BYCの特徴や将来性、BYCが購入できるおすすめの取引所

BYCの概要

通貨名称 BYC
最大発行数 3300万枚
公開日 2014年11月
公式サイト https://bytecent.com/
ホワイトペーパー

BYCの特徴や目指しているもの

BYCは、ブロックチェーンテクノロジーによって確立された、P2P報酬ネットワークです。ネットワークは取引をすべて自動で処理するように設計されており、ユーザーはパソコンとインターネット環境さえあればいつでも誰でもネットワークに接続して利益を得ることができます。

代替も可能な報酬ネットワーク

BYCは従来の報酬プログラムを代替する優れた仕組みであると言えます。世界中には何万、何億ものコンピュータが設置されていますが、BYCはそれらの内十分に活用されていないもののCPU(中央演算処理装置)を活用することによって、安全かつ代替も可能な報酬ネットワークを構築します。

スマートフォンアプリ、eコマースWEBサイト、デスクトップソフトウェア、その他多数のプラットフォームであっても、報酬ソリューションを最低限の労力だけでかんたんに統合することができます。

非常に自由度の高い変換オプション

BYCは、様々な報酬に変えることができます。例えば、仮想通貨取引所を仲介すれば、ありとあらゆる別の仮想通貨に交換することができます。それは例えばビットコインだったり、ライトコインだったり、現金だったりします。

それ以外にも、現金やギフトカードに交換することも可能です。ユーザーはどの報酬にBYCを変換するかを、他社の介入なしに完全に自分だけで自由に決めることができます。BYCを使っていないという理由でペナルティを受ける心配もないため、当分使う気がないという場合は長期間保有することも可能です。

個人情報不要で豊かな取引を実現

BYCを使うにあたって、報酬の受け取りにはBytecentウォレットとアドレスだけを使うので、住所、氏名、クレジットカード番号などの個人情報を入力する必要はありません。こうした個人情報を提供することなくプラットフォームを使えるため、プライバシーの侵害や盗難と言った、他のプラットフォームにはついてまわるリスクを、ほぼ完全に避けることができます。

積極的な情報配信に対するリターンがある

BYCは利用者により多くの報酬を稼がせるために、様々な既存のプラットフォーム上で情報配信を行っています。これらの情報を積極的にフォローすることによって、より多くの報酬が得られるようになります。

また、これらのプラットフォームを利用することによって、ユーザーが利益を獲得することも可能になります。

即時報酬の受け取りを実現

殆どのプラットフォームでは、すぐに報酬を受け取ることはできません。登録が完了するまでしばらくまったり、あるいは時間を掛けて作業を行ったりする必要があります。数時間で終了するものもあれば、数週間かかるものもあります。

一方、Bytecentの世界では、いつでもどこでもすぐに報酬を送ることが可能です。平均的なケースでは、トランザクションは60秒で完了します。この数値は主要な仮想通貨よりもずっと早く、しかも受け取った報酬はすぐに使うことができます。

筆者が考えるBYCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。機能的に特別優れているところは正直殆どありませんし、それを補うほど知名度が高かったり、マーケティングに成功したりしているわけでもありません。この銘柄に投資するならば、他の銘柄に投資したほうがイイでしょう。

BYCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BYCが購入できる海外の取引所一覧

・Bittrex

1 0

この記事の共有はここから