LYMの今後の将来性とLYMが購入できるおすすめの取引所

LYM

LYMの概要

通貨名称 LYM
最大発行数 10億枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://lympo.io/
ホワイトペーパー

LYMの特徴や目指しているもの

LYMは、フィットネスアプリケーション「Lympo」上で使用されるトークンです。Lympo でカメラを起動し、スクワットなどの運動をしている姿を撮影することで、LYMが受け取れます。受け取ったLYMは一定の金額が貯まると払い出し可能になります。

健康維持のモチベーション管理の難しさについて

健康維持のために運動や食事制限を始めたけれど、全くと言っていいほど続かなかったという経験がある方は少なくないでしょう(恥ずかしながら、かく言う私もその一人です)。健康維持のための取り組みというのは、やらなくてもすぐに困ることはない(多少乱れた生活を送ってもすぐに不健康になるわけではない)ので、どうしてもモチベーションは維持しにくいですよね。

特に日々の仕事に加えて運動まで行うというのははっきり言って面倒以外の何物でもなく、ついつい「そのうち始める」ことにし続けている方も少なくないでしょう。

Lympoはそんな「後回し」をなくしてくれる非常に有用なフィットネスアプリケーションであり、自宅でトレーニングを楽しみながらお金を貯められるものです。

Lympoの仕組み

Lympoは健康管理のためのスマートフォン向けフィットネスアプリケーションです。フィットネスクラブ、スポーツジム、更には自宅で運動した記録を事実として残していくことによって、自身の健康を効率的に維持管理します。すでにiOS版、Android版がリリースされており、日本でもダウンロードできます。

App store:https://itunes.apple.com/us/app/lympo-walk-run-earn/id1423003823
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.lympo.lymporun

Lympoをダウンロードしたら、簡単なチュートリアルが表示されるので、それに従ってスクワットをします。それで機能が使えるようになります。

スマートフォンを活用してフィットネスをサポート

Lympoではユーザーが本当にトレーニングをしたことを確かめるために、スマートフォンのカメラでユーザーの動きを確認し、運動の回数を数えるシステムを採用しています。この仕組みを使って運動の回数を数え、所定の回数をクリアすると、LYMで報酬がもらえるのです。

例えばスクワットの場合、30秒で15回こなす必要があります。これをクリアすると3LYMを受け取ることができます。トレーニングは1日6回まで(つまり報酬は1日18LYMまで)受け取ることができます。1000LYM貯まると引き出せるようになります。

フィットネスのサポートに使えるLYM

貯めたLYMはフィットネストレーナーやスポーツのコーチからのアドバイス料、ダイエットのコンサル料、さらにはLymboと提携する企業のグッズや商品との交換に使えます。もちろん仮想通貨なので、仮想通貨取引所で交換することも可能です。

LYMはイーサリアム系トークンなので、(前述のiPhone版・Android版アプリ以外にも)マイイーサウォレットやメタマスクなどでも保管できます。

Lympoの優位点

Lympoのような健康系アプリ市場には、2020年には2000億ドル規模にまで成長するものと見られています。市場自体は十分大きいのですが、一方で様々なアプリが乱立しており、どれを使うべきなのかの判断が難しい状況も続いています。Lympoは現状の課題として

  1. 取得したデータが自分のものにならず、アプリの配信終了とともにデータが無駄になる
  2. アプリ間での互換性がなく、引っ越しが難しい
  3. 様々なアクティビティに対応した汎用型アプリがない(ランニング限定、筋トレ限定などの特化型のものが多い)

の3つを上げており、これらを解決するための取り組みを進めています。

Lympoではランニングや筋トレ、ダイエットなど、幅広い運動に対応しています。ジム内でのランニングも計測できます。スポーツジムのトレーナー、コーチは自身の考えたプログラムをLympo上に公開し、その見返りとして報酬を受け取れます。

さらに、Lympo上では自身の健康データを売買することも可能です。健康な人のデータは集めづらく(健康な人は病院に来ないのでデータが集約されづらいため)、それゆえに多くの保険会社、研究機関等は情報収集に苦労しています。1個人のトレーニングの内容にも、大きな価値がつくかもしれません。

さらにLympoでは、フィットネス・健康系のスタートアップ企業のクラウドファウンディング・投資も実施可能です。LYMの保有者は、それに対して投資ができます。支援先の事業が成功すれば、投資したがくよりも多いLYMが返ってきます。

筆者が考えるLYMの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあると考えています。健康アプリ市場はこれから間違いなく伸びてくるでしょうし、Lympoにはその中でも生き残れる程度のポテンシャルはあるように見えます。現時点ですでに日本でも使えるようになっているのも評価点です。

一方で、LYMで報酬を与えることによってどの程度モチベーションが維持できるのか、という点については疑問も残ります。報酬自体が特別多いわけでもないですしね。もちろん、動機づけにはなるかと思いますが、まだ未知数な部分も多いので、将来性を過剰に評価するのは避けたほうがいいでしょう。

LYMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

LYMが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから