ZCLの今後の将来性とZCLが購入できるおすすめの取引所

ZCL

ZCLの概要

通貨名称 ZCL
最大発行数 2100万枚
公開日
公式サイト https://ZCL.org/
ホワイトペーパー https://ZCL.org/pdfs/whitepaper.pdf

ZCLの特徴や目指しているもの

ZClassic(ZCL)は、匿名通貨として知られるZcashからハードフォークして生まれた仮想通貨です。主な機能はZcashと同様ですが、マイニング報酬分配やスロースタートの有無といった点が異なっています。

ハードフォーク元のZcashってどんな仮想通貨?

Zcashは匿名通貨の1つです。ビットコインやライトコインなどの仮想通貨と比べて、より匿名性を保ったまま取引できるのが大きな特徴です。

Zcashの匿名性を支えているのが内容を伝えることなく、ある命題が事実であると証明する技術(ゼロ知識証明)という技術です。Zcashはゼロ知識証明を搭載することで、アドレスや取引通貨量を公開しない取引を実現しています。匿名通貨の中でも、匿名性の高さはトップクラスと言えるでしょう。

ZcashとZCLの違い

上記の通り非常に高い匿名性を持つZcashですが、匿名性に優れる反面、報酬の分配方法が不公平であるという指摘がたびたびされていました。その指摘に答えて誕生したのがZCLです。ZCLはZcashと比べて、公平性の高い分配方法が採用されているのが最大の特徴です。

開発者へのマイニング報酬分配について

Zcashでは、マイニング報酬の20%がマイナーから天引きされ、開発者に回されていました。開発者はそれを資金に開発を行っていましたが、この仕組みは開発者に過剰に資金が回る仕組みとして以前から批判されていました。一方、ZCLには同様の仕組みはなく、マイニング報酬は完全にマイナーのものになります。それ故にマイナーのモチベーションが高く維持されやすく、その結果マイニング盛んになって安全性が保たれます。

スロースタートの廃止について

Zcashには、ジェネシスブロック(1番最初のブロック)のマイニング報酬を0として、その後は徐々に報酬を増やしていき、ブロック数が一定の数値に達したら報酬が固定される「スロースタート」という機能があります。その後、半減期が来たら報酬が減ります。

Zcashは一度増えてから減るという仕組みになっています。これは公開初期にコードにエラーがあった場合の被害を最小限に抑えるためのものですが、マイナーから見るとは嬉しいものではありません。ハードフォークしたZlassicは最初からマイナーを逃すことがないように、スロースタートを廃止しています。

ただ、現在はZcashのスタート期間も終わっており、差別化点ではなくなっています。

筆者が考えるZCLの今後の将来性

現時点では、期待していません。まず、そもそも匿名通貨が規制対象となりやすく、ZCLならではのメリットというのもほとんど存在しません。ZCLでなくてもよい状況を改善しない限りは、普及は望めないでしょう。

ZCLが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ZCLが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから