GBXの特徴や将来性、GBXが購入できるおすすめの取引所

GBXの将来性や特徴、購入できる取引所まとめ

GBX(ゴーバイト)の概要

通貨名称 GBX(GoByte)
最大発行数 3180万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://www.gobyte.network/
ホワイトペーパー https://www.gobyte.network/docs/GoByte_WhitePaper.pdf

GBXの特徴や目指しているもの

GBX(ゴーバイト)は、ASIC耐性と高い匿名性を両立した、DASHをベースにした仮想通貨です。高い計算能力を持つ集積回路「ASIC」がないと実質的にマイニングで収益を得られず、寡占化が進んでいる多くの仮想通貨と違い、GBXの門戸は誰にでも開かれています。取引スピードも高速で、匿名性にも優れているなど、優秀な点が多いです。

仮想通貨のマイニングはなぜ個人には難しいのか

マイニングとは、ブロックチェーン(分散型取引台帳)に取引の内容を正確に記録し、その見返りとして新規発行される仮想通貨を得る仕組みのことです。計算能力を提供する代わりに報酬を得る仕組みということもできます。ビットコインを筆頭に、多くの仮想通貨で採用されているシステムです。

マイニングは計算競争でもあり、各ブロックの生成過程において最も速く計算をした者にのみ、新規発行される仮想通貨が与えられます。必然的に、計算能力が高いコンピュータほど、マイニングで多くの収益を得られます。

ビットコインを筆頭とする多くの仮想通貨には、運営主体が存在しません。そのかわりに世界中に散らばったコンピュータが取引の記録や承認を行うことによって、健全性が保たれています。ただで取引の記録や承認を行ってくれる人はまずいないので、見返りとして新規発行分が与えられるのです。

マイニングのシステムに参加している人をマイナーと呼びます。マイナーになるための条件は仮想通貨によって異なりますが、多くの場合特別な条件は存在せず、インターネットに接続されているコンピュータがあれば誰でもマイナーになれます。

ただ、マイナーになれることと、マイナーとして収益を挙げられることは全く別の事象です。マイニングでは計算能力の高いコンピュータほど多くの収益を得ることができます。逆に言えば、計算能力が低いコンピュータはマイニングに参加してもほとんど収益を得られないということです。それどころか、電気代で赤字になる公算が高いです。

現状、ビットコインを始めとする主要仮想通貨の多くは、マイニンググループと呼ばれる集団がマイニングを行っています。彼等は多数の計算能力の高い集積(通称ASIC)を多数保有し、それを電気代の安い国(主に中国)でフル稼働させています。

マイニングの寡占化が進むことは、多くの仮想通貨の理念である分散化に反しています。また、大手マイニンググループがマイニングから撤退した場合、ブロックチェーンの健全性が失われるリスクもあります。このような流れを受けて最近は、ASICに対する耐性を持ち、個人でも容易に保有できるGPUでも十分にマイニングが可能な仮想通貨が誕生しています。GBXもその1つです。

GBXはASIC耐性を持つ仮想通貨

GBXはASIC耐性を持ち、GPUでのマイニングを可能とするNeoScryptというアルゴリズムを採用した仮想通貨です。

ASICとは、特定の目的のために作られる集積回路です。本来は仮想通貨のマイニングに限らず、特定の目的のために作られたものはすべてASICというのですが、最近はASIC=マイニングツールという図式が出来上がりつつあります。

ASICはGPUと比べると、マイニングに特化しているため、計算競争では優位に立てます。反面、汎用性がないため開発費がかかりやすく、販売価格は高額です。メンテナンスも面倒です。必然的にASICを保有できるのは一部の資金力のあるグループに限られ、その結果マイニングの寡占化が進みました。マイニングの寡占化は、分散型技術である多くの仮想通貨と相反します。

一方、GBXはASIC耐性を持ちます。ASIC耐性とは、GPUなどと比べて優位なASICの開発が難しい、もしくは作っても利益が得られない仕組みのことです。一般的には、演算を複雑なものにすれば、ASICの優位性は失われます。

GPUは本来は三次元のコンピュータグラフィックスに必要な演算処理のためのビデオチップですが、マイニングにも使用できます。価格もASICと比べれば遥かに安価です。GPUによるマイニングが当たり前になれば、より多くの個人や小規模なグループがマイニングに参加するようになり、高度な分散化が達成されます。

高い匿名性もGBXの魅力

GBXのもう一つの魅力は、高い匿名制です。GBXはもともと、DASHという仮想通貨をベースに作られています。DASHは匿名性の高い仮想通貨(匿名通貨)の代表格であり、コインジョインという、送金されたお金を集めて、十分にかき混ぜてから受取人に渡すという仕組みを採用しています。GBXはこの仕組を受け継いでおり、トランザクションを完全に匿名化しています。

GoBytePayプロジェクト

GoByteの開発チームは現在、GoBytePayというプロジェクトを進めています。このプロジェクトは、独自のクレジットカードを用いて、GBXを使った決済を可能にするための計画です。将来はGBXで決済できるようになる日が来るかもしれません。

筆者が考えるGBXの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。確かにASIC耐性を持っているのは評価点ですが、イーサリアムやMoneroもASIC耐性があります。Moneroはおまけに匿名通貨でもあり、GBXと主要な特徴がモロに被っています。
時価総額はMoneroの方が圧倒的に高く、それをひっくり返すほどの魅力がGBXにあるかというと、とてもそうとは思えません。個人的には、現時点では様子見をおすすめします。

GBXが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、今すぐ購入したいという場合はそちらを利用するといいでしょう。

GBXが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • HitBTC
0 0

この記事の共有はここから