BTBの特徴や将来性、BTBが購入できるおすすめの取引所

BTBの将来性・特徴・使い道・取引所まとめ

BTBの概要

通貨名称 BTB
最大発行数 約50万枚
公開日 2013年5月
公式サイト https://bitbar.co/
ホワイトペーパー

BTBの特徴や目指しているもの

BTBは、2013年5月に公開された、かなり歴史のある仮想通貨です。多くの仮想通貨が日常的な決済手段として使われることを主な目的としているのに対して、BTBは価値を保管するための手段として使われることを主な目的としています。

通貨の機能の中で価値保存機能を重視するBTB

通貨には支払決済手段と価値の尺度、価値の保管という3つの役割がありますが、BTBはこのうち、価値保存機能を重視した設計になっています。それ自体で決済をすることよりも、それによって価値を保つことがメインの役割なわけです。こうした機能は通貨というよりも金の延べ棒などに近いものがあります。ただし、BTBは金の延べ棒と違い、決済手段としてもより容易に利用できます。

BTBはどのように価値を保存するか?

通貨が価値保存機能を十分に発揮するためには、通貨の量が十分にコントロールされていて、なおかつ発行量上限が少なく設定されている必要があります。

BTBは発行量上限を約50万枚と少なくすることによって希少性を確保して、価値保存機能を実現しています。時価総額が同じでも、発行枚数が10分の1になれば、単価は10倍になります。BTBはアルトコインでは初めて単価でビットコインを超えた通貨であることから、一部では有名な仮想通貨です。

BTBのコンセンサスアルゴリズムは?

BTBのコンセンサスアルゴリズムには、Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)が同時に採用されています。

PoWは計算を最も早く解いた者にマイニングの権利を与えますが、PoSは保有通貨量に応じてマイニングの権利を振り分けます。どちらも一長一短の仕組みですが、BTBは2つとも採用することによってメリットを最大限享受しようとしています(最近は同様の仕組みを採用する仮想通貨が増えてきています)。

筆者が考えるBTBの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。通貨としての性能は決して悪くありませんし、コンセプトも面白いのですが、そもそも価値を保存したいのならば価格が比較的安定しているビットコインでも問題ないように思えるからです。ビットコインの発行枚数も2100万枚と法定通貨と比べるとはるかに少なく、希少性があります。

公開からすでに5年も経過している割に上場先が少ないのも懸念点です。Twitter上での情報発信は未だに積極的に行われているため、開発がストップしたわけではないようですが……。

BTBが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

BTBが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから