MOONの特徴や将来性、MOONが購入できるおすすめの取引所

MOON

MOON(mooncoin)の概要

通貨名称 MOON(mooncoin)
最大発行数 3840億枚
公開日 2013年12月
公式サイト http://mooncoin.com/
ホワイトペーパー

MOONの特徴や目指しているもの

MOONは、2013年12月に誕生した、比較的歴史が長い仮想通貨です。小額決済を想定して作られた仮想通貨であり、独自のプログラミング言語によって高速かつ安価な取引の実現を目指しています。

MOONの仕組み

MOONは、現状のビットコインには実現できない高速で安価な送金を実現するための仮想通貨です。ビットコインよりも手軽に使えるのが大きな特徴です。あくまでもビットコインの苦手な小額決済を補完する存在ですので、ビットコインが普及した社会でその穴埋めをすることが期待されます。

独自プログラミング言語「MOON」

MOONはMoonwordという独自のプログラミング言語を使っています。これにより、送金の際にメモを付与することを可能にしました。メモに何のお金なのかを記載してから送金すれば、受け手がそのお金の出処を忘れたときにすぐに確認できます。

分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「Smartlikes」で使える

Smartlikesは、分散型のソーシャルメディアプラットフォームです。Smartlikesでは既存のソーシャルメディアと同じように人の投稿に対して「いいね」をつけることが可能です。また、「いいね」したあとに他の人が同じ投稿に「いいね」した場合は、MOONで報酬を受け取れます。

強力なコミュニティの存在

仮想通貨の知名度向上には、強力なコミュニティが欠かせません。ビットコインももともとは全く無名な存在でしたが、それを支持する人たちの後押しによって、今の地位を獲得しました。

MOONは世界各国での知名度獲得のために、複数言語のコミュニティを運営しています。日本語のTwitterアカウントも存在していますので、一度覗いてみてください。

https://twitter.com/mooncoin_japan/

教育業界を対象とする「MoonEDU」

MoonEDUは、世界中の教育業界を対象とした、優れた教育システムです。学生に対して「獲得すること」を教えます。例えば、テストで高得点が取れた学生には、定められた報酬をMOONで支払います。金額はもちろん多くありませんが、それゆえに小額決済に特化したMOONが役に立つのです。

もちろん、教育という場において対価が発生するのは必ずしも望ましいこととは限らないため、教育業界とよく審議してシステムを展開していく予定です。

MOONの将来性

現時点では、それなりには期待してもいいのではないかと思っています。ビットコインと競合するのではなく、ビットコインの至らない点を穴埋めする、という役割に特化しているのは評価できます。仮にビットコインが普及してからと言って、立場を追われることはないでしょう。

ただ、ビットコインも前述の通りSegwitやライトニングネットワークで小額決済をもカバーしていようとしており、これが成功した場合は立場が危うくなるかもしれません。

MOONが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

MOONが購入できる海外の取引所一覧

  • Altilly
  • Coin Exchange
  • Noa Exchange
0 0

この記事の共有はここから