BEAMの今後の将来性とBEAMが購入できるおすすめの取引所

BEAMの今後の将来性とBEAMが購入できるおすすめの取引所

ATLの概要

通貨名称 BEAM
最大発行数 2億6300万枚
公開日 2019年1月
公式サイト https://www.beam.mw/
ホワイトペーパー

BEAMの特徴や目指しているもの

BEAMは、2019年1月に公開されたばかりの、匿名性に優れた仮想通貨(匿名通貨)です。ビットコインと比べるとスケーラブルであり、アドレスを使わずに安全・確実・迅速に取引できるのが特徴です。2019年2月にはリクルートが出資したことで、話題となりました。

ビットコインは匿名ではない?

「仮想通貨は匿名性が高い」というイメージをお持ちの方は少なくないかと思いますが、実は殆どの仮想通貨は(おそらくあなたが思っているよりも)匿名性が低いです。

例えば、ビットコインやライトコイン、ビットコインキャッシュなどの主要な仮想通貨のほとんどは、「アドレス」と呼ばれるものを使って送金します。アドレスは大雑把に言えば銀行の口座番号のようなものであり、これを使って取引を行います。そして、その取引は第三者に対しても公開されます。例えば、ビットコインのすべての取引履歴は、以下のサイトで確認できます。

https://chainflyer.bitflyer.jp/

通常、ビットコインアドレスは単なる文字列であり、そこから名前や住所、年齢などの個人情報を割り出すことはできません。しかし、もしビットコインアドレスと個人情報が紐付けられてしまった場合、過去に行った取引が第三者にバレてしまうということになります。仮想通貨を取引しているということは少なくとも仮想通貨取引所には登録しており、その際に個人情報を登録していることを考えると、決して安心とは言えません。

匿名の取引を考える人に人気の匿名通貨

この匿名性の低さ、言い換えれば公開性の高さはビットコイン取引の安全性確保やマネーロンダリングに代表される違法行為の防止という観点からは有用なのですが、そうは言ってももっと匿名性を保ったまま取引をしたいと言う人は少なくないはずです。匿名通貨はそうした人たちの需要に答えるべくして生まれてきたもので、取引の内容の一部もしくは大半を隠すことによって、匿名性を維持しています。

2019年5月時点では比較的処に誕生した「DASH」や「Zcash」「Monero」などの匿名通貨が人気ですが、BEAMはここに入り込む可能性を秘めた匿名通貨です。

BEAMは最新技術「MimbleWimble」で高い匿名性を確保

BEAMの高い匿名性を支えているのが、「MimbleWimble」という技術です。MimbleWimbleとはもともとはハリー・ポッターシリーズの原作に出てきた「舌もつれの呪文」です。舌もつれの呪文を受けると秘密を漏らさなくなるように、MimbleWimbleはあなたの個人情報をしっかりと守ります。

プライバシーとスケーラビリティの両立を目指すMimbleWimble

MimbleWimbleは「プライバシーの確保」と「スケーラビリティの向上」の両立を目指した技術です。どちらか1つに特化した技術はこれまでにもいろいろありましたが、両者を兼ね備えた技術は珍しく、それゆえに注目されました。

なお、スケーラビリティとは言い換えれば処理性能のことです。仮想通貨のブロックチェーンにはサイズの上限があり、これを超える取引が発生すると送金遅れや手数料の口頭が発生します。スケーラビリティを向上させる=送金遅れや手数料の高騰が起きづらくなる、と解釈してくださって概ね構いません。

MimbleWimbleはアドレスも送金量も記録しない

BEAMは送金時にアドレスを必要としません。「口座番号に相当するアドレスがないのならば送金できないのでは?」と思われたかもしれませんが、ユーザーが保有するウォレット内に存在する文字列(アドレスではない)を使います。

また、BEAMは送金量も公開しません。これはビットコミットメントという理論に基づいて実現されて(Zcashも同様)います。アドレスを使わず、送金量も公開しないため、個々の取引データのサイズは小さくなります。それゆえに取引量が増えてもブロックの容量が圧迫されにくく、それゆえにスケーラビリティ問題も怒らない、というわけです。

BEAMで採用されているさまざまな技術

MimbleWimbleが注目されるBEAMですが、細かく見てみるとそのほかにもさまざまな技術が採用されていることが明らかにされています。どのような技術が採用されているのか、主なものをピックアップしてみました。

コインジョインとカットスルー

BEAMで採用されている技術の一つに、コインジョインとカットスルーがあります。コインジョインは複数の送金記録をまとめることで、誰が誰に対して送金したのかを外部からはわからなくする技術のことです。

この仕組では、同時期に送金しようとした複数ユーザーの送金したコインを、一度プールしてよく撹拌します(電子データなので実際にかき混ぜるわけではありませんが)。そして、十分データが混ざってから、送金していきます。この仕組が正常に動作している限り、あなたが誰に対して送金したか、誰から送金を受けたかは常に秘匿されます。

カットスルーは、送金の際の中間取引を記録しない技術です。例えばAさんからBさん、BさんからCさん、CさんからDさんへと送金されたとき、BさんとCさんに関する情報はブロックチェーン上には記載されません。こうした中間取引情報をすべて削除することによって、更にスケーラビリティを向上させています。

取引の価値を担保する「Bulletproofs」

ここまで読んできて「なんかいろいろと情報を削っちゃっているみたいだけど大丈夫なの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。これを「大丈夫にする」のがBulletproofsです。Bulletproofsは前述の方法でデータを小さくし、プライバシーを保護しつつも、取引の正当性を証明するための機能です。

監査機能

BEAMには監査機能が搭載されています。BEAMは前述の通り匿名通貨です。匿名通貨は便利ですが、一方で「この取引相手は本当に信頼できるのか?」という疑問が常につきまといます。監査機能はそれを解消するためのものです。取引について外部監査を求められたときに、オプトイン機能として使用できます。必要であれば監査もできる、という点で、他の匿名通貨とは一線を画しています。

プレマイン・ICOについて

BEAMはプレマインやICOをしない代わりに、マイナー報酬のうち45%がチームやアドバイザーへの報酬となり、それにより運営がされています。マイナー報酬は最初は1ブロックにつき80BEAMですが、2年目から5年目は40BEAM,6年目から9年目は25BEAMとなります。それ以降は、4年立つたびに半減期が訪れます。133年目で新規発行がストップします。徐々に新規発行量が減るという点ではビットコインと同じです。

筆者が考えるBEAMの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。すでに匿名通貨はDASHをはじめとする仮想通貨が市場の大半を締めていますし、そもそも匿名通貨自体が国家の安全を脅かすものとして規制される可能性も高いからです。違法取引やマネーロンダリングを防ぎたい国家にとって、匿名通貨はリスクが高いものであり、規制に乗り出される可能性は否定できません。通貨としては優秀なのですが、仮に投資するとしても小学にとどめておくことをおすすめします。

BEAMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BEAMが購入できる海外の取引所一覧

  • Hotbit
  • Bkex
  • QBTC
0 0

この記事の共有はここから