UFRの特徴や将来性、UFRが購入できるおすすめの取引所

UFRの仕組み・将来性を詳しく解説!

UFRの概要

通貨名称 UFR
最大発行数 8億1500万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://www.upfiring.com/
ホワイトペーパー https://www.upfiring.com/Upfiring_Whitepaper.pdf

UFRの特徴や目指しているもの

UFRは、分散型ファイル共有アプリケーション「Upfiring」上で使用されるトークンです。Upfiringのネットワーク上で送受信されるファイルは全て暗号化され、暗号化ハッシュという識別子が与えられます。これにより、ネットワークに参加しているコンピュータ(ノード)間でのファイルの高速送受信が可能になります。

Upfiringの基本的な仕組み

Upfiringの基本的な仕組みは、おおむねこれまでのファイル共有アプリケーションとの違いはありません。ユーザー同士で互いにファイルを送受信しあいながら、自分に必要なファイルを揃えていきます。

最大の違いは、Upfiringの場合は、ファイル送信者(シーダー)が報酬を受け取れることです。シーダーは報酬を受け取るためにファイルをアップロードし、ダウンローダーはそれをダウンロードします。すると、そのダウンローダーも新たなシーダーになります。
この流れを繰り返すことによってシーダーはどんどん増えていきます。ファイル共有アプリケーションではシーダーが増えるほどダウンロードが高速になるため、この仕組みは合理的と言えます。

また、ネットワーク上で送受信されるファイルはすべて暗号化され、暗号化ハッシュと呼ばれる識別子が付与されます。この仕組みは安全性や取引速度を高める上で非常に有用であり、更に高速な送受信を実現します。

UFRはイーサリアムベースのトークンであるため、スマートコントラクトに対応しているので、信頼できない他者とも安心してファイルを交換できます。

筆者が考えるUFRの今後の将来性

現時点では、それなりには期待できるかと思います。既存のファイル共有アプリケーションよりも優れた点が多く、差別化も十分に果たされています。一方で、ファイル共有アプリケーション自体のイメージは現状では悪く、どのように改善していくかという課題もあります。

UFRが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

UFRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから