SPRの特徴や半減期、今後の将来性とSPRが購入できるおすすめ取引所

SPRの特徴・半減期・将来性・おすすめ取引所

SPRの概要

通貨名称 SPR(SpreadCoin)
最大発行数 2000万枚
公開日 2014年7月
公式サイト http://www.spreadcoin.info/
ホワイトペーパー

SPRの特徴や目指しているもの

SPR(SpreadCoin/スプレッドコイン)は、ビットコインよりも高度に分散化された新しい仮想通貨です。使いやすいウォレット内に組み込まれたバニティジェネレータを活用することによって、誰でも簡単に支払いのためのアドレスを作成できます。暗号化方式には、DASHなどで導入されているX11を更に洗練したSpeadX11を採用しています。

SpreadX11とは

SpreadX11は、洗練されたプール防止メカニズムが特徴の暗号化方式です。この方式のもとでは、全てのブロックに追加情報が含まれています。偽装されたプールのマイナーがブック報酬を盗めないため、効率的に安全性が保たれます。

コンパクトなトランザクションサイズ

SPRのトランザクション(個別取引)のサイズは、ビットコインのそれと比べてコンパクトです。ビットコインのトランザクションが107~139バイトであるのに対して、SPRのそれは67バイトです。SPRではビットコインと違って全てのECDSA署名の公開鍵を保持する必要がないため、このような軽量化も可能になるのです。

報酬の減少

SPRもビットコインと同様に、時間の経過に伴いブロック報酬が減少する仕組みが組み込まれていますが、その細かい内容は異なります。ビットコインは概ね4年に1回のペースでやってくる半減期というタイミングで報酬が半減するのに対して、SPRでは時間の経過とともに円滑に減少していきます。

筆者が考えるSPRの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じません。設計上、ビットコインよりも優れている点もあるのは確かなのですが、知名度も時価総額も非常に低く、将来普及する見通しは立っていません。Twitterの公式アカウントが3年以上停止していることを考えても、将来性は乏しいと言わざるを得ないでしょう。

SPRが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

SPRが購入できる海外の取引所一覧

  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから