XTZの特徴や使い道、開発状況と今後の将来性を徹底解説

XTZの概要

通貨名称 XTZ(Tezos)
最大発行数 約7億6000万枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://tezos.com/
ホワイトペーパー

XTZの特徴や目指しているもの

XTZ(Tezos/テゾス)は、ビットコインの弱点を克服するためのプラットフォーム「Tezos」上で使用される仮想通貨です。ICOで約200億円の資金獲得に成功し、大いに話題となりました。

51%攻撃やハードフォークなど、先行組の仮想通貨を悩ませた問題への対処が考慮されているのが大きな特徴です。話題のスマートコントラクト機能も搭載されており、同じ機能を持つイーサリアムが最大のライバルと言えるでしょう。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、契約を自動化する機能です。予め契約の内容と、それを遂行するための条件を定義しておくと、その条件が満たされた時に自動で契約が履行されます。仲介業者を使わずに安心して契約ができるこの仕組みは非常に優秀であり、Teroz以外にも多くのプラットフォームに導入されています。
》スマートコントラクトについての詳細はこちら

なら他のプラットフォームを使えばいいのでは?と思われるかもしれませんが、TerozにはFormal Verification(フォーマル検証)が容易という差別化点もあります。

フォーマル検証とは、設計の仕様、及びその回路を検証することです。エラーの許されない重大な契約に向いた仕様ですが、一方でFormal Verificationに馴染みのない開発者も多く、それを使いこなせるのかという課題もあります。

権限や報酬の集中化を排除

ビットコインやイーサリアムなどの従来の仮想通貨は、一部のマイナーなど、少数の者が通貨に対して過剰な権限を持っていることが懸念されています。高度な分散化によってその価値を担保するはずだったにもかかわらず、市場の結果として少数に権限が集中してしまうことがままあるわけです。

Tezosはこうした事態が起こらないように、参加者にもネットワークの管理権限を付与しています。この仕組みのもとでは開発者でもアップグレードの提案が可能であり、中央管理者への過剰な権限集中も起こりえません。開発者の仕事に対する報酬もTezos上で支払われます。

従来、仮想通貨の開発は有志の善意や第三者の寄付に依存することが少なくありませんでしたが、Tezosはそれらの仕組みと比べると開発者のモチベーションをアップしやすいといえるでしょう。

また、Tezosは仮想通貨としては珍しく、ハードフォーク(互換性のないアップデート)の必要がありません。ビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックのような通貨は、Tezosでは誕生しません。必然的にコミュニティも分裂せず、通貨の価値を保ちやすくなります。

DPoS(Delegated Proof of Stake)で過剰な電力消費を抑制

XTZはコンセンサスアルゴリズムにDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、仮想通貨のマイニングのルールです。もう少し細かく言えば、取引の承認を行い、報酬を受け取る権利を誰に対してどのように与えるか、についてまとめたものです。

この中でも最も有名なのはPoW(Proof of Work)です。これは計算競争に勝利したコンピュータに取引の承認と報酬受取の権利を与えるシステムです。ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨で採用されており、ハッキングに強く、仮想通貨の流動性を妨げないというメリットがあります。

一方で計算競争であるがゆえに、計算能力の高いコンピュータを用意できない弱小マイナーが淘汰されやすく、結果としてマイニングの寡占を招き、51%攻撃のリスクが増大することや、消費電力が多くなりがちというデメリットもあります。

PoWの次に有名なPoS(Proof of Work)は、仮想通貨の保有量に応じて取引の承認と報酬受取の権利を与えるシステムです。通貨保有量と報酬が比例するこの仕組みは、銀行預金と利息の関係に似ています。計算競争が生まれないのでマイニングの寡占化が起こりづらく、消費電力も抑えられる一方で、通貨を保有することが有利になるため、流動性が妨げられるという欠点もあります。

DPoSはPoSの考え方を基礎にしつつ、通貨保有によって得られる権利を誰かに委任できる仕組みです。自分に知識がない、時間がないなどの理由でマイニングに参加したくないときは、他社に完全に任せられます。

開発チームで内紛が勃発

上記のようなユニークな機能で注目を集めているTezosですが、過去にはチームで内紛が発生したこともあります。創業者のBreitman夫妻が開発チームトップのJohann Gevers氏の解任を目論見たのです。

Breitman夫妻は「Gevers氏は期日を守らずミーティングにも出ず従業員への給料も支払わず、自分自身に1.5億円のボーナスを支払おうとしている」、Gevers氏は「Breitman夫妻はスイスの法律をかいくぐってプロジェクトを乗っ取ろうとしている」と互いを非難。

このトラブルによってトークンが配布されなくなったり、取引が制限されたりしたため、多くの投資家が「Tezosは詐欺」であるとして集団訴訟を起こしました。訴訟に対応するためにさらに開発が遅れたことから、2018年5月30開発チームは本格的な運営の最終段階に入ったことを報告すると同時に、集団訴訟の停止を請願しました。2018年8月に支払い請求は却下され、一応問題は集結しました。

筆者が考えるXTZの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。取り組み自体は色々と面白いのですが、やはり訴訟にまみれているというのは印象がよくありません。仮想通貨は印象に左右されやすいことも多いため常に懸念がつきまといます。それでも性能自体は優秀なので、多少の額を入れる分には構わないかと思います。

XTZが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

XTZが購入できる海外の取引所一覧

  • HitBTC
  • UEX
  • Gate.io
0 0

この記事の共有はここから