持っているだけでお得!?ZEITの特徴や使い道と今後の将来性

ZEITの特徴・使い道・将来性を解説

ZEITの概要

通貨名称 ZEIT(Zeitcoin)
最大発行数 990億枚
公開日 2014年2月
公式サイト https://www.zeit-coin.net/
ホワイトペーパー

ZEITの特徴や目指しているもの

ZEIT(Zeitcoin/ツァイトコイン)は、2014年2月に取引を開始した仮想通貨です。高いセキュリティと高速送金、匿名性を兼ね備えた仮想通貨であり、銀行などの金融機関を介さない決済を実現します。ウォレットをダウンロードし、その中にZEITを保管するだけで最大年利25%の利子がつくため、持っているだけでもお得なコインです。

ZEIT誕生から現在に至るまで

ZEITは2014年2月に誕生した仮想通貨です。開発チームは誕生から間もない2014年3月15日に開催されたZ-DAYというイベントに参加し、コインを無料配布しました。

ほぼ同時期にクリプトラッシュという比較的マイナーな取引所での取引が開始したほか、10の言語(日本語は含まず)に情報を翻訳して広める取り組みも始まりました。世界各地のユーザーは様々な言語でZEITに関する有益な情報を交換し、コインを保有、使用することの意義について話し合いました。今でも比較的コミュニティが強い草コインとしての立場を維持しています。

開発チームは仮想通貨の普及とともに、環境保護に対しても熱心な取り組みをしています。仮想通貨をベースにした投資計画を通じて至言への投資を呼び込もうとしている他、ZEIT自信もより少ない電力量で安全性や高速送金が実現できるように工夫しています。

ZEITの基本的な機能

ZEITはいつでもどこでも自由に引き出し、支払う事ができる仮想通貨です。支払いに必要なのは個々人が保有するアドレスのみであり、金融機関は必要ありません。金融機関を介さないので支払いは非常に高速かつ安全、おまけに匿名性も高いです。ビットコインのように、マイニングを通じて報酬を得ることも出来ます。

ブロックチェーンの各ブロックのサイズは1MBで、ブロック作成からさらに4回ブロックが作成されると承認されます。公式ウォレットからバックアップを取ったり、残高情報を調べたり出来ます。

利子発生システム

ZEITは保有するだけで利子を受け取れる仮想通貨です。利率は時間を置けば置くほど増えますし、またマイニングした量が多ければ多いほど増えます。

利率は当初は25%でスタートし、次の年には20%、さらに次の年は15%……と減っていき、最終的には0.0005%で安定します。利率が25%というのは最近の銀行預金とは比べ物にならないくらい優秀な数値であり、それだけで保有するメリットとなります。

ただし、利子を受け取るためには、専用のウォレットにZEITを保管する必要があります。仮想通貨取引所などで補完した場合は受け取れません。

仮想通貨取引所への保管は安全性という観点から見てもおすすめできないので、なるべく専用ウォレットをダウンロードし、そこに保管したほうが良いでしょう。ウォレットは公式サイト(URL:https://coinnext.net/archives/2684)からダウンロードできます。

筆者が考えるZEITの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。通貨としての性能は悪くはありませんが特別ずば抜けているというわけではなく、わざわざZEITを使う必要性が感じられません。利率が高いのは良いですが、価格が上がらなければそれも意味がなくなってしまいます。

ZEITが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらから購入してください。

ZEITが購入できる海外の取引所一覧

  • Coinexchange
  • SouthXchange
  • YoBit
0 0

この記事の共有はここから