ZPTの今後の将来性とZPTが購入できるおすすめの取引所

ZPT

ZPTの概要

通貨名称 ZPT
最大発行数 10億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.zeepin.io/
ホワイトペーパー https://www.zeepin.io/whitepaper.pdf

ZPTの特徴や目指しているもの

ZPTはクリエイターのためのエコシステム「ZEEPIN」上で使われるNEOベースの仮想通貨です。ZEEPINは分散クリエイティブエコノミーであり、著作権や資金調達といったクリエイターについて回る悩みを効率的に解決します。

急成長するクリエイター産業が抱える問題点

現在、世界でクリエイター産業は急速に発展しています。ここで言うクリエイター産業とは芸術、映画、ゲーム、あるいは服飾デザインなどの、知的財産権(著作権や工業所有権など)に関するお仕事のことです。

産業が成長している事自体は悪いことではありませんが、その成長率は業界アナリストの期待を下回っています。産業のリーディング企業の成長は本来持っている能力より遅く、著作権や資金調達といった問題を抱える中小企業や個人の発展も制限されているためです。大いなる能力を持ちながら、生活ができるほどのお金を稼げていない個人も少なくありません。

ZEEPINはクリエイターにまつわるさまざまな問題を解決し、公平かつ効率的なクリエイティブ産業の発展を目指すためのエコシステムです。ZEEPIN上では多くの分散型アプリケーション(DApps)が提供され、さまざまな問題を解決できます。

ZEEPINの仕組み

ZEEPIN上では、著作権問題の解決やプロジェクトのスムーズな進捗、人材募集など、さまざまな目的に充てるためのDAppsが数多く提供されます。ここではその一部を紹介します。

ZeeCrew

高速かつ低コストな人材募集DAppsです。今まで人材募集には多額のお金と長い時間を掛けるのが当たり前でしたが、ZeeCrewなら時間とお金の両方を効率的に節約できます。もちろん、機能は優秀です。

ZeeRights

ブロックチェーンベースの著作権ソリューションです。著作物と著作権を密接に結びつけることによって、著作権者の権利を保護します。

ZeeSure Asset Insurance

デジタル資産の保険、法律相談のための機能です。

筆者が考えるZPTの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性があると考えています。

ZPTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ZPTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから