CSCの今後の将来性とCSCが購入できるおすすめの取引所

CSC

CSCの概要

通貨名称 CSC
最大発行数 3億3600万枚
公開日 2013年7月
公式サイト https://casinocoin.org/
ホワイトペーパー

CSCの特徴や目指しているもの

CSCは、リップル(XPR)の仕組みをベースにしたオンラインカジノのための仮想通貨です。従来の仮想通貨よりもさらに早い送金速度と、高い処理能力が特徴です。CasinoCoin Bankroll Managerというアプリケーションを通じて様々なギャンブルを提供します。

従来型オンラインカジノの仕組みと問題点

オンラインで遊べるカジノをオンラインカジノといい、プレイヤーはウェブブラウザやアプリを通じてポーカー、スロット、その他多くのゲームを実際にお金をかけて遊ぶことができます。店舗型のカジノに行けない人でもその雰囲気を味わうことができることから近年急速に利用者数を増やしており、その市場規模は5兆円程度にも登るとされています。隆盛を極めているオンラインカジノですが、現状に問題がないわけでもありません。

オンラインカジノの還元率は宝くじや競馬、競輪、パチンコなどと高めに設定されているとされていますが、本当にその還元率を実現しているのかは外部からはわかりません。運営は「うちの還元率は95%です!」と謳っていても、実際には90%だった、ということもありえるのです。

また、オンラインカジノは入金や出金に相当の時間がかかります。特に海外のオンラインカジノとお金の遣り取りをする際は、その傾向が強まります。1日以上の時間がかかることも珍しくありません。

CSCは、こうしたオンラインカジノが抱えている問題点を解決することで、新しいオンラインカジノのあり方を示すものです。

CSCのメリットと特徴

CSCは、オンラインカジノアプリ「CasinoCoin Bankroll Manager」上で使用される仮想通貨です。CasinoCoin Bankroll Managerはユーザーやゲームの開発者はもとより、規制当局への対応も念頭に設計されており、KYC機能や責任あるゲームオプションを備えています。

CasinoCoin Bankroll Managerを通じて提供されるギャンブルは、ブロックチェーンによって管理されます。そこには人の悪意が入り込む余地はありません。

充実したマネーロンダリング対策

また、CasinoCoin Bankroll Managerには資金洗浄(マネーロンダリング)を防止する機能が搭載されています。

CSCはブロックチェーン技術をはじめ、個人認証(KYC)やAMLトラッキングツールなどのオリジナルの技術も導入されているので、オンラインカジノにつきもののマネーロンダリングとは、ほぼ無縁と言っても過言ではないでしょう。

早い送金時間と高いスケーラビリティ

CSCの送金時間は、従来の銀行などを用いた送金よりもずっと短いです。例えば1ペニー以下の金額を送金する場合は、概ね5秒で送金が完了します。資金管理は今までよりもずっと合理的なものになりますし、セキュリティも担保されます。

また、CSCは高いスケーラビリティを備えているため、送金遅れなどのスケーラビリティ問題とは無縁です。

筆者が考えるCSCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。オンラインカジノとブロックチェーンを組み合わせたプラットフォーム自体は比較的よく見かけるのですが、よく見かけるがゆえに競争が厳しい一面があります。例えばAugurなどのプラットフォームが現時点では有力視されていますが、これと比べるとCasinoCoinには目立った点がないというのが正直な感想です。

CSCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

CSCが購入できる海外の取引所一覧

  • BITEXBOOK
  • Bitrue
0 0

この記事の共有はここから