実績があるおすすめのプールマイニングと参加方法について

おすすめのプールマイニングと参加方法について

プールマイニングへの参加方法を解説していきたいと思います。おすすめのプールマイニングも紹介しているので、参考にしてみてください。

プールマイニングとは?

プールマイニングとは、複数のマイナー(採掘者)で協力してマイニングを行うことをいいます。マイニングをする人が溜まってる場所を、水を溜めるプールに例えてプールマイニングと呼ばれています。

マイニング作業を複数人で分ける事で他の人が採掘した分も自分に分け与えられるというのがメリットですが、全員で分けるので1人1人の報酬は少なくなるというデメリットもあります。

しかし、分け与えられる報酬は均等というわけではなく、作業の時間配分やマイニングするパソコンの性能によって変化します。自分が所有しているパソコンのマシンパワーを採掘作業に提供していると考えてください。マシンパワーが大きければ大きいほど仕事をしたとされ、それに応じて報酬が増えます。

プールマイニングのシェア率

各プールマイニングサイトが、どの程度のマイニングをしているかというハッシュレート分布情報は、全ての人が見れるように「https://blockchain.info/」にて公開されています。

シェア率
(2018年6月15日現在)

実は、この分布図の中の約8割が中国のプールマイニングです。その理由は中国の電気代が安いからです。そのため、中国ではマイニング作業が非常に盛んに行われています。

円グラフに記述されている企業がプールマイニングの全てではありません。グラフにないプールマイニングは数多く存在します。しかし、中には詐欺業者も存在するため、グラフ内の実績がある業者(サイト)を選ぶ方が安心でしょう。

プールマイニングの参加方法

プールマイニングへの参加には2パターンの方法があります。

自分のパソコンで登録する

自分が制作したマイニングパソコンを使ってマイニング作業をする方法です。参加したいプールマイニングのホームページなどで登録して、マイニングソフトをインストール。その後は、ソフトを起動してるだけで勝手にマイニングしてくれます。

特別難しい操作は必要ないので初心者でも簡単に設定出来るのは有難いですね。プールマイニングでブロックの生成が成功した時点で、仕事量に応じたマイニング報酬が貰えます。

採掘権を購入する

クラウドマイニングの事で、分かりやすくいうとマイニング業者に出資するということです。クラウドマイニングへの参加方法は別記事で紹介していますので、参考にしてください。

おすすめのプールマイニング

個人的におすすめしたいプールマイニングを2つ厳選して紹介していきます。
プールマイニングを選ぶコツとしては『どの仮想通貨をマイニングの対象にするか』という事を一番に考える事が大事です。

プールマイニングサイトによって対応している仮想通貨が違うからです。良さそうなプールマイニングがあっても、マイニングしようとしている通貨が対応していなければ参加する意味がありません。ちゃんと確認してくださいね。そういったとこも含めて見ていきましょう。

①BitClubNetwork

bitclubnetwork

2014年から運営を開始している『BitClubNetwork』。シェア率は2.4%と決して高いとは言えませんが、日本人マイナーが一番出資しています。そこには、以下のような特徴があるからと言われています。

日本語に対応している

これは非常に有難い機能ですよね。英語表記でしか対応してないプールマイニングが多い中でBitClubNetworkが日本語に対応しているのは大きなメリットになっています。
残念ながら、カスタマーサポートに対しては英語での取引ですが、BitClubNetworkの投資家コミュニティーは非常に盛んに行われているので、コミュニティ内で日本語でサポートを受ける事も可能になっています。

透明性の高さ

BitClubNetoworkで公開されている情報は多くのマイナーに有意義なものを与えてくれています。現状のプールマイニング性能の変化、今後の設備投資計画、生成する事が出来たブロック数など隠さずに公開しているので、信頼性と透明性が非常に高いです。

確実な実績

多く存在しているプールマイニングの中でも安定したシェアを確保しています。最初に書いた通り、2014年から運営している中で一度足りとも配当がストップした事がありません。そういった実績を積んでいる事が信頼に繋がっています。

アルトコインにも対応

現在は以下の4種類のアルトコインにも対応しています。

  1. イーサリアム(ETH)
  2. イーサリアムクラシック(ETC)
  3. モネロ(Monero)
  4. Zcash(ZEC)
公式サイトへ

②Antpool

Antpool

プールマイニングの中でも大きなシェアを持っている『Antpool』。
中国の半導体製造会社として運営している『Bitmain technologies Limited』が提供しています。そんなAntpoolには他のプールマイニングにはない特徴があります。

それが『Antminer』と呼ばれるマイニング専用Asicツールを開発している事です。Asicとは、特定の用途向けに開発されている集積回路の名称。このAsicマイニングツールには、勝利電力を抑えながらも高い計算能力を保持しているというメリットがあります。

こういった最新技術を使う事によってAntpoolは、大きなマイニングシェアを握る事に成功しているのです。他にも、高い実績があるため信頼性も高く多くのマイナーが利用しています。

公式サイトへ

プールマイニングの注意点

プールマイニングには『51%攻撃』と呼ばれる問題がよく取り上げられます。

数十年後に51%攻撃問題が起きるかもしれない

ブロックチェーンの仕組みで説明しましたが、トランザクションデータを全て改ざんするのは非常に難しいのです。一人のパソコンで『ブロック①』を『ブロック②』に改ざんする事自体は簡単です。

しかし、その他のパソコンによって『ブロック①』は『ブロック①』だ!という意見が51%あれば、『ブロック②』だ!という意見が49%あっても承認されるのは『ブロック①』だ!と言った方になります。
簡単に言ってしまえば、多数決みたいなものです。どれだけ一部の人が頑張って改ざんしても、過半数の支持を得なければ承認されません。だからこそ、ビットコインは強固なのです。

しかし、逆に言ってしまえば『ブロック②』だ!と言ってる方に人を流して51%にしてしまえば、改ざんが成功してしまうという事になります。
ビットコインのマイナーは現在、採掘したマイニング報酬と手数料によって収入を得ています。ビットコインの発行枚数は決められているので、約2040年には発行枚数に達すると言われています。

すると、マイナーの収入は手数料だけになってしまうのです。そのため、2040年にこの51%攻撃が起こるのではないか?と心配されています。そこで懸念されているのが、プールマイニングのシェア率なのです。

簡単に言ってしまえば、プールマイニングのシェアを51%占領してしまう事で51%攻撃は可能になります。現状では、1位のBTC.comでも28%ほどなので偽装することは出来ません。しかし、昔であればシェア率15%前後で1位だった事を考えれば、大きく成長したと感じます。

ただ、現在のビットコイン業界ではマイニングによる報酬がきちんと貰えて利益に繋がるマリットがあるため、51%攻撃は起きないでしょう。日本でも新しくプールマイニングが出来るほどなので、心配いりません。しかし、問題なのが半減期を繰り返して、マイニング報酬が激減し始める時です。

社会人で言えば、どんどん減給されていって生活もギリギリ出来るか分からないくらいにまで落とされるみたいなものですから、たまったものじゃありません。そのため、多くのマイナーがビットコインのマイニング作業から撤退を始め、残った一部のマイナーグループが51%の割合を占める可能性があるとされているのです。

実際に、2013年に『Ghash.io』というプールマイニングで、計算力が50%を超えそうになり、51%問題が顕在化した事もありました。そう考えると、いつ起こってもおかしくない事なのかも知れません。充分に注意しておきましょう。

0 0

この記事の共有はここから