匿名通貨ZOIとは?ZOIの特徴や今後の将来性と購入する上での注意点

ZOIの特徴・将来性・購入する上での注意点まとめ

ZOIの概要

通貨名称 ZOI(Zoin)
最大発行数 2100万枚
公開日 2016年11月
公式サイト https://zoinofficial.io/
ホワイトペーパー

ZOIの特徴や目指しているもの

ZOIは2016年に公開された、高い匿名性が魅力の仮想通貨です。Zerocooinプロトコルという仕組みによって、ユーザーのプライバシーを強力に保護します。

CPU以外ではマイニングができないため、マイニングの寡占化が起こりづらいのも大きな特徴です。Segwitやアトミックスワップなどの最新機能も搭載されており、他の匿名通貨と比べると全体的なスペックは高いです。その割は時価総額が安いため、将来の価格上昇も期待できます。

匿名通貨って何?

匿名通貨とは、仮想通貨の中でも、特に匿名性が高いものの総称です。代表的な匿名通貨はDASH・Monero・Zcash・Vergeなどで、ZOIもこの仲間です。これらの匿名通貨はそれぞれ異なる方法で、取引の一部、もしくは全部を匿名化しています。

例えばDASHはコインジョインという技術によって、送金経路を匿名化します。この仕組のもとでは「あなたのアドレスが誰にお金を払ったか」「あなたのアドレスが誰からお金を受け取ったか」を外部から把握することはできません。ただし「あなたのアドレスがいくら払ったか」「あなたのアドレスがいくら受け取ったか」はわかります。

一方、Zcashはゼロ知識証明という技術によって、送金経路、送金量、アドレスをすべて匿名化します。外部からは全く何も見えないわけです。

こうした匿名通貨は、ビットコインなどの非匿名通貨と比べて、他者の目を気にすることなく取引ができるという点で優れています。

Zerocoinプロトコルで高い匿名性を実現

ZOIの高い匿名性を支えているのが、Zerocoinプロトコルです。Zerocoinプロトコルは、送金の際に「Zoin Zerocoins」という匿名コインをブリッジ通貨として使用する仕組みです。全体的な流れは以下のとおりです。

  1. 送金者がZOIのプラットフォーム上で送金手続きを行う
  2. 送金者が支払ったZOIが等価のZoin Zerocoinsに交換される
  3. Zoin Zerocoinsが受取人のもとに届く
  4. Zoin Zerocoinが等価のZOIに交換される

送金の最中に別の通貨を挟むという点では、リップル(XRP)に似ていると言えます。これらの作業はプラットフォーム上で自動的に行われるため、普段ユーザーがZoin Zerocoinsについて意識することはありません。

非中央集権を支える投票システム

ZOIはビットコインなどと同じく、管理者が存在しない非中央集権通貨です。非中央集権通貨は、新しい機能を搭載するかしないかなどといった意思決定を行うのが難しいという欠点がありますが、ZOIは投票システムによって解決を図っています。

ZOIには公式ウォレットが存在し、公式ウォレットには投票機能があります。ZOIの運営に関する意思決定は投票を通じて行われ、コインを保有するコミュニティ全体が投票権保有者となります。

CPUでしかマイニングできない

ZOIは仮想通貨としては非常に珍しく、CPU以外の機器でのマイニングができません。マイニングとは、ブロックチェーン(世界中のコンピュータに保存された分散型取引台帳)に取引履歴を記録し、その見返りとして報酬を得る仕組みのことです。

ZOIはコンセンサスアルゴリズム(記帳者を決めるルール)にPoW(Proof of Work)を採用しています。PoWはある計算を最も早く解いたコンピュータに対して報酬が与えられるというルールで、ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨で採用されています。

基本的には優れた点が多いPoWですが、一方で

  • 高額なコンピュータでないとマイニングができない
  • 消費電力量が大きい

といった欠点もあります。現状、ビットコインなどの主要な仮想通貨はASICと呼ばれる高額なコンピュータでないとマイニングにまともに参加できず、それがマイニングの寡占化を招いています。

マイニングに使用される機器には

  • ASIC(マイニング専用機材。高性能だが高額)
  • GPU(画像描写を行う半導体チップ。ASICより安価だがCPUより高額)
  • CPU(汎用的な計算処理を行う半導体チップ。GPUよりも更に低額)

などがあります。ZOIはこのうちASICとGPUを締め出し、CPUでのマイニングのみを認めています。安価なCPUでのマイニングのみを認めることによって、マイニングに参加する人数を増やし、より高度な分散化を達成するという狙いがあります。

マスターノードの設置について

仮想通貨のネットワークを支えるコンピュータをノードといい、その中でも特殊な役割を果たすものをマスターノードといいます。ZOIのマスターノードはZOINODEと呼ばれ、取引機能の補助という役割が与えられ、その見返りとして報酬が受け取れます。

なお、ZOINODEを設置する際には2万5000ZOIを用意する必要があります。2018年7月4日時点でのレートが1ZO≒18円なので、マスターノードの設置には2万5000×18=45万円かかることになります。

Segwit とアトミックスワップ

Segwitとアトミックスワップは、どちらもZOIに搭載されている特殊な機能です。

Segwitは、ブロックチェーンのブロックに格納される個別取引のデータサイズを圧縮する技術です。1つ1つの取引のデータサイズが圧縮されるぶん、1つのブロックに入れられる取引数が多くなります。また、取引をごまかすトランザクション展性に対する対抗策にもなります。

アトミックスワップは、取引所を介さずに仮想通貨を直接交換する仕組みです。今までよりも遥かに安全な取引を可能にする優れた仕組みですが、搭載のハードルは高いです。

両者を採用している匿名通貨は少なく、この点でZOIは他の匿名通貨よりも優位であると言えます。

筆者が考えるZOIの今後の将来性

将来性はそれなりにあると考えています。匿名通貨の中ではかなり高性能で、高度な分散化を図る仕組みも出来上がっているからです。

ただ、匿名通貨は違法取引などに使われる可能性があることから、今後国家により強力に規制される恐れもあります(これはZOIだけに限った話ではなく、匿名通貨全般に言えることですが……)。ZOIに投資する場合は、こうした規制に関するニュースに対してもアンテナを張っておくことをおすすめします。

ZOIが日本に上場する可能性

現状では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

ZOIが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • CoinExchange
0 0

この記事の共有はここから