PIRの特徴や将来性、PIRが購入できるおすすめの取引所

PLRの特徴や将来性を解説

PLRの概要

通貨名称 PLR
最大発行数 8億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://pillarproject.io/
ホワイトペーパー

PLRの特徴や目指しているもの

PLRは、スイスに本社を置くTwenty Thiry AGが開発している、個人情報を安全・確実に管理するためのプラットフォーム「Pillar」上で使用されるトークンです。Pillarでは、2030年代に主流となる社会・経済の創造を目的としています。

個人にも企業にも負担の大きい「個人情報管理」

現代の文明社会を生きる上で、企業への個人情報の提供を完全に断ることは不可能といっても過言ではありません。個人情報は企業が管理しますが、国内外で日常的に個人情報の流出が報じられているように、常に安全に管理されているとは限りません。

個人情報を企業に預けるという仕組みは、個人にとって大きなリスクであると同時に、企業にとっても大きなリスクです。Pillarはこうした問題点を大きく解決する可能性を秘めた、個人が自らの個人情報を安全に管理するためのプラットフォームです。

Pillarの基本的な仕組み

Pillarは、個人情報を一元的に管理するためのプラットフォームです。ユーザーはPillar上でブロックチェーンを用いて個人情報を管理するので、企業に個人情報を預けないため安全ですし、企業側も管理にかかる手間や賠償のリスクをなくせるため、双方にとってメリットがある仕組みになっています。

Pillarは多数のサービスを受けられるプラットフォーム

Pillarは個人情報の管理だけではなく、複数のサービスが一体となったプラットフォームでもあります。現状、オンラインサービスを利用するときにはそのたびに個人情報の登録が求められますが、Pillarは1回登録するだけで多数のサービスを利用できるため、非常に効率的です。

また、企業は多くのソフトウェアシステムにPillarを埋め込むことができます。こうすることにより、現行のサービスに仮想通貨を導入でき、資産の所有をより強固にできます。

Pillar上で金銭のやりとりにはPLRトークンを使用します。Pillar上で提供されるサービスが増えれば増えるほど、あるいはPillarの利用者が増えれば増えるほど、その価値は上昇します。

筆者が考えるPLRの今後の将来性

現状ではまずまず期待できるのではないかと考えています。個人情報管理プラットフォームは一見、個人に大きなメリットをもたらすように見えますが、実はそれを管理する企業にも大きなメリットをもたらします。双方に得があるのですから、普及する可能性は十分にあります。

PLRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、今すぐに仕込みたいという場合はそちらを利用するといいでしょう。

PLRが購入できる海外の取引所一覧

  • Bancor Network
  • ForkDelta
  • HITBTC
0 0

この記事の共有はここから