DEWの今後の将来性とDEWが購入できるおすすめの取引所

DEW

DEWの概要

通貨名称 DEW(デュー)
最大発行数 2億枚
公開日 2017年12月
公式サイト https://www.dew.one/
ホワイトペーパー

DEWの特徴や目指しているもの

DEWは、ブロックチェーン上で可動する分散型取引所「DEW」で使用される仮想通貨です。この取引所では仮想通貨のみならず、株式や上場投資信託(ETF)なども取引できます。DEW上の取引は誰にも妨げられず、一方的に資金を引き出されることもありません。

中央集権型取引所のリスク

通常、金融資産を取引する際には取引所を利用します。例えば株式や債券、投資信託などの取引は(証券会社を通じて)証券取引所で行いますし、仮想通貨の取引は仮想通貨取引所で行います。

そして、現状存在する取引所のほとんどは、明確な運営者が存在する中央集権型取引所です。中央集権型取引所の仕組みは、運営者が不正もミスもしないことが明らかである場合は非常に効率の良い仕組みですが、不正やミスのリスクは常につきまといます。

中央集権型取引所のカウンターとなる分散型取引所

例えば仮想通貨取引所では、内部の人間による仮想通貨の詐取や、ミスによる不正送金のリスクが否定できませんし、実際に不正送金が行われたこともあります。

証券取引所のセキュリティは仮想通貨取引所のそれよりも遥かに優秀であり、万が一の際の投資家保護体制も充実していますが、その対策には多額の費用がかけられています。また、証券取引所では投資家が直接取引できません。こうした問題点の多い中央集権型の取引所に取って代わるかもしれないのが、分散型取引所です。

分散型取引所とは

分散型取引所とは、その名の通り分散された取引所、もう少し踏み込んで言えば明確な運営者が存在しない取引所です。すでにいくつかの分散型仮想通貨取引所が存在しています。サービスを開発する開発者は存在していますが、彼らはあくまでも開発担当であり、運営に携わるわけではありません。

分散型取引所は中央集権型取引所と違い、秘密鍵(お金を引き出すパスワードのようなもの)を運営に預ける必要がありません。そのため不正な引き出しとは無縁です。資産を仮想通貨取引所に預けることもない為透明性が高く、中間マージンも発生しません。ユーザー数が少なく、サポート設けられないなどの欠点はあるものの、それを上回る長所があることから、今注目を集めています。DEWもこの分散型取引所の1つです。

DEWの特徴

DEWは前述の通り分散型取引所の1つですが、ここでは仮想通貨のみならず株式や先物も取引できます。DEWが十分に普及すれば、従来の証券取引所は立場が脅かされるかもしれないわけです。取引はブロックチェーンの契約を自動化する仕組み(スマートコントラクト)に則っているため、非常に安全です。

筆者が考えるDEWの今後の将来性

現時点では、判断ができません。仕組み自体は面白いと思うのですが、公式サイトで公開されている情報が少なく、ホワイトペーパーなども見つからなかったためです。

DEWが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでにいくつかの分散型仮想通貨取引所が存在していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DEWが購入できる海外の取引所一覧

  • Crypto.com
  • OTCBTC
0 0

この記事の共有はここから