BEAMの特徴や将来性、BEAMが購入できるおすすめの取引所

BEAMの今後の将来性とBEAMが購入できるおすすめの取引所

BEAM(ビーム)の概要

通貨名称 BEAM(ビーム)
最大発行数 2億6300万枚
公開日 2019年1月
公式サイト https://www.beam.mw/
ホワイトペーパー

BEAMの特徴や目指しているもの

BEAMは、2019年1月に公開されたばかりの、匿名性に優れた仮想通貨(匿名通貨)です。ビットコインと比べるとスケーラブルであり、アドレスを使わずに安全・確実・迅速に取引できるのが特徴です。2019年2月にはリクルートが出資したことで、話題となりました。

BEAMの仕組み

BEAMの高い匿名性を支えているのが、「MimbleWimble」という技術です。MimbleWimbleとはもともとはハリー・ポッターシリーズの原作に出てきた「舌もつれの呪文」です。舌もつれの呪文を受けると秘密を漏らさなくなるように、MimbleWimbleはあなたの個人情報をしっかりと守ります。

プライバシーとスケーラビリティの両立を目指す「MimbleWimble」

MimbleWimbleは「プライバシーの確保」と「スケーラビリティの向上」の両立を目指した技術です。どちらか1つに特化した技術はこれまでにもいろいろありましたが、両者を兼ね備えた技術は珍しく、それゆえに注目されました。

なお、スケーラビリティとは言い換えれば処理性能のことです。仮想通貨のブロックチェーンにはサイズの上限があり、これを超える取引が発生すると送金遅れや手数料の口頭が発生します。スケーラビリティを向上させる=送金遅れや手数料の高騰が起きづらくなる、と解釈してくださって概ね構いません。

アドレスも送金量も記録しない

BEAMは送金時にアドレスを必要としません。「口座番号に相当するアドレスがないのならば送金できないのでは?」と思われたかもしれませんが、ユーザーが保有するウォレット内に存在する文字列(アドレスではない)を使います。

また、BEAMは送金量も公開しません。これはビットコミットメントという理論に基づいて実現されて(Zcashも同様)います。アドレスを使わず、送金量も公開しないため、個々の取引データのサイズは小さくなります。それゆえに取引量が増えてもブロックの容量が圧迫されにくく、それゆえにスケーラビリティ問題も怒らない、というわけです。

プレマインやICOは未実施

BEAMはプレマインやICOをしない代わりに、マイナー報酬のうち45%がチームやアドバイザーへの報酬となり、それにより運営がされています。マイナー報酬は最初は1ブロックにつき80BEAMですが、2年目から5年目は40BEAM,6年目から9年目は25BEAMとなります。それ以降は、4年立つたびに半減期が訪れます。133年目で新規発行がストップします。徐々に新規発行量が減るという点ではビットコインと同じです。

BEAMの将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。すでに匿名通貨はDASHをはじめとする仮想通貨が市場の大半を締めていますし、そもそも匿名通貨自体が国家の安全を脅かすものとして規制される可能性も高いからです。違法取引やマネーロンダリングを防ぎたい国家にとって、匿名通貨はリスクが高いものであり、規制に乗り出される可能性は否定できません。通貨としては優秀なのですが、仮に投資するとしても小学にとどめておくことをおすすめします。

BEAMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BEAMが購入できる海外の取引所一覧

  • Hotbit
  • Bkex
  • QBTC
3 0

この記事の共有はここから