引所とは、株式会社のような中央管理主体が存在しない取引所のことです。特定の管理者が存在しないのでハッキングの心配がなく、安全に利用できます。

取引所では既存の仮想通貨が売買できる他、企業が自分で仮想通貨を作って流通させることも可能です。

筆者が考えるCPXの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。分散型アプリケーションのためのプラットフォーム自体は珍しくありませんが、予めB2Cに分野を絞っているのは珍しいからです。イーサリアムを始めとする巨人との競合がある程度避けられる上、何かと便利です。もちろん万全とはいえませんが、少なくとも注目には値するかと思います。

CPXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

CPXが購入できる海外の取引所一覧

  • Switcheo
  • Hotbit
  • Lbank
0 0

この記事の共有はここから