ビットコインの積み立て投資とは?メリット・デメリットを徹底調査

ビットコインの積み立て投資

近年、投資のリスクを軽減する積立投資が人気です。積立投資とは定期的に少しずつ金融商品を買い増していく投資手法のことです。これまでは主に投資信託の世界で使われてきた手法ですが、最近はビットコインを始めとする仮想通貨の世界にも導入され始めています。手間がかからず、平均購入単価を下げやすいことから、初心者の間で人気を集めています。

ビットコインの積立投資とは?

ビットコインの積立投資とは、ビットコインを毎日少しずつ自動で買い増していく投資手法のことです。仮想通貨取引所が行っている自動積立サービスに毎月の購入額や銀行口座などを登録すると、あとは自動で買い増しが行われるという仕組みになっています。

例えば、毎月の購入額を3万円にすると、毎日1000円ずつビットコインを購入することになります。購入したビットコインは仮想通貨取引所のウォレットに保存され、自由に売買・移動できます。

初心者にビットコイン積立投資がおすすめできる理由

ビットコイン積立投資は誰でも利用できますが、特に初心者におすすめできるサービスです。おすすめできる最大の理由は、ドルコスト平均法が自動的に達成されることです。

ドルコスト平均法とは、購入する時間を分散させることによって、自動的に平均購入単価を下げられる手法のことです。詳しくは後述しますが、とにかく積立投資は平均購入単価を下げる効果があるのです。

積立投資のメリット・デメリット

メリット

  • ドルコスト平均法によって平均単価を下げられる
  • 少ない初期費用で始められる
  • 相場を予測したいという誘惑がなくなる
  • 投資にかかる時間を節約できる+精神的に追い込まれづらい

ドルコスト平均法によって平均単価を下げられる

ドルコスト平均法のメリットを、具体例を用いて説明します。例えば、投資開始日が1月1日で、ビットコインの価格が1BTC=100万円だとします。そして、価格が以下のように変動したとします。

1月1日 1月2日 1月3日 1月4日 1月5日 1月6日 1月7日
100万円 120万円 80万円 70万円 110万円 90万円 100万円

このように絶えず価格が変動する環境下でドルコスト平均法を実施すると、最初に一括投資した場合や毎日一定の量だけビットコインを買い増した場合と比べて、平均単価にどれくらい差が出るのかを比べてみましょう。

まず、最初に一括投資した場合。
この場合、1月1日時点での金額、つまり1BTC=100万円がそのまま平均単価になります。

次に毎日一定の量だけビットコインを買い増した場合。
仮に毎日1BTCずつ買い増したとすると、購入合計金額は『100万円+120万円+80万円+130万円+70万円+90万円+100万=690万円』となります。購入合計量は7BTCなので、平均購入単価は690万円÷7BTC≒98.6万円となります。

最後にドルコスト平均法を実施した場合。
仮に毎日100万円分ずつ買い増したとすると、購入合計量は『1BTC+0.833BTC+1.25BTC+1.428BTC+0.909BTC+1.111BTC+1BTC=7.531BTC』となります。購入合計金額は700万円なので、平均購入単価は700万円÷7.531BTC=92.9万円となります。ドルコスト平均法を実施した時が、一番平均購入単価が安くなっていることがわかります。

なぜドルコスト平均法を実施するだけで、平均購入単価を下げられるのでしょうか。理由は簡単で、この買い方は、「高い時には少しだけ買い、安い時にはたくさん買う」買い方だからです。例えば上記の例では、最も高い1月2日には0.833BTCしか買えていませんが、最も安い1月4日には1.428BTCも買えています。安いときにたくさん買えば、平均購入単価が下がるのは当然です。

ドルコスト平均法を実施していれば、暴落は怖くありません。むしろ大量に安く買い込むチャンスと言えます。

少ない初期費用で始められる

ビットコインの積立投資は、少ない費用で始められます。通常、一括投資をするとなるとある程度まとまった費用が必要になりますが、積立投資は月1000円からでも問題なく始められます。

毎月の拠出額が少なくなればそれだけ得られる利益も少なくなりますが、そのかわり大きな損失を出すこともなくなります。自身の資金の余裕やリスク許容度に応じて自由に拠出額を決められるのも、大きなメリットと言えます。

