SBTCの特徴や将来性、SBTCが購入できるおすすめの取引所

SBTCの特徴やBTCとの違い、将来性について解説

SBTC(スーパービットコイン)の概要

通貨名称 SBTC(Super Bitcoin)
最大発行数 2121万枚
公開日 2017年12月
公式サイト http://supersmartbitcoin.com/
ホワイトペーパー

SBTCの特徴や目指しているもの

SBTC(スーパービットコイン)は、ビットコインから分裂して生まれた仮想通貨です。従来のビットコインにいくつかの機能を追加したまさにスーパーなビットコインであり、様々な仮想通貨の良いとこどりをしているのが大きなポイントです。

仮想通貨のアップデートと分裂の仕組み

仮想通貨は電子データであるため、発行した後も比較的簡単に随時アップデートできるのが大きな特徴です。仮想通貨のアップデートには互換性のあるソフトフォークと、互換性のないハードフォークがあります。後者のほうがより大規模なアップデートである、と考えていただければだいたい間違いありません。

そして、ハードフォークを行った場合、通貨が分裂して誕生することがあります(必ず分裂するわけではありません)。分裂が起こると、新しい仮想通貨が生まれます。

アップデートに当たってソフトフォークを採用するか、ハードフォークを採用するかはその仮想通貨のユーザー(開発者、マイナーなど)の意向次第です。現実的に見た場合、ハードフォークはユーザー同士で合意が取れなかった場合に行われることが多いようです。ユーザー同士で意見が別れているので、仮想通貨も別れさせてそれぞれが望む仮想通貨を使ってもらおう、という考え方をするわけです。

例えば、ビットコインキャッシュは、開発者とマイナーの意見が対立したために分裂で誕生した仮想通貨です。

当時、ビットコインキャッシュが誕生する直前、開発者とマイナーはスケーラビリティ問題(ビットコインのブロック容量が小さすぎるために発生する諸問題)の解決方法で対立していました。開発者は問題解決のためにSegwitという個々の取引サイズを小さくする手法を支持していましたが、マイナーはブロック容量を大きくする手法を支持していました。

両者の対立は埋まらず、ビットコインは分裂し、ブロックサイズが従来の8倍で、ビットコインと互換性のないビットコインキャッシュが誕生。多くのマイナーは新しく誕生したビットコインキャッシュのブロックを伸ばしていくことを選びました。

ビットコインキャッシュの誕生を皮切りに、ビットコインコミュニティ内の対立は表面化し、複数回に渡る分裂が行われました。今回紹介するSBTC(スーパービットコイン)も、その分裂の1つで誕生したものです。

SBTCの性能

SBTCはビットコインから分裂した仮想通貨ということもあり、基本的な性能はビットコインに似ていますが、一方でビットコインには見られない有益な機能も搭載されています。これらの機能はいずれも他の仮想通貨に搭載されたものであり、そういった意味ではSBTCは「すべての仮想通貨の良いとこどりをした仮想通貨」であるとも言えます。
代表的な機能は以下の4つです。

  • ライトニングネットワーク
  • スマートコントラクト
  • ゼロ知識証明
  • 8MBのブロックサイズ

ライトニングネットワークは、ネットワークで直接接続されていない者同士が、安全かつ確実にブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を行う技術、スマートコントラクトは、契約を自動で実行する仕組みです。予め契約の内容と、それが実行されるための条件を定義しておくと、その条件が満たされたときに、自動で契約が実行されます。
ライトニングネットワークとスマートコントラクトについては別記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてください。
》「ライトニングネットワーク」の解説記事はこちら
》「スマートコントラクト」の解説記事はこちら

ゼロ知識証明は暗号理論の1つで、「自分の情報が真である」ということ以外を伝えずに、その情報が確かに真であることを外部に説明する手法のことです。情報の中身を伝えずに、知っていることだけを証明する手法とも言えます。Zcashを筆頭とするいくつかの匿名通貨で採用されています。

8MBのブロックサイズは、ビットコインの8倍です。ビットコインはSegwitを導入することによってスケーラビリティ問題を解決しようとしましたが、結局のところ十分なデータ圧縮は行われず、問題は十分に解決されませんでした。一方、ビットコインから最初に分裂したビットコインキャッシュは8MBのブロックサイズを採用し、問題を大幅に解決しました。

SBTCの開発者

スーパービットコインは中国の開発者が手動して分裂させた仮想通貨であり、開発者メンバーには李笑来氏、Yunbi氏などが見られます。特にYunbi氏はかつて中国で仮想通貨取引所を経営していた有名人であり、その影響力は無視できません。

筆者が考えるSBTCの今後の将来性

現時点では将来性はあまり感じられません。確かに機能だけ見ればビットコインよりも優秀な点が多いのですが、時価総額はビットコインはもちろん、ビットコインキャッシュやビットコインゴールドなどの他の分裂組にも大きく遅れを取っている状態です。

ビットコインは2017年末~2018年初頭にかけて、大量に分裂を起こしています。分裂が起こること自体はおかしなことではないのですが、あまりにも分裂しすぎたせいで市場の信頼を失っている感は否めません。市場参加者の中には仮想通貨に詳しくない人も多く、そうした人たちが分裂の果てにできたSBTCを避けている感があります。

SBTCが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、今買いたい場合はそちらを利用しましょう。

SBTCが購入できる海外の取引所一覧

  • OKEx
  • Gate.to
  • CoinEgg
0 0

この記事の共有はここから