GRSの特徴や将来性、GRSが購入できるおすすめの取引所

GRSの使い道・将来性について検証

GRS(グロイストルコイン)の概要

通貨名称 GRS
最大発行数 105,000,000枚
公開日 2014年3月22日
公式サイト https://www.groestlcoin.org/
ホワイトペーパー http://www.groestl.info/groestl-implementation-guide.pdf

GRSの特徴や目指しているもの

GRS(グロイストルコイン)はビットコインを改良して作られた仮想通貨で、2014年3月にリリースされていますから、仮想通貨の中では歴史は長いほうです。
プライバシーの保護とセキュリティ、高速トランザクション処理がGRSの特徴です。公式サイトを見ると、3ヶ月に1回はアップデートや新しいプロダクトのリリースを行なっているようなので、開発スピードとしては相当早いですね。今後、どのように発展していくのか、楽しみな仮想通貨です。

BTCを改良したGRSの特徴やメリット、将来性について解説していきます。

GRSが実装したSegwitとは?

GRSは世界で初めてSegwitを実装した仮想通貨です。Segewitは、スケーラビリティ問題に対する解決策の一つです。

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術において大きな課題になっているもので、各ブロックの大きさが決まっているため、1ブロックに書き込める数が決められてしまうという問題です。大きなトラクザクション処理する際に、どうしても処理時間が長くなってしまい、送金に時間がかかってしまいます。特にビットコインはブロックのサイズが1MBと決まっているため、スケーラビリティ問題は大きな課題となっています。

Segwitはトランザクションの容量を小さくすることで、1つのブロックに書き込めるトランザクションを多くして処理を速くしようという方法です。さらに、Segwitと、ライトニングネットワークを組み合わせることで、GRSはトランザクションの高速処理を実現しました。Segwitについては別記事「Segwitとは?」で詳しく解説しています。

ライトニングネットワークとは、直接つながっていない相手に対しても、第三者を中継することで送金できる仕組みで、あらたに送信先と接続しなくてもいいので、送金のスピードが早い、手数料が安くすむというメリットがあります。とくに手数料に関しては、ほぼ0円です!送受信を仲介する第三者が持ち逃げする可能性もありますが、そこは、Hashed Time-Lock Contract(HTLC)という技術を利用し、持ち逃げできないようにしています。

独自のコンセンサスアルゴリズムであるGroestlを採用しASIC耐性のあるGRS

GRSのコンセンサスアルゴリズムは、Proof of Work(PoW)を独自にGroestlを導入しています。Groestlにより、GRSはASIC耐性がある仮想通貨となっています。

ASICとは、「Application Specific Integrated Circuit」の略であり、「特定のアプリケーション用の集積回路」という意味になります。
砕いて説明すると、特定の用途のために用意されたマシンのことです。ビットコインなどの仮想通貨で採用されているPoWでは、マイナーと呼ばれる人たちが、コンピューターの演算を行なっています。たくさんの演算ができた方が、報酬を多くもらえるのですが、普通のコンピューターは、演算以外にも多くの機能があるため、演算に集中したい場合には、ASICを用意する方が効率的です。

「ASIC耐性」とは、「ASICを作る必要がない」「ASICを作っても無意味である」という意味です。どういうことかというと、ASICを作るには、対象となる演算が単純であればあるほど作りやすく、逆に複雑な演算であればASICを作成するのは困難になります。

マイニングの演算が単純であれば、ASICを持つ一部のマイナーのみが報酬を独占してしまい、中央集権化してしまいます。ビットコインはまさにそうです。ビットコインは「ASIC耐性がない」仮想通貨です。

「ASIC耐性がある」とは演算が複雑でASICを作っても無意味であるということです。ASICを持つ一部のマイナーに独占されることなく汎用コンピューターでもマイニングできる仮想通貨のことを、「ASIC耐性がある」といいます。

前置きが長くなりましたが、GRSは独自のアリゴリズムにより、演算を複雑化し、ASICというマシンを持つ一部の人間にマイニングを独占されないようになっています。また、前述の独自アルゴリズムにより、マイニングが経済的に行えるのも特徴です。それほど電力を使わずにマイニングできるのは、マイナーにとってうれしい限りです。

匿名での送金が可能!

GRSは匿名で送金することが可能です。これにより、送信者のプライバシーが保たれます。AES256という、256ビット超の暗号鍵を使用する暗号化方式を利用し、TOR(トーア)というIPアドレスを相手に知らせることなくネットに接続できる技術を利用し、受信者から見て、送信元のアドレスが見えないように送金することが可能になっています。

筆者が考えるGRSの今後の将来性

筆者はGRSの将来については正直、懐疑的です。GRSはビットコインが抱えていた問題、スケーラビリティ問題やASICに耐性があるなど、課題を解決しつつ、開発も3ヶ月に1回はアップデートやプロダクトのリリースを行なっています開発が活発で技術力があるのは強みです。また、Segwitの実装やライトニングネットワークにより手数料をほぼゼロ、かつ高速処理などを可能にしています。

しかし、上記のようなスケーラビリティを解決したり、トランザクションを高速で処理したりする仮想通貨はたくさんあります。ビットコインから出発して考えればかなり改良されたと言えるかもしれませんが、イーサリアムを改良したNEOなどのERC20にも同様の機能を持つトークンはたくさんあります。そう考えると、差別化できていないのでは?と感じます。

3ヶ月に1回アップデートしてるといっても何時かは頭打ちになるでしょう。そう考えると特別に魅力があるとは感じません。認知度もまだ高いといえませんので、類似の仮想通貨に埋もれないように、唯一無二の特徴を作っていかないとこれからの伸びは厳しいでしょう。

チャートをみてみましょう。
GRSチャート

2017年の3月くらいまでは0.000002-3BTC(1円未満)あたりをずっと行き来していました。7月半ばに0.00012BTC(20円)あたりを記録し、その後は一度落ち込みますが、2017年12月に0.00015BTC(290円)を超える価格をマーク。
2018年に入ると大きく浮き沈みしますが、4月20日、5月15日に0.00018BTCをマーク(129円)。2018年5月17日現在は、0.00014BTC(129円)となっています。仮想通貨全体では90位あたりに付けています。

今はGRSを買うことはおすすめしません。どうしても、ということであれば少額だけ購入するに留めた方がいいでしょう。

GRSが日本に上場する可能性

仮想通貨全体で90位あたりですから、当分は日本の取引所への上場は難しいのではないでしょうか。購入の際には海外の取引所から購入しましょう。

GRSが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Upbit
  • BITTREX
  • cryptopia
  • CCEX
  • Livecoin
0 0

この記事の共有はここから