GRSの特徴や将来性、GRSが購入できるおすすめの取引所

GRSの使い道・将来性について検証

ITCの概要

通貨名称 ITC(IOT Chain)
最大発行数 1億枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://iotchain.io/
ホワイトペーパー https://iotchain.io/pdf/ITCWHITEPAPER.pdf

ITCの特徴や目指しているもの

ICTは、モノのインターネット化(IoT)の進展にともなう課題を解決するためのプロジェクト「IoT Chain」で使用されるトークンです。IoT Chainは中国を主な市場としており、中国版IOTAと呼ばれることもあります。

IoTの現状と問題点

IT専門調査会社のIDCの調査によれば、2017年における世界全体のIoT関連支出額は6740億ドル、2018年は7725億ドルと右肩上がりが続き、平均成長率は年間で14.4%にもなるとみられています。

このように極めて将来有望なIoTの分野ですが、一方で問題点も少なくありません。

セキュリティと通信コストの解消が急務

1つ目の問題点はセキュリティです。IoTでは様々なモノをインターネットに接続します。接続されるモノが増えれば増えるほど通信の回数は増え、ハッキングの可能性も高まります。データを頻繁にやり取りしつつ、その通信の安全性をいかに高めるかは今後の課題と言えるでしょう。

2つ目の問題点はコストです。IoTでは頻繁に細かな通信を行うため、多くの通信コストが掛かります。日常生活を快適にするためとはいえ、ユーザーは多くのコストを負担できません。IoT普及のためには、コストを減らしつつ利便性を向上させるための取り組みが必要不可欠と言えます。

これらの問題点を解決するためのプロジェクトがIoT Chainです。

IoT ChainはDAGで安全かつ低コストなセキュリティを実現

IoT Chainの最大の特徴は、将来的にブロックチェーンではなく有向非巡回グラフ(DAG)という構造を採用を志向していることです。
DAGは個別取引を繊維状にまとめた台帳であり、個別取引をまとめてブロックにはせず、個別取引のままで承認を行います。取引はブロックチェーンと同様、時系列順に並べられますが、一直線ではなく繊維のように広がりながら伸びていきます。

DAGの仕組みのもとでは、マイナーではなくユーザーが承認するので、マイナーに支払う手数料が発生せず、非常に少ない手数料で取引できます。また、ブロックが存在しないためブロックの生成を待つ必要もなく、極めて高速な取引が可能になるだけではなく、ブロックサイズに起因するスケーラビリティ問題の上限を気にする必要もありません。

量子コンピュータ耐性を持つDAG

DAGはブロックチェーンと比べて、量子コンピュータへの耐性が高いとされています。量子コンピュータとは量子力学の原理を応用したコンピュータで、従来のコンピュータと比べて極めて計算能力が高いことが特徴です。

現時点ではまだ実用化されていませんが、GoogleやIntel、日立などの各企業は積極的に研究を行っており、近い将来に実用化される可能性は否定できません。DAGはそうなった場合でも外部からの攻撃を効率的に防げるという点で、ブロックチェーンを採用した他の仮想通貨よりも優れていると言えるでしょう。

一方で、ブロックチェーンと比べるとDAGの歴史は浅く、研究が進んでいない面もあるため、手放しで褒められるものでもありません。まだ見つかっていないリスクもあるでしょう。

筆者が考えるITCの今後の将来性

現時点ではなかなかに将来有望と言えそうです。IoTの分野が将来伸びることは間違いないでしょうし、DAGを採用するのも評価点です。

最大のライバルはIOTAです。IOTAは中国のみならず世界を相手にするプロジェクトですが、基本的な中身はIoT Chainと同じです。あちらもDAGを採用しており、性能的には五分五分といったところです。

しかし、時価総額ではITCが約4800万ドルなのに対して、IOTAは約39億ドルと大きな差が付いています。ITCのほうが伸びしろがあるとも言えますが、ただ単に大きく引き離されているだけとも言えます。個々からの時価総額での巻き返しを期待したいところです。

ITCが日本に上場する可能性

現時点では上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、購入する場合はそちらを利用しましょう。

ITCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから