ZOIの特徴や将来性、ZOIが購入できるおすすめの取引所

ZOIの特徴・将来性・購入する上での注意点まとめ

ZOIの概要

通貨名称 ZOI
最大発行数 2100万枚
公開日 2016年11月
公式サイト https://zoinofficial.io/
ホワイトペーパー

ZOIの特徴や目指しているもの

ZOIは、Zerocooinプロトコルという独自の仕組みによって、ユーザーのプライバシーを強力に保護する、高い匿名性が魅力の仮想通貨です。CPU以外ではマイニングができないため、マイニングの寡占化が起こりづらいのも大きな特徴です。

Zerocoinプロトコルで高い匿名性を実現

ZOIの高い匿名性を支えているのが、Zerocoinプロトコルです。Zerocoinプロトコルは、送金の際に「Zoin Zerocoins」という匿名コインをブリッジ通貨として使用する仕組みです。送金の最中に別の通貨を挟むという点では、リップル(XRP)に似ていると言えます。

非中央集権制度を支える投票システム

ZOIはビットコインなどと同じく、管理者が存在しない非中央集権通貨です。非中央集権通貨は、全体の意思決定が難しいという欠点がありますが、ZOIはこの点を投票システムを導入することで解決を図っています。

ZOIには公式ウォレットが存在し、公式ウォレットには投票機能があります。ZOIの運営に関する意思決定は投票を通じて行われ、コインを保有するコミュニティ全体が投票権保有者となります。

CPUでしかマイニングできない

ZOIは仮想通貨としては非常に珍しく、CPU以外の機器でのマイニングができません。
ZOIはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しています。PoWはある計算を最も早く解いたコンピュータに対して報酬が与えられるというルールで、ビットコインを筆頭に多くの仮想通貨で採用されています。

基本的には優れたコンセンサスアルゴリズムであるPoWですが、一方で高性能なコンピュータでないとマイニングできないことや、マイニングに費やす電力消費が大きいといったデメリットがあります。また、高い計算能力を求められることから高価な機材が必要になり、結果としてマイニングの寡占化が進むことも問題です。

ZOIは安価なCPUでのマイニングのみを認めることで、マイニングに参加する人数を増やすことで、より高度な分散化を達成するという狙いがあります。

筆者が考えるZOIの今後の将来性

将来性はそれなりにあると考えています。匿名通貨の中ではかなり高性能で、高度な分散化を図る仕組みもできあがっているからです。

ただ、ZOIに限らず匿名通貨全般に言えることですが、国家による法規制の対象となる可能性が大きく、現在のような自由度がこの先も保てるかは微妙な部分があります。
ZOIに投資する場合は、こうした規制に関するニュースに対してもアンテナを張っておくことをおすすめします。

ZOIが日本に上場する可能性

現状では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所に上場しているので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

ZOIが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから