GRSの特徴や将来性、GRSが購入できるおすすめの取引所

GRSの使い道・将来性について検証

GRS(グロイストルコイン)の概要

通貨名称 GRS
最大発行数 105,000,000枚
公開日 2014年3月
公式サイト https://www.groestlcoin.org/
ホワイトペーパー http://www.groestl.info/groestl-implementation-guide.pdf

GRSの特徴や目指しているもの

GRS(グロイストルコイン)は2014年3月にリリースされた、プライバシー保護とセキュリティ、高速トランザクション処理を目的とする、ビットコイン(BTC)をベースとする仮想通貨です。

公式サイトを見ると、3か月に1回はアップデートや新しいプロダクトのリリースを行なっているようなので、開発スピードとしては相当早いのが特徴です。

送金詰まりを招く「スケーラビリティ問題」

ブロックチェーン技術において大きな課題になっているのが、各ブロックの大きさが決まっているため、1ブロックに書き込める数が自動的に決まってしまう「スケーラビリティ問題」です。

スケーラビリティ問題が発生すると、大きなトラクザクション処理の処理時間が長くなり、送金に時間がかかる送金詰まりの原因となります。特にビットコインは、ブロックのサイズが1MBと決まっているため、スケーラビリティ問題の解決は大きな課題となっています。

GRSが実装したSegwitとは?

GRSは世界ではじめてスケーラビリティ問題の解決策の一つであるSegwitを実装した仮想通貨です。

Segwitはトランザクションの容量を小さくすることで、1つのブロックに書き込めるトランザクションを増やして処理速度を速める解決方法です。GRSではSegwitとライトニングネットワークを組み合わせることで、GRSはトランザクションの高速処理を実現しました。

ライトニングネットワークで高速送金を実現

直接つながっていない相手に対しても、第三者を中継することで送金できる仕組みが「ライトニングネットワーク」です。送信先と新たに接続しなくても良いので、送金のスピードが早いだけではなく、手数料も安く済むのがメリットです。

第三者を経由することから、持ち逃げのリスクがありますが、GRSではハッシュロックとタイムロックによる安全な送金を実現するHashed Time-Lock Contract(HTLC)を導入することで、持ち逃げを防いでいます。

独自のコンセンサスアルゴリズム「Groestl」でASIC耐性を獲得

GRSはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を独自に改良したGroestlを導入することで、特定用途向けの集積回路(ASIC)に対する耐性(ASIC耐性)を獲得しているのが特徴です。

また、前述の独自アルゴリズムにより、経済的に省電力でマイニングできるのも特徴です。

匿名での送金が可能!

GRSでは暗号化方式に256ビット超の暗号鍵を使用するAES256を利用し、IPアドレスを相手に知らせることなくインターネットに接続する技術(Tor)を導入しています。

これにより、受信者から見て送信元のアドレスが見えないように送金できるので、送信者のプライバシーが保たれます。

筆者が考えるGRSの今後の将来性

GRSの将来については正直、懐疑的です。GRSはビットコイン(BTC)が抱えていたスケーラビリティ問題やASIC耐性などの課題を解決しつつスピーディーなアップデートやプロダクトのリリースが魅力ですが、それ以外の魅力には乏しいのが現状です。

認知度も高いといえず、類似の仮想通貨に埋もれないように、唯一無二の特徴を作っていかないとこれからの伸びは厳しいでしょう。

GRSが日本に上場する可能性

仮想通貨全体で90位あたりですから、当分は日本の取引所への上場は難しいのではないでしょうか。購入を検討しているならば、海外の取引所で購入しましょう。

GRSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから