ペッグ通貨PAXの仕組みや主な使い道、今後の将来性を徹底調査

ペッグ通貨PAXの仕組み・使い道・将来性を徹底調査

PAXの概要

通貨名称 PAX (Paxos Standard Token)
最大発行数 不明
公開日 2018年9月
公式サイト https://www.paxos.com/
ホワイトペーパー

PAXの特徴や目指しているもの

PAX (Paxos Standard Token)は、アメリカのブロックチェーン企業、パクソス社が発行する仮想通貨です。常に1PAX=1USDの価格を維持するような仕組みが採用されており、従来の仮想通貨の欠点の1つであるボラティリティ(価格変動率)の大きさを極限まで軽減しています。

このような通貨はペッグ通貨、もしくはステーブルコインと呼ばれます。ペッグ通貨自体はたくさんありますが、PAXには他にはない多くの魅力があります。

ペッグ通貨誕生の経緯

ペッグ通貨とは、特定の通貨との交換比率が一定になるように設計された仮想通貨の総称です。例えばドルとの比率が一定になるように設計されたものはドルペッグ通貨といいます。円ペッグ通貨、ユーロペッグ通貨、更にはビットコインペッグ通貨も存在します。

ペッグ通貨といえども完全にレートが固定されるわけではありませんが、正常に動作しているペッグ通貨ならば、価格変動は上下2%程度に保持されます。

ペッグ通貨のメリットは、価格変動を抑制しつつ、仮想通貨のメリットを享受できることです。ビットコインを始めとする従来の仮想通貨は高速送金や安価な手数料と言ったメリットがある反面、ボラティリティが大きく、長期的な保有にはリスクがつきまというというデメリットを抱えていました(もちろん、それが多数の億り人を生んだのも事実ですが)。そのため日常的に大きな決済を取り扱う企業ではなかなか導入が進みませんでした。

一方、ペッグ通貨は前述の通りおもに法定通貨の交換比率が一定に保たれているため、価格変動のリスクは小さいです。法定通貨同士でもレートは変化しますが、仮想通貨のように数ヶ月で数倍になったり、逆に数分の1になったりすることはまずありません。

それでいて仮想通貨のメリットである高速送金と安価な手数料は実現できます。ペッグ通貨は法定通貨と仮想通貨のいいところどりをした通貨、と言えるかもしれません。

先行ペッグ通貨の難点

ペッグ通貨はPAX以前にも多く作られていました。例えば現状で時価総額が最も大きいTether(USDT)はその代表格であり、発行金額と同額のドルを確保することによってレートを一定に保つという仕組みになっています。

しかし、発行元のテザー者には黒い噂が多く、そのドルがきちんと確保されていないのでは?という疑惑が度々持ち上がります。もしTetherの発行金額とドルの確保額が一致しなければ、1USDT=1ドルという関係性は崩壊してしまいます。

また、そうして発行した大量のUSDTでビットコインを買い支えることによって、その価格を不当に釣り上げていたという疑惑もあります。香港の取引所であるBitfinexで大量のUSDTによる買い支えが起こっていたことから、このような疑惑が持ち上がったようです。テザー社はこれに対する満足な回答を行っているとは言えません。

同じくペッグ通貨の1つであるNubit(NBT)は2014年10月の誕生から2018年3月頃まではほぼ1NBT=1USDを維持していましたが、突如システムが破綻し、レートが大暴落しました。2019年1月3日現在は1NBT=0.04USD程度をフラフラしており、もはやドルペッグ通貨の面影はありません。ドルペッグ通貨といえども、その仕組次第ではレートが大きく変動してしまうこともあるのです。

PAXの価格安定システム

PAXはその価格を安定させるために、ニューヨーク州の規制当局から認可を得ています。発行元のパクソス社は、PAX発行額に相当するだけの準備金をFDIC(連邦預金保険公社)に認可された複数の銀行に預け入れています。仮にPAXを戻して法定通貨に戻す場合、そのPAXは消滅します。こうすることによって、常にレートが安定します。

また、発行の透明性を高めるために、監査法人と契約し、PAXとドル残高を毎月公表しています。

避難先にもなるペッグ通貨

ここからはPAXとは直接関係のある話ではなくなりますが、実はペッグ通貨というのは、それ以外の仮想通貨が暴落したときの避難先としても使われます。

例えば、2018年11月15日のビットコインキャッシュ分裂後以降、主用な仮想通貨は軒並み暴落しましたが、その際にはペッグ通貨であるUSD coinの取引高は24時間で397%、Maker DAOは238%、TrueUSDは235%も上昇しました。

ペッグ通貨は法定通貨のトレートが常に維持されるため、このように暴落時の避難先としても利用されるのです。もちろん、本来の用途である、安価で高速な送金手段としても使われますが。

筆者が考えるPAXの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあるのではないかと思っています。ペッグ通貨の中では比較的透明性が高く、システムも今のところはうまく可動しています。ただし、それでもNebitのように突然暴落する可能性は否定できません。

また、PAXはペッグ通貨ですので、投資の対象にはなりません。儲けたいならば別の仮想通貨を買いましょう。

PAXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PAXが購入できる海外の取引所一覧

  • ZB
  • Digifinex
  • OKEx
0 0

この記事の共有はここから