WAVESの特徴や将来性、WAVESが購入できるおすすめの取引所

WAVESの今後の将来性

WAVES(ウェーブス)の概要

通貨名称 WAVES
最大発行数 1億枚
公開日 2016年4月
公式サイト https://wavesplatform.com/
ホワイトペーパー https://blog.wavesplatform.com/waves-whitepaper-164dd6ca6a23

WAVESの特徴や目指しているもの

WAVES(ウェーブス)は分散型金融取引プラットフォームです。プラットフォーム上では新たなトークンを発行したり、ICOを実施したり出来ます。また、分散型取引所機能も搭載されており、ユーザーは既存の中央集権型の取引所を介することなく、安全に直接仮想通貨や法定通貨の交換を行えます。

コインチェックから580億円相当のNEMが盗まれたことからも分かる通り、中央集権型の取引所は大きな問題を少なからず抱えており、それを解決する可能性があるWAVESの将来性は見逃せません。

WAVESの2大機能は「トークン発行」と「分散型取引所」

WAVESには様々な機能が搭載されています。ICOプラットフォームやAirDrop(利息がつく機能)なども優秀ですが、さらに重要なのが、独自トークンを発行する機能と、分散型取引所の機能です。

独自トークンは誰でも発行できるオリジナル通貨

独自トークンとは大雑把に言ってしまえば、既存の仮想通貨のシステムをもとに作られた、自分だけの仮想通貨です。基本的にはビットコインなどの既存の仮想通貨と同じ特徴を兼ね備えており、ウォレットにも保存できます。価値が認められれば、取引所に上場されることすら有りえます。

例えば、日本の大手仮想通貨取引所であるZaifはZaifトークンという独自トークンを発行していますし、香港の大手取引所であるバイナンスはバイナンスコインを発行しています。ZaifトークンはZaifを運営するテックビューロ株式会社が提供するサービスなどに使え、バイナンスコインはバイナンス内での取引手数料の削減に使えます。基本的には発行元のサービスを利用する際に使うものと考えていただければ間違いありません。

独自トークンは仮想通貨取引所だけでなく、それ以外の企業、更には個人でも発行できます。個人の発行した独自トークンになんの価値があるのか、と思われるかもしれませんが、信頼できる個人が発行していれば話は別です。

例えば、普段は実店舗で商品を販売している個人商店主が独自トークンを発行し、トークン保有者には保有量に応じて割引を行ったり、トークンを使った決済はおまけを付けたりしてトークンの普及を図る、という手法が考えられます。有名ブロガーならば、トークン保有者向けの限定記事を作成して読者の囲い込みを図れます。トークンの発行事態も非常に容易であり、仮想通貨に詳しくないと使えない、というようなことはありません。

独自トークンは株式と違い、発行するにあたって面倒な手続きも必要ありませんし、保有者に議決権が渡ることもないので、発行者は比較的気軽に発行できます。一方、購入者はトークンを保有したり、使用したりすることによって、様々な優遇措置を受けられます。もちろん、規制が少ない分リスクは有るのですが、それを差し引いてもメリットは見逃せません。

2018年1月にはハンバーガーチェーンのバーガーキングロシアがWAVES上で独自トークンのWoppercoin(ワッパーコイン)を発行すると発表し、話題となりました。トークンは1ルーブル(約1.8円)支払うごとに1枚与えられ、1700枚でハンバーガー1つと交換できるようになります。

これだけ見るとただのポイントサービスにも見えますが、独自トークンはポイントよりも低コストで導入できるため、それだけでも企業にとっては旨味があります。消費者としても面倒くさいポイントカードの持ち運びがなくなるのは嬉しいことです。

分散型取引所は運営がいない取引所

分散型取引所とは、既存の仮想通貨取引所のように運営が存在しない、分散された取引所です。

既存の仮想通貨取引所では、仮想通貨の秘密鍵を管理主体に預けています。管理主体が適切に秘密鍵を管理することによって、その安全性が保たれます。逆に言えば、秘密鍵の管理に不備があったり、管理主体に悪意があったりする場合は預けている仮想通貨が流出する危険性があります。2018年1月には日本の大手仮想通貨取引所のコインチェックで時価総額580億円相当のNEM(XEM)が盗まれて話題となりました。既存の仮想通貨取引所には、このようなリスクがあるのです。

一方、分散型取引所には運営主体が存在せず、取引はすべて個人対個人(ピア・ツー・ピア)で行われます。資産の管理や取引記録などはすべて分散型取引所のブロックチェーン上に保存され、その改ざんは事実上不可能です。秘密鍵は各個人が管理することになるため、管理主体を信頼する必要がありません。

分散型取引所は運営主体がいないので運営コストも掛からず、その分取引手数料も安いことが多いです。さらに、本人確認も不要です。

現状では分散型取引所は利用者が少ないため板が薄く、またパスワードを忘れてしまうと原則として復元不可能になってしまうという重大な問題があるのですが、それを差し引いても優れた技術であることは間違いありません。将来は既存の仮想通貨取引所の存在を大きく脅かすものになるものと思われます。Android版アプリがすでにリリースされていますので、気になる方は使ってみてください。

筆者が考えるWAVESの今後の将来性

WAVESの将来性は非常に高いと見ています。トークンが容易に発行できるというのはやはり大きな魅力です。コミュニティ内通貨などの比較的小規模な運用に向いており、大きなブームとなる可能性は十分にあります。開発も順調に進んでいますが、現時点では開発中の機能も多いため、安心して太鼓判を押すことはまだ出来ません。

WAVESが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所がWAVESを上場する予兆は見られません。待ちきれないという方は、バイナンスなどの海外取引所を利用しましょう。

WAVESが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Tidex
  • Bittrex
0 1

この記事の共有はここから