ZRCの特徴や将来性、ZRCが購入できるおすすめの取引所

ZRC

ZRCの概要

通貨名称 ZRC
最大発行数 約500万枚
公開日 2016年12月
公式サイト https://zrcoin.io/
ホワイトペーパー

ZRCの特徴や目指しているもの

ZRCは、効率的に生成することができて、鉱業利用も可能な人工ジルコニウムを作成するためのプロジェクトで使われる仮想通貨です。人口ジルコニウムとブロックチェーンを組みあわせることにより、よりクリーンな自然環境を作り出すことに貢献することを目的としています。

ZrCoinの用途

ZrCoinは、産業資材の生産に投資するために開発されたブロックチェーンに基づくコインです。生産と導入、更にはコインの買い戻しまでのサイクルが確立されており、その全てに透明性が与えられています。

まず、人工ジルコニウムの製造業者は1ヶ月に付き最低40万ドル分にZrCoinを購入します。投資家が希望すれば、コミットした資金はいつでも返済できます。

集められた資金は、人工ジルコニウムを生産するための施設や、設備の購入に使います。これらは純度が高い人工ジルコニウムを生産する上で欠かせない機材であり、生産ラインが安定すれば、ZrCoinの価格上昇に寄与するものと考えられます。

ZrCoinを購入した投資家は、いつでも生産現場を見学する権利を持ちます。

ジルコニウムとは

ジルコニウムは、原子番号40番の元素です。チタン族元素の1つであり、主にオーストラリア、南アフリカ共和国、中国などで生産されています。

数ある金属元素の中でも熱中性子の吸収率が特に低いという特性があるため、ジルコニウムを含む合金が原子炉用の燃料棒の被膜材料やチャンネルボックスなどに利用されます。

この他には、セラミックス素材として白色顔料などに使われている他、圧電素子やコンデンサー、ガラス、差し歯や歯のブリッジ、セラミックの刃物など、あるいは陽極酸化によって発色する特性を活かして宝飾品としての用途も知られています。

ジルコニウムの需要

近年、ジルコニウムの需要は増加しています。中でもニ酸化ジルコニウムは、高い耐久性が要求される製品にはかかせない素材として、工業の現場で重宝されています。特に冶金やセラミックス、ガラスなどの分野では幅広く使われており、今後も底堅い需要があるものと考えられています。

クリーンテクノロジーの活用

ZrCoinのプロジェクトの目的は、地球環境問題の解決策となるような技術(クリーンテクノロジー)の開発に貢献することです。再生可能エネルギーやスマートグリッド、浄水技術などの開発に対して資金力を与えることによって、持続可能な環境づくりに貢献する仕組みを作ります。

筆者が考えるZRCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。人工ジルコニウム自体の需要は増加が予想されていますが、それとこのプロジェクトが成功するかどうかはまた別問題です。現時点ではZrCoinの知名度と時価総額はともに低く、それゆえにあまり期待できないと考えています。

ZRCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ZRCが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから