スマートコントラクトとは?対応通貨の一覧と活用事例

スマートコントラクトの対応通過と活用事例を解説

スマートコントラクトは、仮想通貨の時価総額ランキングで長年ビットコインに次ぐ2位の座を維持しているイーサリアムを筆頭に、多くのプラットフォームに搭載されている機能です。契約を自動化するという極めて利便性の高い機能であり、その将来性の高さが注目されています。

今回の記事ではスマートコントラクトとはどのような機能なのか、それを活用するとどのようなことができるのかなどについて、まとめてお話させていただきます。

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは、直訳すれば「賢い契約」です。より具体的に言えば、自動的に契約を実行する仕組みのことです。

イーサリアムを筆頭とするスマートコントラクトが搭載されたプラットフォームでは、ブロックチェーンに取引履歴とは別に契約の定義と、それが成立する条件を記載できます。その条件が満たされたときに、定義に従って自動的に契約が実行されます。

スマートコントラクトの仕組み

例えばスマートコントラクトが搭載されていないビットコインの場合はブロックチェーン上に「AさんがBさんに10BTC送金した」という取引履歴のみが記載されます。

ビットコインのスマートコントラクトを図解で説明

一方、イーサリアムの場合は「AさんがBさんに10ETH送ったら、BさんはAさんに商品を渡す」と言ったような契約の内容も記載されます。

イーサムリアのスマートコントラクトを図解で説明

実際にAさんがBさんに10ETHを送ったら、Bさんは自動的にAさんに対して商品を渡すのです。

この仕組みのおかげで、Aさんは「お金を払ったのにBさんが商品を送ってくれない」可能性を心配する必要はなくなりますし、Bさんは「商品を送ったのにAさんがお金を払ってくれない」可能性を心配する必要はなくなります。

これまで、安心して他者と高額な契約をするためには、第三者の介入が必要でした。

例えば住宅を取引する場合は、不動産会社の仲介が必須でした。不動産会社に契約の内容がどちらか一方に有利すぎないかを確認し、お互いが裏切れない状況を作り出してもらうことによって、安心して取引を行っていたわけです。

スマートコントラクトを使えば、第三者の介入は不要になります。

第三者の介入が不要になれば、その人に対して支払う手数料も発生しませんし、人を挟むことによってかかる時間や手間も節約できます。スマートコントラクトは不動産会社にかかわらず、多くの仲介業者や流通業者などの仕事を根刮ぎなくしてしまう可能性すら秘めている、非常に優秀かつ革新的なな技術と言えるでしょう。

ブロックチェーン上に記載された情報は、それを記載した本人も含めたすべての人が参照でき、なおかつ誰にも改ざんできないので、契約相手が勝手に改ざんする心配はありませんし、もちろん自分でも改ざんできません。契約の条件はより細かくすることも可能なので、複雑な契約も安心して行えます。

簡単に言えば、自動販売機のことです。自動販売機は「お金を入れてボタンを押す」という条件が満たされると、押したボタンに応じた商品が出てきます。

スマートコントラクトは自販機と同じ

自動販売機はスマートコントラクトを初めて実現した機械であると言えます。

スマートコントラクトを使えば、電子的な自動販売機を誰でも作れます。上記の条件に「商品が不良品だったら全額返金」「5本以上同時に買ったら1本おまけでサービス」といった条件をつけることも可能です。

例えばアーティストは自身の楽曲を電子的な自動販売機で売れば、その売上の殆どを自分のものに出来ます。これまではCDの売上の殆どはレコード会社やCDショップなどに取られており、アーティスト自身の取り分は1%程度でしたが(参考:http://www.3on3live.biz/hint/cd.htm)、スマートコントラクトを使えばそのようなことはなくなります。

スマートコントラクトを備えた仮想通貨の一覧

通貨名 時価総額
イーサリアム(ETH) 6兆8776億円(2位)
ネオ(NEO) 5366億円(10位)
ネム(NEM) 3804億円(14位)
リスク(LISK) 1400億円(22位)

スマートコントラクトを搭載しているプラットフォームは多数ありますが、主要な(現時点で時価総額が高い)ものを抜き出すと上記のようになります。

イーサリアムは長年仮想通貨の時価総額ランキングで2位を維持し続けているプラットフォームです。2017年2月に結成されたイーサリアムを活用するためのコミュニティ「イーサリアム企業連合」には、マイクロソフト社やJPモルガン、トヨタ自動車や三菱東京UFJ銀行なども加入しており、大企業のイーサリアムに対する期待値の高さが伺えます。

イーサリアム以外で最も有名なのはおそらくネオでしょう。ネオは「中国版イーサリアム」とも呼ばれており、使えるプログラミング言語の多さが最大の特徴です。イーサリアムの場合はSolidityという決してメジャーではない言語が必須となりますが、NEOはJavaやPythonなどが使えます。

ネムはコインチェックから流出して有名になりましたが、本来は優秀なプラットフォームであり、セキュリティが優秀な上、30~40ドル程度の安価なコンピュータでもノードとして使えます。他のプラットフォームではあまり見られない、POI(Proof Of Impotance)というアルゴリズムを採用しているのも特徴で、使えば使うほどお得になります。

リスクはJavaScriptを使用しているため間口が広く、サイドチェーンを搭載することによって処理性能を向上させています。

具体的にどういったことに活用できるのか

ここからは、スマートコントラクトの実際の活用事例や、将来の活用可能性についてお話いたします。

難民支援

2017年、国連世界食糧計画(WEP)が、ヨルダン国内のシリア難民を対象に、イーサリアムのスマートコントラクトを用いて食料を支援する実証実験を行いました。

実証実験では、虹彩認証によって難民認定を行い、そのデータをイーサリアム上に記録しました。この仕組みにより、難民は食糧の配布拠点に行くだけで、食糧を受け取ることができました。「食糧をまだもらっておらず、かつ食糧の配布拠点に来た」という条件を満たした人にのみ、食糧が配布されたわけです。一度食糧をもらった人がもう一度配布拠点に来ても、食糧を受け取ることは出来ません。

WEPは今回の実証実験を元により効率的で公平な難民支援の体制を確立し、2030年までに世界中のありとあらゆる食糧難を解決することを目指します。現状、難民の多くはスマートフォンを持っておらず、そのような人たちに物資を滞りなく支給するのは簡単ではありませんが、将来的にはこのような問題がなくなることを期待したいですね。

医療(Bowhead Health)

Bowhead Healthは、医療分野とブロックチェーンを結びつけることによって、医療をより効率的で安全かつ安心なものにするためのプロジェクトです。

現在、医療分野に対する社会の要望は多様化してきています。これまでは病気を治療することが医療分野の主な役割でしたが、これからは病気の予防や治療が難しい病気の症状緩和、医療だけでなく福祉を巻き込んだ取り組みが求められることでしょう。一方で治療ももちろん重要な役割であり、患者のニーズはさらに多様化していくものと思われます。

Bowhead Healthはこうした多様化する患者のニーズに合わせた医療を提供するためのプロジェクトであり、ブロックチェーンとスマートコントラクトを最大限活用して、より患者の満足度を高めます。

Bowhead Healthによって開発されたデバイスは、インターネットに常時接続され、患者および医療従事者は、どこでもその患者の健康データを参照できます。健康データに変化がある時には必要に応じて医師の診察を受けさせたり、投薬ペースを変更したりできます。「健康データに変化が生じた」という条件を満たした場合のみ、診察や投薬ペースの変更が行われるわけです。

医療分野に関するデータはセキュリティも重要であり、Bowhead Healthは情報の開示の有無をユーザが選択できるようにすることによって対処しています。現時点ではモバイルアプリの開発が行われており、患者はこのアプリを通じて健康状態の確認、投薬スケジュールの設定などを行います。

音楽配信(Ujo music)

Ujo musicは、イーサリアムを活用した新しい音楽配信サービスです。ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いて音楽の著作権をより効率的に管理するとともに、アーティストの取り分を大きく増やします。「音楽代金に相当する金額のイーサ(イーサリアム内で使われる仮想通貨)を支払う」という条件を満たした場合のみ、ユーザは音楽をダウンロードできます。

この仕組のもとでは、アーティストの取り分を大きく増やすことが可能です。間にレコード会社や事務所、小売業者などが介在しなくなるためです。

保険契約事務の簡素化

東京海上日動火災保険とNTTデータは2017年4月に保険証券業務へのブロックチェーン技術適用に関する実証実験を行い、業務の効率化に成功したことを発表しました。

今回実証実験の対象となったのは、外交貨物海上保険です。この保険は国際貿易時に日本と外国、もしくは外国と外国で取引される貨物が、火災や爆発、沈没、転覆などで損害を受けた際の保証をする保険です。国をまたいで証券を取引するこの保険は、取引の手間や紛失等のリスクが大きかったことから、紙の書類を使うデメリットが大きいことから、実証実験の対象となったようです。

実証実験ではブロックチェーンを用いてスマートコントラクトを実現したことにより、従来の業務が大幅に減少。信用状の手入力に掛かる時間は約6分の1に、買い手の申し込みにかかる時間が7分の1に削減され、顧客満足度も上昇するなど、大きな効果を得ました。

銀行業務の業務簡素化

りそなグループのりそな銀行は、株式会社デジタルガレージ、弁護士ドットコム株式会社とともに、2018年2月より、銀行業務簡素化のスマートコントラクトシステムの実証実験を行っています。

銀行業務システムには、顧客の個人情報を守る高いセキュリティ性と、いつでも滞りなく稼働する安定性が求められます。今回の実証実験ではまずは個人向けローン業務をスマートコントラクトによって大幅に簡素化し、安価な手数料と素早い手続きの実現を目指します。

ゲーム(イーサエモン)

イーサエモンは、イーサリアムネットワーク上に構築された、ポケモンのようなゲームです。

遊び心地こそポケモンに似ていますが、管理者が存在せず、スマートコントラクトに記述された内容のみを淡々と処理していくのが大きな特徴です。管理者が存在しないので、管理者の都合で勝手にゲームの内容が書き換えられることはありませんし、多数のマシンのもとで可動しているため、サーバダウンのリスクも極めて小さいです。

捕まえたモンスターは育てたり、戦わせたり、他のユーザとイーサを通じて売買できます。イーサは仮想通貨取引所で他の仮想通貨や法定通貨に換金できるので、ゲームで稼ぐ事が可能になります。イーサエモン以外にもスマートコントラクトを用いたゲームが多数開発される見通しです。

1 0

この記事の共有はここから