相場を予測したいという誘惑がなくなる

仮想通貨市場において、相場を予測したいという気持ちはあまりいい方向に働かないことが多いです。実際に相場を当てることは極めて困難で、偶然でも起こらなければまず当たらないからです。底値で買って天井値で売れたらそれは気持ちいいでしょうが、実際にそれができることはまずないでしょう。人間の判断にはどうしても感情が混じりますし、その環状は判断を鈍らせます。出来ないことはしようとせずに、ドルコスト平均法を用いて機械的に平均購入単価を下げたほうが、いい結果が出ることが多いです。

投資にかかる時間を節約できる

積立投資は自動的に銀行口座からお金が引き落とされて、自動的に買い付けされる仕組みであるため、投資家がしなければならないことは殆どありません。投資に時間を取られないのは、本業を別に持つ人にとっては特に大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット

  • 場合によっては一括投資よりも損することもある
  • 運用手数料が高い

場合によっては一括投資よりも損することもある

積立投資の最大のデメリットは、相場次第では一括投資以下のパフォーマンスしか叩き出せなくなることです。一括投資以下のパフォーマンスしか出せなくなる相場とは、具体的には以下のような相場を指します。

  1. 一貫して上昇する相場
  2. 一旦上昇したあと、当初の水準まで下落する相場

このような相場では、最初に一括投資をしたほうが平均購入単価を下げられます。しかし、それは単なる結果論です。実際に相場が将来どうなるかは、実際に時間が経過してみなければわかりません。相場が読めないからこそ積立投資で買う時を分散しているのであり、このようなことを考えるのがそもそも間違いです。

また、これまでのビットコイン相場を長期的な観点から見た場合、上記のような動きはしていません。全体としては右肩上がりなので②には該当しませんし、暴落も度々経験しているので①にも当てはまりません。急騰や暴落を繰り返しながら全体的には右肩上がりに成長していくという相場は、積立投資との相性がぴったりです。

②運用手数料が高い

ビットコイン積立投資にかかる手数料は、通常の取引のそれと比べて極めて高いです。たとえば、Zaifが行っているZaifコイン積立の手数料は以下のようになっています。

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

Zaifでビットコインを現物取引した時の手数料は-0.01%ですので、積立手数料はかなり高いことがわかります。

ただ、この手数料はいわば、投資を自動化するための手数料です。これを安いと見るか高いと見るかはその人次第ですが、個人的にはそれほど高いものだとは思いません。例えば毎月3万円積み立てる場合の手数料は3万円×2.0%=600円ですが、これで投資にかかる手間をなくし、ストレスも減らせるのならば安い買い物だと思います。

ビットコイン積立投資の仕組み・特徴

毎月、口座引き落としにて支払い

ビットコイン積立投資の原資は、毎月自動的に予め設定しておいた銀行口座から引き落とされます。一度口座を設定してしまえば、投資家は他に何もする必要はありません。

積み立ての金額は自由に決められる

ビットコインの積立投資では、毎月の積立金額は自由に決められます。積立金額が増えるほど取引手数料は割安になりますが、積立金額を増やすことはリスクを増加させることにも繋がるので、安易に増やすのは避けましょう。

また、積立金額はいつでも増やしたり減らしたりできます。

ビットコインの積立投資ができる取引所

現状、ビットコインの積立投資ができる仮想通貨取引所はZaifのみです。Zaifは割安な手数料が特徴の仮想通貨取引所で、近年は数少ないNEMが買える仮想通貨取引所としても注目を集めています。

基本的な仕組み

毎月9日~10日に翌月分の積立申し込み、及び積立金額を締め切ります。同月27日に設定した金額が銀行口座から引き落とされ、翌月10日~翌々月9日にかけて毎月自動的に買い付けが行われます。翌月以降の積立額やその配分を変更したい場合は、その月の9~10日までに変更する必要があります。支払手段は銀行引き落としのみで、クレジットカード払いは出来ません。

積立金額

最低額は1000円で、以降1000円単位で最大100万円までの設定が可能です。

手数料

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

取扱通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • モナコイン
  • NEM

例えば毎月4000円ずつ拠出する場合、ビットコインに4000円投資することも出来ますし、すべての通貨に1000円ずつ投資することも出来ます。

まとめ

ビットコイン積立はリスクを極力減らしながらビットコインを買い増していける、初心者向けの投資手法です。いきなり一括購入するのが怖いという方は、まずは積立投資から始めてみてはいかがでしょうか。

0 0

この記事の共有はここから