PAXの特徴や将来性、PAXが購入できるおすすめの取引所

PAX

PAX(PaxosStandardToken/パクソススタンダードトークン)の概要

通貨名称 PAX(PaxosStandardToken/パクソススタンダードトークン)
最大発行数
公開日 2018年9月
公式サイト https://www.paxos.com/
ホワイトペーパー

PAXの特徴や目指しているもの

PAXは、米ドルとのペッグ制を導入している仮想通貨です。アメリカのブロックチェーン企業であるパクソス社が開発・発行しています。

PAXの仕組み

PAXは価格を安定させるために、ニューヨーク州の規制当局から認可を得ています。発行元のパクソス社は、PAX発行額に相当するだけの準備金を連邦預金保険公社(FDIC)が認可した複数の銀行に預け入れ、PAXを戻して法定通貨に戻すと、そのPAXは消滅します。これにより、常にレートが安定します。

また、発行の透明性を高めるために、監査法人と契約し、PAXとドル残高を毎月公表しています。

避難先にもなるペッグ通貨

ペッグ通貨というのは、それ以外の仮想通貨が暴落したときの避難先としても使われます。例えば、2018年11月15日のビットコインキャッシュ(BCH)分裂後以降、主要な仮想通貨は軒並み暴落しましたが、その際にはペッグ通貨であるUSD coinの取引高は24時間で397%、Maker DAOは238%、TrueUSDは235%も上昇しました。

ペッグ通貨は法定通貨のトレートが常に維持されるため、このように暴落時の避難先としても利用されるのです。もちろん、本来の用途である、安価で高速な送金手段としても使われますが。

PAXの将来性

現時点では、それなりに将来性はあると思っています。ペッグ通貨の中では比較的透明性が高く、システムも今のところはうまく可動していますが、それでもNebitのように突然暴落する可能性は否定できません。

また、PAXはペッグ通貨ですので、投資の対象にはなりません。儲けたいならば別の仮想通貨を買いましょう。

PAXが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

PAXが購入できる海外の取引所一覧

  • Digifinex
  • OKEx
  • ZB
0 0

この記事の共有はここから