匿名通貨とは?ビットコインと匿名通貨の違いや問題点を詳しく解説

匿名通貨やBTCとの違いを解説

匿名通貨とは、通常の仮想通貨と比べて匿名性が高い仮想通貨です。匿名性の高さはユーザーにとってはメリットが大きい半面、マネーロンダリングや違法な品の売買などに使われる懸念もあることから、規制強化の対象になりやすい一面もあります。今回の記事では、匿名通貨の性能や仕組みなどを解説いたします。

匿名通貨とは

匿名通貨とは、ビットコインを筆頭とした通常の仮想通貨と比べて、より高い匿名性を確保した仮想通貨です。ビットコイン(BTC)やビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)などは、その取引記録はブロックチェーンに記載されており、それは世界中の誰でも自由に参照できます。どのアドレスからどのアドレスにいつ、いくら送金された(あるいはいくら送金した)かは丸わかりなのです。

アドレスには個人情報は記載されていませんが、アドレスと個人情報が結びついてしまった場合は、それまで行ったすべての送金記録が流出してしまうわけです。これはユーザーにとっては余り望ましいこととは言えません。

一方、匿名通貨は、様々な技術によって、アドレスや送金額などのデータの一部、もしくは大半を外部からは参照できない状態にしています。そのため、通常の仮想通貨と比べて特に匿名性が高いといえます。

代表的な匿名通貨

名称 時価総額 特徴
DASH(ダッシュ) 4163億円(13位) ダークセンドという手法を採用しています。これは複数の送金者の送金したDASHを一度プールして、よく混ぜてから送るというもので、誰が誰に送金したかを隠します。
Monero(モネロ) 4215億円(12位) リング署名という手法を採用しています。公開鍵を束ねて署名することによって、送金者と送金額の両方を秘匿化します。
Zcash(ジーキャッシュ) 1199億円(25位) ゼロ知識証明という手法を採用しています。第三者からは何が起きているか一切認知できず、匿名性という観点から見れば最強です。
Verge(バージ) 1316億円(23位) TorとI2Pという手法を採用しています。通信をすべて匿名にして、なおかつ複数ノードを経由することによって、誰が誰に送金したかを隠します。

匿名通貨の仕組み

匿名性通貨については上の表でも軽く説明いたしましたが、ここからはより詳しく説明します。

DASHの仕組み

DASHは一時期は仮想通貨の時価総額ランキングで6位につけたこともある、比較的古い仮想通貨です。かつてはDarkcoinという名称でしたが、2015年に現在の名前に改称されました。

DASHはダークセンドを用いて匿名性を確保しています。ダークセンドとは、複数の送金者が支払ったDASHをすべて1度プールし、十分にかき混ぜてから受取人のもとに送金する仕組みです。この仕組みのもとでは、誰が誰に向けて送金したかは外部からはわかりません。ただし、誰がいくら送金したか、誰がいくら受け取ったかはわかります。あくまでも誰と取引したかを隠すためのものですね。匿名通貨の中では比較的匿名性は低いです。

Moneroの仕組み

Moneroは、DASHよりもさらに高い匿名性を持つ匿名通貨です。Moneroを支えるのは、リング署名という技術です。リング署名は複数名の公開鍵を束ねて利用することによって、送金者を特定しづらくする仕組みのことです。送金の際には毎回変わるワンタイムアドレスが発行されるため、送金履歴を追われる心配がありません。

Zcashの仕組み

ZcashはMoneroよりもさらに高い匿名性を持つ匿名通貨です。Zcashを支えるのは、ゼロ知識証明という技術です。ゼロ知識証明とは、簡単に言えば「ある事実を知っている」ことを、「ある事実を知っていると主張すること」だけで証明する仕組みです。送金アドレス、送金履歴、送金金額のすべてを匿名化できる、現時点ではおそらく最強の匿名通貨です。

Vergeの仕組み

Vergeは2017年の1年間だけで時価総額が約1900倍になった匿名通貨です。TorとI2Pという手法をで匿名性を確保しています。Torはユーザーのプライバシーを保護するためのソフト、I2Pは通信の始点と終点を暗号化することで通信内容を秘匿するソフトです。

匿名通貨の特徴

匿名通貨の特徴はもちろん匿名性ですが、それにも優劣があります。例えば上記の匿名通貨の中でも最も匿名性が高いのはZcashで、一番低いのはDASH,残りの2つはその間ぐらいです。

匿名通貨の問題点

匿名通貨は上記の通り送金者・受取人のプライバシーを守れるという点で優秀ですが、一方で見逃せない問題点もあります。一番大きな問題点は、匿名性の高さ故に犯罪行為に使われる可能性があることです。例えばマネーロンダリングや脱税と匿名通貨の相性は非常に良好であり、各国の規制当局は匿名通貨への規制を強め始めています。

例えば、マネックスグループに買収されたコインチェックは、かつてはDASH,Monero、Zcashを取り扱っていましたが、全面的なサービス再開後はこれらの通貨の取扱を取りやめる見通しです。匿名通貨の追跡可能性の低さを重く見たゆえの措置と考えられます。日本のみならず、海外でも同様の流れは置き始めています。匿名通貨は優れた技術ではありますが、その分リスクも高いので投資にあたっては注意が必要です。

0 0

この記事の共有はここから