難易度調整ってなに?価格にどうして影響するの?

難易度調整が価格に影響する理由

ビットコインの価格を決める要素の一つに難易度調整があります。難易度調整はビットコインのブロックが生成される間隔がおよそ10分になるように調整する仕組みであり、マイナー以外からはあまり関心を持たれませんが、価格に与える影響は軽視できません。

今回の記事では難易度調整の仕組み、難易度調整を行う理由、難易度調整と価格の関係性などについて解説いたします。

ビットコインの難易度調整とは

ビットコインの難易度調整とは、ビットコインのブロックチェーンのブロックが生成される間隔をおよそ10分になるように調整することです。ブロックが生成されるスピードが早すぎる場合は難易度を上げて、遅すぎる場合は難易度を下げて調整します。

ビットコインを支えるマイニングの仕組み

ビットコインの健全性はマイニングによって支えられています。マイニングとは、ビットコインの取引を承認し、取引をまとめたブロックを生成する作業のことです。このブロックが時系列順に繋がったものこそがブロックチェーンです。

》ブロックチェーンの仕組みについての解説ページはこちら

マイニングを行いたい人はたくさんいますが(成功すると報酬が受け取れるためです)、実際にマイニングを行えるのは1ブロックにつき1人だけです。報酬がインセンティブとなるため、マイナー(マイニングを行う人)がいなくなってしまう心配は現状ではありません。

マイニングの内容は仮想通貨ごとに異なりますが、ビットコインのマイニングは単なる計算の繰り返しです。もう少し踏み込んで言えば、ハッシュ関数と呼ばれる特殊な関数に通したときに最初の16桁がすべて0になる、「適切な元データ」を探す競争です。

1回や2回計算しただけで適切な元データが見つかることはほぼありませんが、世界中の高性能なコンピュータが繰り返し計算を行えばいつか見つかるはずです。適切な元データが見つかればブロックが生成され、それを初めて見つけたコンピュータに報酬が支払われます。難易度調整とは、この適切なデータが見つかる間隔をおよそ10分になるように調整する仕組みです。

ビットコインの難易度調整は2週間に1回行われます。例えば、直近2週間の生成間隔が12分になっている場合は、計算の難易度を下げて、10分で解けるように調整します。逆にブロックの生成間隔が8分になっている場合は、計算の難易度を上げて、やはり10分で解けるように調整します。

採掘難易度とハッシュレート

採掘難易度(Difficuly)は、マイニングの難しさを示す指標です。採掘難易度は2週間に1回調整されますが、長期的な観点から見れば時間が経てば経つほど上昇します。2009年末の採掘難易度は「1」でしたが、2018年4月30日時点では「約4兆」まで増加しました。当時と比べてマイナーが増え、マイニング用のコンピュータも進化したからです。

マイナーが増え、マイニング用のコンピュータも進化すれば、マイニングに掛かる時間は10分より短くなります。すると難易度調整で難易度は上昇します。それでもマイニングは儲かるということでマイナーは増え続け、コンピュータの進歩も止まらないので、更に難易度が上昇する……この繰り返しで難易度は劇的に上昇したのです。

難易度が上昇すればするほどより高性能なコンピュータでなければ太刀打ちできなくなるので、資金力があるグループに依るマイニングの寡占化が起こります。近年、ビットコインではこのマイニングの寡占化が問題となっていますが、その裏には難易度調整という仕組みがあったのです。

ハッシュレートとは、マイニング用のコンピュータの計算力を示す数値で、1秒あたりの計算回数です。単位は「hash/s」です。例えば、1秒間に100回計算できるコンピュータの場合、そのハッシュレートは100hash/sとなります。マイニング機器大手のBITMAIN社が販売している「AntminerS9」のハッシュレートは約14Thash/sです。Tはテラ、つまり10の9乗であるため、14兆hash/sとなります。

難易度を調整しなければいけない理由

取引の承認は早いに越したことはないのだから、わざわざ難易度を上げてまで時間を調整する必要はないのではと思われるかもしれません。しかし、難易度調整をしないと、ブロック生成スピードがどんどん上昇してしまいます。ブロック生成スピードが上昇するとビットコインの新規発行のペースも当初の予定より多くなってしまい、それがインフレを招いてしまう恐れがあります。ビットコインは発行ペースが予め決められており、そのペースを守るためにも難易度調整は必須なのです。

難易度調整は、なぜ価格に影響するのか

難易度調整は価格に大きな影響を与えます。基本的に、難易度と価格は逆方向に動くことが多いです(もちろん、そうならないことも少なくありません)。

採掘難易度が上昇するとマイナーが減少する

ここでは、ビットコインとビットコインキャッシュの2つだけが存在し、なおかつ後者のほうが採掘難易度が低いと仮定して考えます。

そのような環境下でビットコインの採掘難易度が大きく上昇すると、より高性能なコンピュータが用意できないマイナーはマイニング競争で勝てなくなってしまいます。そのことを察したマイナーの一部は、ビットコインのマイニングを諦め、より採掘難易度が低いビットコインキャッシュのマイニングを始めます。ハッシュレート(計算力)がビットコインキャッシュへと流れるわけですね。

ビットコインのハッシュレートが減ると、送金遅延などの不具合が出る可能性が高くなります。そのため、価格は下がる可能性が高いです。逆にハッシュレートが増えたビットコインキャッシュは、それとは逆に価格が上がります。

ただ、採掘難易度が上昇してハッシュが減ったビットコインのブロック生成時間は、10分よりも長くなるため、次の難易度調整では難易度が下げられる可能性が高いです。

逆にハッシュレートが増えたビットコインキャッシュのブロック生成時間は10分よりも短くなるため、次の難易度調整で難易度が上げられる可能性が高いです。すると今後はビットコインキャッシュからビットコインにハッシュレートが移動し、ビットコインの価格は上昇し、ビットコインキャッシュの価格は下がります。

ただし、仮想通貨市場全体が成長している場面では、ハッシュレートの絶対数が大きく増えるため、両方のハッシュレートが増えることも十分ありえます。

BTCの難易度調整の予定スケジュール

ビットコインの難易度調整スケジュールはBlockchain.infoで確認できます。

1 0

この記事の共有はここから