STRATの特徴や将来性、STRATが購入できるおすすめの取引所

STRATの今後の将来性

STRATの概要

通貨名称 STRAT
最大発行数
公開日 2016年6月
公式サイト https://stratisplatform.com/
ホワイトペーパー https://stratisplatform.com/files/Stratis_Whitepaper.pdf

STRATの特徴や目指しているもの

STRATは、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを、ブロックチェーンに馴染みのない企業でも開発できるようにするための仮想通貨です。この仮想通貨を用いたプロジェクトはStratis(ストラティス)と呼ばれており、C#言語と呼ばれる非常にメジャーな言語を用いているのが大きな特徴です。

ブロックチェーンの活用を阻むもの

将来的に幅広い分野での活用が期待されているブロックチェーンですが、一方で現状ではブロックチェーンに対して十分な知識を持つ技術者が少なく、それが活用を阻んでいます。

ただでさえ少ない技術者を多くの仮想通貨やその他の分野で奪い合う状況は決して健全とはいえません。せっかく優れた技術であっても、使われなければ意味がありません。この状況を解決するために作れられたのがStratisです。

StratisはC#言語対応

Stratisの最大の特徴は、純粋なC#言語に対応していることです。C#はデンマークのソフトウェアエンジニアのアンダース・ヘルスバーグが開発したもので、C言語やC++,Javaなどの影響を受けた、世界的にメジャーなプログラミング言語です。
メジャーなプログラミング言語でブロックチェーンを作成できるので、それだけ多くの技術者が開発に参加できます。たとえその技術者がブロックチェーンに対する知識が乏しくとも、です。多くの技術者が参加すれば自然と価値のあるブロックチェーンもたくさん生まれます。

また、Stratisでは、既存のブロックチェーン上にサイドチェーンを作成することが出来ます。サイドチェーンとは、ブロックチェーンを利用して作るブロックチェーンであり、既存のブロックチェーンを借りつつ、オリジナル性を加えられる便利な技術です。サイドチェーンを使えば、イーサリアムなどの他のプラットフォーム上のアプリと結びついたアプリを開発することも可能です。

こうして作成したサイドチェーンを利用する際にSTRATが必要となります。つまり、Stratisが広まり、多くの人がサイドチェーンを作ろうとすればするほどSTRATの価値も高まっていくわけです。

Tumblebitで高い匿名性を維持

Stratisでは、ビットコインの匿名送金サービス「Tumblebit」を採用しています。これは簡単に言えば、仮想通貨の取引に匿名性を与える仕組みです。取引に当たって、送金者はTumblerという仲介者を介して送金を行います。

Tumblerは複数の送金者から受け取った仮想通貨をよくかき混ぜ(ミキシングし)てから送金を行います。このミキシングの仕組みは仮想通貨DASHでも採用されています。

筆者が考えるSTRATの今後の将来性

STRATの将来性はかなり有望といえます。やはり、世界有数の大企業であるマイクロソフト社と提携しているというのが大きな強みです。

仮想通貨に対して否定的な意見は少なくありませんが、ブロックチェーンについて否定的な意見はそれと比べると遥かに少ないです。仮想通貨は十分普及しないが、ブロックチェーンの有用性は認めている専門家も少なくありません。

そういった意味では、ブロックチェーンを中小企業でも気軽に扱えるようになるStratis、そしてそこで使われるSTRATは非常に将来有望と言えるでしょう。開発状況の報告もかなりこまめに行われており、今のところは順調です。

STRATが日本に上場する可能性

現状、日本の取引所にSTRATが上場される見通しは立っていません。早めに買いたい場合は海外取引所の利用をおすすめします。

STRATが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから