ELAの特徴や将来性、ELAが購入できるおすすめの取引所

ELAの将来性・おすすめ取引所を解説

ELA(Elastos/エラストス)の概要

通貨名称 ELA(Elastos/エラストス)
最大発行数 3300万枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.elastos.org/
ホワイトペーパー https://www.elastos.org/downloads/elastos_whitepaper_en.pdf

ELAの特徴や目指しているもの

ELAは、デジタル資産管理・販売プラットフォーム「Elastos」で流通するトークンです。開発メンバーの1人であるHougfei DA氏はNEOの創業者です。バイナンスの上場投票で1位を獲得したこともあり、注目を集めています。

ElastosとELAの仕組み

Elastosはデジタル資産の開発・識別・売買を可能にするためのプラットフォームです。アプリの開発者は、Elastos上でアプリケーションの開発が行なえます。開発されたアプリケーションはデジタル資産としてブロックチェーン上に登録されます。デジタル資産には独自のURLが与えられ、そのURLを使って、資産の価格や量などを管理します。

ユーザーはメディアプレイヤーなどの他のプラットフォームを介することなく、アプリに直接アクセスします。Elastosはデジタル資産を誰がどれだけ持っているのかをブロックチェーンを使って適切に管理・把握して、デジタル資産を実物資産と同じように自由に売買できる環境を提供します。

ELAの役割

ELAはElastos上での取引や投資、ブロックチェーン処理手数料などに使うトークンです。総発行枚数3300万枚のうち、50%(1650万枚)はエコシステム開発のために使用されます。トークンの自然な損失を補い、またインフレに追いつくために、流通するELAの量を毎年4%の比率で増やしていきます。

ELAの将来性

現状ではライバルとなるプラットフォームが多く、判断が難しいところです。著作権管理とブロックチェーンの相性は間違いなく良好ですし、サイドチェーンを採用してメインのブロックチェーンに負担をかけないようにしているのも評価点ですが、似たようなプロジェクトが複数存在しているのが難点です。

例えば、Taoはアーティストや所属事務所に帰属する著作権を管理するためのプラットフォームであり、その用途はElastosと極めて類似しています。TaoとElastosどちらが優れているかと聞かれると、これはもうなんとも言えません。今後の開発やマーケティング次第でしょう。

ELAが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場しているので、気になる方はそちらから購入してください。

ELAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから